根拠を集めて未来を読まないと安定した成果は出せない。(第343回2015年1月4日)

こんにちは、エスノです。

今日明日で大阪に来ております。

明日は、今回個別コンサルに
申し込んでくださった方との初対面です。

これまでの活動内容をおおよそ伺って、
かなりお役に立てそうな感じなので楽しみです^^

さて、先日お伝えした、
出品初日にほしいもの登録数が3つ付いた商品が
ようやく今日(1月4日)売れました。

■参考画像

favorite4

※ほしいもの登録の1つは自分です。

初受注が出品から5日後なので、
だいたい、ほしいもの登録数の増え方の
感触通りの売れ行きという印象です。

そうかと思えば昨日出品した商品が、
ほしいもの登録どころか、在庫確認の
お問い合わせなど一切ない状態で売れました。

当たり前ですが、
ほしいもの登録がつきさえすれば
必ず売れるというわけではありません。

ただ、ほしいもの登録が多いということは、
間違いなく、それが少ない商品よりも
売れる可能性は高いわけです。

なぜならそれは、お客さんの
「欲しい」という意志が現れたものだからです。

同じようにアクセス数というのは、
「お客さんの目にちゃんと留まったか」
ということを表しています。

出品した後も、可能な限り
アクセス数やほしいもの登録数の推移を見守り、
またそれをライバルと比較することで、
なぜその商品が売れたのか、あるいは
売れないのかということが推測できます。

効率よく狙いすまして利益を出すには、

「どれだけ根拠を持って売ることが出来るか」

ということが重要になってきます。

これが結局安定した成果につながっていくので、
今まであまり意識していなかった場合は、
ぜひ日々メモでもしながら、数値の推移を
見守ってみてください。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから