時間があればコンサル生の商品を見ています。(第365回2015年2月22日)

こんにちは、エスノです。

最初にお知らせです。

個別コンサルティングの募集は、
予定を繰り上げて、本日いっぱいで
締め切らせていただきます。

■個別コンサルティング詳細

http://

※こちらはメルマガでのみ募集しました。

だいたい月一回募集していますが、
諸事情があって、来月は募集するかどうか
現時点ではちょっと未定です。

ご希望の方は詳細をしっかりご確認くださいませ。

さて、本日コンサル受講生の
最近出品した商品のページを見ていたら、
なかなか面白い現象に出くわしました。

スカイプや対面のときだけではなく、
ちょっとした時間を使って、受講生の
出品商品の動向をチェックするのですが、
今日目に留まったのは、つい先日出品した
かなり高額の商品でした。

出品から数日しか経過していないのに、
出品したものの中で人気順が少し上がっていたので、
ちょっと気になって詳しく確認してみたわけです。

すると、なんと10万円以上の商品なのに、
もうすでに問い合わせが入っているではありませんか!

問い合わせの日付を確認すると、なんと出品日の当日!

これはもしや売れたのか!?と
ウキウキしながら内容を確認すると…。

お客さん

「本当にこの価格ですか?正規品なんですか?」

コンサル生

「すいません、価格設定を間違えていました…^^;」

ということでズッコケてしまいました笑

(実際はこんな文面じゃないですよ、念のため)

ただ、この現象からは、
とても重要なことが分かります。

それは、

「お客さんは価格をすごく気にしている」

ということです。

出品したその日に問い合わせが来るのですから、
よほどその商品が欲しいことには違いありません。

それも、出来るだけお得に欲しているわけです。

以前からお伝えしているように、

「最安値でないと絶対に売れない」

というわけではないのです。

実際に、別のコンサル生には、
数日前に、500円だけ価格が高いライバルから、
自分の商品と同じ商品が売れてしまった
という悔しい現象が起こっています。

ただ、これが500円ならそういうことも起こります。

私は感覚的に、販売価格の5%程度の差であれば、
お客さんからすれば同じくらいの価格と判断して、
今度は価格以外の部分での検討をすることもあると思っています。

ですが、許される差はせいぜいその程度です。

最安値から数%の範疇に収まっていなければ、
お客さんには絶対に検討の土俵に上げてもらえません。

つまり、話の行き着く先は、
常々主張しているように、

「買い付けの力が一番重要」

ということです。

最安値の出品者と同じくらいの価格帯で、
利益を取れる価格を設定できる買い付けが
どれだけ出来るのかというのが、
何よりも重要だということを改めて意識してほしいと思います。

ここから逃げても、
ただ時間を奪われるだけで、
残念ながらどんな成果にも結びつきません。

逆に、効率よく継続的に成果を出したいなら、
そこから逃げなければいいだけということですね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから