有益な知識を使いこなせないのはなぜか。(第344回2015年1月7日)

こんにちは、エスノです。

一昨日大阪で、
今月から個別コンサルを申し込んでくださったOさんと
最初の対面コンサルを実施してきました。

1歳のお子さんを連れてきてくださったのですが、
ずっとすやすや大人しく寝ていて、
お母さんであるOさん的にはよかったと思うのですが、
私的にはちょっと遊んでもらいたかったなと残念でした笑

さて、コンサル当日の夜の日報で、
早速一緒にリサーチした経験が役に立ち、
在庫切れと思われた商品の、
別の買い付け先を見つけることができ、
しかも当初予定していたより利益が取れた
と嬉しいご報告をいただきました。

改めて買い付け先を探したときに、
重要なポイントだったのが、

「決済画面まで行くことで、
表示価格から現地消費税が抜かれる」

という現象だったそうです。

主にヨーロッパのショップでは、
表示価格には現地消費税(VAT)が
含まれていることが多いです。

商品をカートに入れて配送先を日本と選択すると、
そこではじめてその消費税分が抜かれて、
実際に支払う商品代金が表示価格の約17%OFFの
金額になることがあります。

(ヨーロッパ諸国は商品代金の約20%分の消費税が掛かるからですね。)

そこまで確認しないと、
実はライバルに勝てる価格で出品できるのに
そのチャンスを見逃してしまうというわけです。

実際、最終的に買い付けたショップは
過去に見たことがあったにも関わらず、
最後まで価格を確認しなかったために
選択肢から漏れてしまっていたとのことでした。

今回の話では、

「決済画面まで行くことで、
表示価格から現地消費税が抜かれる」

ということももちろん重要です。

価格を最後まで確認する習慣がなかった方は、
ぜひ今後は初めて見るショップの場合、
ちゃんとチェックしてほしいと思います。

ただ、そのこと以上に重要なのが、

「人によって意識が弱くなるポイントは違う」

ということです。

Oさんは、知識として、
「現地消費税が抜かれるショップがある」
ということは知っていたのです。

知っていたのですが、
いざ買い付け先を探すときにはその知識を活かせず
目的のショップを選択肢から外してしまいました。

これは要するに、買い付け先を探すときに

“ちょっとした先入観”

が働いてしまい、本質を見誤ってしまったことが原因です。

「現地消費税が抜かれるショップがある」という知識が、
“そんなにしょっちゅう出くわさないのでは?”
という無意識のフィルターによって、
上手く活用できなくなっていたということです。

人気商品や買い付け先を探すときに起こりやすい、
似たような現象は他にもたくさんあります。

海外ショッパーの出品商品はリサーチしなかったり、
あるいは、shopstyleを利用するのを省略してみたり、
“ちょっとした先入観”が原因で、省くべきではない手順を
省いてしまっている方はけっこういます。

自分の作業を振り返ってみて、
なにか漏れている手順、考えうる選択肢で
抜けてしまっているものはないかというのを
改めて常に確認してほしいと思います。

そのベースとなる知識をインプットするために、
ブログを読み返していただいてもいいですし、
予備校に参加している方は、そちらもぜひ参考にしてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから