バイヤー評価が下がりすぎてしまったら。 (第69回2013年12月25日)

こんにちは、エスノです。

今日は今年最後の大量の発送に追われ、
なんだかんだこんな時間になりました。

なんとなくひと仕事終わった感じがします。

大量の発送と言っても、
昨日6個、今日8個くらいなのですが、
それでも省エネを身上とする私からすると
とても面倒でしんどい作業です^^;

ただ、これだけたくさん発送すると
特に今月は同じ商品が40個近く売れたので、
さすがに作業も手早く出来るようになりました笑

何事も試行錯誤すると、
効率的に出来るようになるものですね。

発送作業で思い出したのですが、
BUYMAには「梱包の丁寧さ」という
バイヤーの評価項目があります。

実は、私は以前この項目が、
極端に低くなってしまった時期があります。

具体的に言えば、3以下になってしまいました。

その原因は、
梱包が丁寧ではなかったというわけではなく、
トラブルがあり到着がとても遅くなった案件で、
お客さんにすべての項目を当てつけのように低くつけられ、
しかもそれが数件続いてしまったことでした。

もちろんこちらにも悪い部分はあるのですが、
「梱包の丁寧さ」については無関係だったため、
間違いなく「不当」と言える評価です。

しかし、やはりお客さんが一度持ってしまった
「悪い印象」というのはなかなか覆せません。

いくらこちらが説明をしても、
お客さんがその時点で聞く耳を持っていなければ、
そういう評価をされても仕方がないわけです。

さすがに、「梱包の丁寧さ」が3を切ったときは、
他の項目が4.5以上あっただけに、逆に目立ってしまい、
少し受注のペースが落ちたような気がしました。

そこで私はその対策として、
あることをしたのですが、
さてここでクエスチョンです^^

私は、「梱包の丁寧さ」が低くなったとき、
その対策としてどんなことをしたでしょうか?

ぜひ一度考えてみてくださいね!

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから