グーグル先生も見抜けないこと。(第88回2014年1月14日)

こんにちは、エスノです。

今年に入ってからすでに
レポートを2つ書いていますが、
それぞれへのご意見ご感想があれば、
ぜひメールを送ってください。

ほかにもこんなテーマで書いて欲しい
というのがあればぜひぜひ。

現時点では、先日のスカイプで
お話した方のこともあって、
まだバイヤー未経験の方向けの
初心者用コンテンツでも作ろうかな
と思ったりしていますが、
ニーズとしてはどんなもんでしょうか。

さて今日は、ちょっとテンションが
上がることがありました。

私は基本的に
他の人のメルマガを読んでいません。

2年前くらい前は
かなりの数を読んでいましたが、
今は本当に数えるほどです。

逆に言えば、その数えるほどの
メルマガについては、配信を
かなり楽しみにしています。

結局私のメールボックスで
生き残ったメルマガというのは、
ただ単純に「面白くてタメになる」
ものだというだけの話なのです。

ただそれを満足に出来ているメルマガが
果たしてどれだけあるのかということは
ご自身のメールボックスに来ている、
メールのタイトルをちょっと眺めても、
すぐに理解していただけるのではないでしょうか。

ほとんどはどう取り繕っても
宣伝と販促とセールスを目的とする
いわゆる「秒速で億稼ぐ」的な、
要するにスパムの範囲を超えないものばかり。

仮にそうでなかったとしても、
今度は「面白さ」が基準を満たしていない。

「面白さ」とは、
「読者のステージに合った」興味深い話
をもってはじめて生まれるものです。

ただ単純に、
笑い転げるような面白さだけでよければ、
毎週アメトーークでも観てるほうが
確実性も高く効率も良いと言えるでしょう。

別にアメトーークじゃなくても構いませんが。

とにかく、本当の意味で
「面白くてタメになる」というものは
本当に数が限られているわけです。

それは、おそらくですが、
そもそもその方向を目指す人が少ない
という以上に、「書くことが出来ない」
というのが大きな原因としてあります。

読者のステージに合った興味深い話
を「書くことが出来ない」のは、
要するに、発信者の力不足です。

結局、やや乱暴にまとめれば、
今メルマガを書いている人のほとんどは
十分な実力がないのにもかかわらず、
なにか意味ありげな言葉の垂れ流しを
しているという実に残念な状況です。

なんか話が逸れましたが、
こういうのは全うじゃないので、
気持ち悪くて嫌ですね。

で、今日は
私が読む数少ないメルマガのひとつで、
セミナー開催のお知らせがありました。

昨年も1月から5月くらいまで掛けて
開催されたセミナーの続編なのですが、
とても満足度が高かったので、今年も
募集の案内を心待ちにしていたというわけです。

結局、ある程度のレベルで
即物的な欲求が満たされてくると、
もはや知的な欲求を満たすものだけが
一番の楽しみになってきます。

いや、「知的欲求を満たす」だと

「いやーいいこと聴いた!満足!」

みたいな無意味さMAXな感じが出てしまいますね。

当然ですが、これは意味がないです。

そうではなくて、

・自分を進化させてくれる素材になるもの
・自分の研鑽に役立つ道具となるもの

を手に入れられるという表現の方が近いです。

そういうものが手に入るワクワク感は
何物にも代えがたいものがあります。

手近なところで例えるなら、
「好きな著者の新作が発売される」
に近い感じの興奮でしょうか。

セミナーの金額が金額なので、
高くてもせいぜい数千円の書籍とは
一概には比較しづらいですが^^;

まあ結局「だからどうした」
という感じを払拭できないのですが、
もし誰のセミナーかピンと来て、
「自分も参加するぞ」という方は
ぜひご連絡ください^^

前置きがちょっと長くなりましたが、
一応BUYMAの話もします笑

買い付け先を探す必須ツール
といえば、みなさんご存じの
「shopstyle」です。

shopstyleを知ってるかどうかで、
買い付け先を探す効率が大きく変わります。

もしご存じない方は、
必ずブログの最初の方を参照し
活用するように心掛けてくださいね。

しかし、一見万能に見える
「shopstyle」も、実は
完璧なものではありません。

当たり前ですが、
世界中のオンラインショップの
すべてをカバーできているわけではないのです。

そのため、少し機転の利くバイヤーは
shopstyleに載っていないショップ
を探すためにグーグル先生を活用します。

ですが、ここで落とし穴に落ちないように
気を付けなければいけないことがあります。

それは「偽ブランド品」を販売する
オンラインショップの存在です。

世界中には、我々が想像するより
はるかに多くの偽ブランドショップが存在しています。

一般に、偽ブランドと言えば、
なんとなく中華圏が怪しい気がしますが、
欧米にも本当にたくさん存在しています。

残念ながら、いかにグーグル先生でも
偽物を販売しているかどうかについては
判断してくれません。

こういったショップで買い付けると
アカウント停止のリスクはもちろん、
お金だけ払って品物は送られない
なんていうことも十分ありえます。

このような偽ブランドショップの特徴は
以下のようなものです。

・販売価格が安すぎる

・ネットショップのデザインがお粗末

・連絡先がGMAILなどのフリーメール

他にもありますが、ちょっとでも怪しい
と感じたら、絶対に手を出さないように
気をつけてくださいね。

もし迷ったら私に相談してください。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

バイヤー初心者が注意すべきこと。(第87回2013年1月13日)

こんにちは、エスノです。

昨日は、
先日読者さんとお会いしたときに
改めて私が気付いたことをお伝えしました。

やはり「買い付け」の力を
いかに身に付けていくのかが、
多くのバイヤーさんの悩みを
解決するのに重要なポイントです。

このあたりについては、
また後日詳しく書いていこうと思います。

さて、今日はもう一人の
直接お話した読者さんの話です。

この方は北海道在住のため
スカイプでのやり取りでしたが、
バイヤー登録のみで、初出品も
まだしていないという状況でした。

そこで、まずは初出品の注意点を
お伝えしました。

特に最近、またBUYMA事務局の
バイヤー管理が厳しくなっていて
アカウント停止されている方が増えています。

アカウント停止になるのは
BUYMAの規約に反するようなことを
した(と疑われた)とき以外にも

・初出品時の審査

でなってしまうことも多いです。

初出品時の商品ページを見て、
偽物を販売してしまうのではないか、
ちゃんとお客さん対応が出来ない
のではないかと事務局に判断されると
その時点でバイヤー資格を剥奪されるわけです。

ご存知かもしれませんが、
一度アカウント停止になってしまうと、
再びアカウントを手に入れるのは
基本的には不可能です。

自分以外の方(友人など)に、
作成してもらって、しかも
IPアドレスを変更したりして
なんとか出来るという感じです。

要するに、自分自身の
個人情報を使って再作成することは
不可能ということですね。

したがって、初出品時には
アカウント停止にならないように
細心の注意を払う必要があるわけです。

とは言え、基本的には、
いかにもBUYMAで扱われそうな
高級ファッションブランドを
ちょっと高めの価格設定で出品すれば
まず問題ないと思われます。

商品説明は詳しく書くのが
ちょっとしたポイントでしょうか。

最近だと、とりあえずの評価稼ぎに、
低価格のノンブランドアイテムや
iPhoneケースなどを販売される方も
けっこう多いようですが、これは
ちょっと気をつけたほうがいいです。

もちろん、各ブランドの
公式アイテムであればいいのですが、
そうではないのに、ロゴだけ
ブランドのものを利用している、
BUYMAの規約に反するものがけっこうあるからです。

こういうところは
意外と盲点だったりするので、
ぜひ気を付けてください。

ただ、BUYMAとしては、
将来有力なバイヤーになりそうな
新規の登録者は歓迎しています。

そこを外さないような
出品をすれば何も問題はありません。

ブログでも、最初の方で
以前触れたテーマですので
一度読み返していただくとよいと思います。

あとは、初心者の方に
強く強くお伝えしたいのは、
バイヤーとしての作業に慣れるために、
ある程度「数をこなす」ことを絶対に
嫌がらないで欲しいということです。

結局、最初は慣れないことだらけで、
効率も何もあったものではありません。

そこを乗り越えられるバイヤーだけが、
BUYMAという美味しい市場で稼げるようになります。

何も身に付いていないところから
秒速で1億稼ぐ方法なんてものは、
残念のながらこの世に存在しません。

バイヤーとしての経験を
ちゃんと積んでいきましょう。

説教くさいですが、本当に大事なことです。

ではではー!

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

読者さんとお会いしました^^(第86回2013年1月12日)

こんにちは、エスノです。

昨日は、バイヤーの売上を支える
クレジットカードについての
レポートをお届けしました。

※こちらのレポートは、メルマガをご購読いただくと
閲覧することが可能です^^

TOPからぜひご購読くださいね!

買い付けに使うことを踏まえて
私のオススメをまとめましたので、
ぜひ一度ご覧くださいね^^

さて、一昨日、そして今日と、
読者さんと直接お話しする
機会を設けてみました。

一昨日はカフェで直接お会いし、
今日はスカイプを通して
実施したのですが、やはり
「生の声」というのはとても参考になります。

一昨日お会いした方は、
BUYMAをはじめて3ヶ月くらいで、
すでに少し実績は出ているが、
もう一歩突き抜けたいという
ステージの方でした。

しかし細かく状況をうかがうと、
実はすでに突き抜けるために
必要なことは、ご自身で気付いて
ちゃんと出来ていました笑

実際に、年明け以降、
利幅もそれなりにある案件を、
継続的に受注できていたため、
基本的に私がお伝えしたのは
「このまま続ければ大丈夫」
ということだけです^^;

ただ、話を聞く中で、
この方が一番苦しめられたのは、
やはり、

「利益の取れるアイテムが見つけられない」

ということでした。

人気商品は見つけられるものの、
いざ買い付け先を探して出品価格を
計算してみると、ライバルとほぼ
同じくらいか、もしくは高い値段でしか、
出品することが出来ない、という状況です。

なんとかライバルバイヤーより
安い価格で出品できたとしても、
1件あたり1,000~2000円程度の
利益しか取れないとなると、
さすがにだんだんモチベーションが落ちてきます。

実際に、ここを突破できず、
挫折してきたバイヤーさんを
私はこれまでたくさん見てきました。

この「薄利で売る段階」というのは
ほとんどのバイヤーが経験することです。

やはり最初は、利益よりも
バイヤー評価を積むことが重要なので、
バイヤー活動に慣れる意味でも、
「販売数」を追う段階があるのは、
まったく間違っていません。

しかし、ある程度評価も集まり、
バイヤー活動にも慣れた時点で
そのフェーズから、なんとか
脱出しようと試行錯誤できるかどうか。

これが、売れるバイヤーと
伸び悩むバイヤーの大きな分かれ道です。

多くの場合、このフェーズを
脱出できない原因になるのは、
「買い付けする力」の不足にあります。

把握している買い付け先の数が少ない。

買い付け先の特徴が分かっていない。

これは、実は
バイヤー活動に慣れる段階で、
出来るだけ多くの買い付け先に触れ、
また、そのそれぞれに対して、
最初だけでも細かくチェックすれば、
自然とクリア出来ることだったりします。

しかし、多くの方は、
ここで「楽」をしようとします。

数箇所の買い付け先しか知らず
そこだけでずっと戦い続けようとするわけです。

当たり前ですが、
それではいつか行き詰ります。

もし、上の状況と
同じような状況にあるという方は、
ぜひもっと多くの買い付け先に
目を向けるということを意識してみてください。

長くなりましたので、
本日お話した方から得たものは
また次回書いていきますね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから