武井壮とベストセラーの本の話。(第295回2014年10月24日)

こんにちは、エスノです。

コンサル期間が終わっても、
毎日チャットワークで報告をしてくれる、
Kさんという方がいます。

私からの返信があろうとなかろうと(笑)、
日々の成果や活動内容、あるいは、
これからどんなことをやっていこうかなど、
本当にちょっとしたことであっても、
ずっと書き続けてくれています。

Kさんの今月の現時点での成果は、
売上約160万円、利益約27万円で、
月利30万円の大台が見えてきています。

ちなみにKさんは本業があるので、
日中は普通に働いているのですが、
すべてご自身で作業してこの実績です。

成約回数が29回と控えめなのが、
そういう環境でも対応しきれている要因の一つでしょう。

もっとも途中でいろいろトラブルが起きて、
ちょっとバタバタして疲れていたようですが^^;

9月に月利20万円にギリギリ届かず、
悔しい思いをしていたのを知っているだけに、
セールのないこの時期にこの成果が出ているのは、
私としても嬉しいことこの上ないです。

さて、
こういうちょっと派手な報告をメルマガで書くのは、
実は少しためらいもあったりします。

というのも、今まさにKさんと同じように
BUYMAに一生懸命取り組んでいるのに、
満足いく成果を出せていない方がいるのも、
十分承知しているからです。

そういう方は、現在私のコンサルを
受けてくださっている方にもいらっしゃいます。

そういう方からすれば、

「なんで自分は上手く出来ないんだろう…」

というマイナスの感情を煽ることになりかねず、
それを私は懸念しているわけです。

それでもあえてこういう話をするのは、
やはりこういう事例を、多くの方の
励みにしてほしいからです。

私もそうですが、Kさんも、
ブランドやファッションに
最初から物凄く詳しかったわけではありませんし、
Kさんも最初から順風満帆だったわけではなく、
今年1月に始めた時から試行錯誤を続けたことで、
こういう結果があるわけです。

先日タレントの武井壮さんが、
ツイッターでこんなことを言っていました。

「百獣の王」として、
イロモノ扱いでメディアに登場した彼ですが、
元を正せば陸上十種競技の日本チャンピオンであったり、
プロの野球選手やゴルファーの個人トレーナーを勤めたり、
昨年40歳時点で100mを11秒15で走ったりするような、
アスリートとして傑出した才能の持ち主です。

その彼いわく、

======================================

データは大事だけど、自分以外の人間100人のデータを参考にするより
自分自身のデータを毎日取る方が大事。。

自分のデータ、自分の傾向が分からなきゃ
他人のデータなんてなんの役にも立たねえからな。。

だって自分と同じ環境で育った人間は他にいねえし
同じ筋力、体格、思考の人間はいねえんだから。

======================================

このコメントは、
いろんな角度から眺めることが出来ますが、
そのひとつとして

「他者との比較ではなく、自分自身の日々の変化を把握すること」

の重要性を示唆していると思います。

私のメルマガでもたまに書くことですが、
まさに十人十色という言葉の通りで、
すべての人はその前提条件がみな異なります。

BUYMAで言うならば、始めた時点での
ファッションやブランド、あるいは、
パソコンやインターネットの知識やスキルが違います。

そして始めたあともどんな環境で実践するのか、
あるいはどんなことが起きて、そのたびに
どんな選択をして、そしてそこから、
どんなことを吸収できるのかというのは、
誰一人として同じようにはなりません。

なぜならそれは受け取る側の人が、
誰一人として同じ人生を生きてきていないからです。

そんな前提がある以上、
他人と自分の「今」を単純に比較することに
なにひとつ意味はありません。

ただ、その「今」に辿り着くまでに、
どんな場所からスタートして、
どんな過程を歩んできたかということは、
多くの方の参考になり、励みにもなると思います。

もちろん、それは人によって
心理的に難しいことだということも理解しているので、
ためらいつつ紹介しているのですが。

最近ベストセラーになった、
『嫌われる勇気』という本があります。

この本のベースになっているのが、
フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、
アルフレッド・アドラーの思想です。

(日本ではアドラー心理学という名前で呼ばれます。)

この本の中で、人生を変えるために必要なことは、
他者との比較から生じる劣等感に苛まれることではなく、
自分の「いま、ここ」をしっかり見つめて「理想の自分」に向かい
ひたすら前に進むことだという一節があります。

今回の話も、稼げる人と自分を比較して
必要以上に自分を貶めたりするのではなく、
その姿を「理想の自分」の参考にしていただいて、
ひたすら今自分がすべきことに注力して欲しい、
そういう気持ちで取り上げた次第です。

そういう道のりが平坦ではなく、
人によって仕事や家事が忙しいために、
なかなか思うようにやることが出来ない
という現実があることも十分理解しています。

さらに言えば、
こんなお坊さんみたいな説教はいいから、
もっとBUYMAに直結した情報を出せ!
という声があることも重々承知しています^^;

ですが、コンサルを受けていただく人の数が増え、
実践している様々な過程を目の当たりにするにつれ、
成果を出すためには、ノウハウや情報以上に、
「どんな取り組み方をするか」ということが、
とても重要だということに気付かされています。

ひとつ言えるのは、私が発していることはすべて
このメルマガを読んでくださっている方が、
BUYMAで成果を出し、それをきっかけに、
人生をよくするためのものだということです。

長くなりましたが、結局言いたいのは、
いつも通り「諦めずに頑張り続けましょう」ですね笑

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

ヨーロッパの買い付け先が30個分かりました。(第193回2014年5月14日)

こんにちは、エスノです。

昨日朝起きたら
なぜか熱が38度を超えていました…。

自慢じゃありませんが、
人一倍自分の健康状態には気を使っていて
まったく風邪の症状などなかったのにこの有り様…。

お陰で昨日は一日ほとんど何も出来ず、
今日もようやく動けるくらいの状態です。

予兆もなくこうなっては仕方ないのですが、
改めて健康のありがたみを感じましたね…。

さて、今日は一昨日お知らせした、
重要なお知らせがあります。

もうすでにご存知かもしれませんが、
BUYMAの書籍が発売されています。

これからは初心者の方に向けて
もっといろいろ発信していくと書きましたが、
その先駆けがこの本を紹介することです。

すでにじっくり読ませてもらいましたが、
これからBUYMAを始める、あるいは、
BUYMAを始めて間もない方とっては、
うってつけの内容に仕上がっています。

また、ある程度経験があるバイヤーにとっても、
商品が送られこないときの対処法や、
商品を買い付け先に返品するときの方法、
税関でのトラブル解決方法などなど
様々なトラブルシューティングが具体的に書かれているので
間違いなくとても参考になります。

とは言え、すでに月利20万円くらい稼いだ経験があるような
中級者以上のバイヤーさんには、もしかしたら
少し物足りないように感じるかもしれません。

私としては、リサーチの方法なども
あらためて体系立ててまとめられていて、
十分参考になると思いましたが、
全体的に「分かりやすさ」を重視して書かれているので、
そういう部分をどう感じるかというのは人それぞれでしょう。

ですが、バイヤーならば、
この本を「手に入れなければいけません」。

なぜなら、今日14日20時から15日19時59分まで
24時間限定で行われる「amazonキャンペーン」で
「EUショップ30」という特典がもらえるためです。

その名の通り、この特典には、
ヨーロッパの買い付け先が
30個も掲載されています。

以前からお伝えしていますが、
「買い付けの力」を高めるということは
イコール、バイヤーとしてライバルより
圧倒的に優位に立てるということです。

逆に考えれば、他のバイヤーが知っているのに、
自分が知らない買い付け先などというものは
存在してはいけないと言っても言い過ぎではありません。

すでに私もチェックさせてもらいましたが、
何件かshopstyleに掲載されているショップもあったものの、
中には私も知らなかったショップも入っていました。

他のバイヤーがこの特典を手に入れて、
新しい買い付け先を着々と開拓する中で、
自分がそこから取り残されるということが
どれだけの機会損失になるかは想像に難くないでしょう。

常に費用対効果が重要とお伝えしていますが、
この本を手に入れるだけで、買い付け先を
30個も新しく知ることが出来るのであれば
どう考えても割が良すぎます。

この特典を手に入れるには、
以下のamazonで注文して、

そして以下のキャンペーンサイトにて、
amazonでの注文番号を入力してください。

http://www.asa21.com/buyma2.html

※こちらのキャンペーンはすでに終了しました。

入力したら、すぐに特典は手に入ります。

珍しくこんな感じでオススメしましたが、
何よりこの本を紹介したかったのは、
「内容がまとも」ということに尽きます。

読んでいただければ分かりますが、
文章や構成の分かりやすさ、
図解入り解説による実践のしやすさなど、
初めてBUYMAに挑戦する人が、どうしたら
上手く成果を出せるかということに、
とても心を砕かれて書かれています。

特典が手に入るということで
このタイミングで紹介しましたが、
個人的にはそれに関係なく、
長く売れて欲しい1冊ですね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

リサーチの方法を知るだけでは上手くいかない理由(第149回2014年3月19日)

こんにちは、エスノです。

今日も今日とて遅い時間になっております。

実はここ数日ほど、
ちょっとバタバタしていたのもあるのですが、
意識して少し短めの内容を心掛けていました。

というのも、ホリエモンが最近、

「近頃は変に長い文章が多すぎて読む気がしない」

とツイッター上で発言したことに
まんまと影響されたからなのですが、
それだとやっぱり書いてて楽しくないので、
今まで通りの感じでやっていこうと思います。

ところで今更ホリエモンについては
あえて説明するまでもないと思うのですが、
彼が昨年11月に上梓した「ゼロ」という本は
なかなか良い本でした。

必要ない人にはまったく必要ないのですが、
必要な人にはけっこう「これ以上ない」というくらい
ぜひ読んでもらいたい本です。

タイトル「ゼロ」の副題が、
「なにもない自分に小さなイチを足していく」
となっているのですが、はっきり言って、
ビジネスで上手くいかない人のほとんどは
このことがちゃんと理解できていないのが原因です。

ちょっと引用しますね。

======================================

彼らの声を聞いていて感じるのは、みんな「掛け算の答え」を求めている、というこ
とだ。もっとわかりやすい言葉を使うなら、成功へのショートカットを求め、どうすれ
ばラクをしながら成功できるかを考えている。もしかしたら、僕に聞けば「ラクをしな
がら成功する方法」を教えてもらえると思っているのかもしれない。

(28ページから引用)

======================================

「彼ら」というのはホリエモンのメルマガの
Q&Aコーナーなどで、仕事や起業などについて
質問をしてくる人たちのことです。

もちろんここで言う「ラクをする」の意味は、
より効率的に成果を出すという意味ではなく、
「何もせずに」と同義です。

要するにビジネスで成功したいと思う人の多くは、

“おそらく”成功者が持っているであろう、
魔法のような「成功の方程式」が手に入れば
「今現在の自分のままで」成功を収めることが出来る

そういう風に考えているのでは、
と言っているわけですね。

文脈からわかると思いますが、
もちろんこれは正しくないというのが
ホリエモンの意見ですし、それは私も同じです。

例えば、これが絵画や楽器の演奏、
あるいは学校の勉強やスポーツとかについてだと、
ある程度年齢を重ねていれば、
こういう質問はほとんど出てこないはずです。

それは、
芸術や勉強やスポーツの能力を上げるためには、
「努力」という過程が避けられないことを
それまでの経験上、身にしみて分かっているからです。

しかし、ビジネスにおいては
そういう経験をする機会がほとんどないまま
多くの人は社会に出ていくことになる。

その結果、「ビジネスでの成功」というものが理解できずに、
成功している人は、自分が持っていない何かを手に入れたから
成功したに違いない、という発想に辿り着くのだと思います。

ということで、多くの人が、
あれでもないこれでもないと、
あっちをフラフラこっちをフラフラするのですが、
残念ながらそんな魔法の杖はどこにもありません。

なにかを成し遂げた人というのは、
ほとんど何も持っていなところから始めて、
そこに努力しながら少しずつ「イチ」を足すことで
自分の力を底上げしてきた人です。

確かに、世の中には
なにか魔法を使ったんじゃないかと思うような
圧倒的な成功を一瞬で掴み取る人がいますが
それは、元々の能力が飛び抜けて高い人、もしくは、
圧倒的な速度で努力を積んだ人のいずれかです。

例えば、BUYMAでも、
成果を出しているバイヤーのリサーチ方法を
「知っただけ」の人と「知った上で実践し続けた人」
とでは、圧倒的な差が出てきます。

まず知っただけの人は、
いざそれを実践しようとしても、
意外とスムーズにいかないはずです。

それは、作業に慣れていないために、
リサーチの過程でチェックすべき情報を
上手く処理しきれないことだったり、
そのスムーズにいかない感じに痺れを切らし、
必要な情報を勝手に、あるいは無意識に
排除してしまったりするせいです。

ただ、そういう過程を
なんとか頑張って踏ん張って乗り越えれば、
そのうちちゃんと身に付いてきますし、また、
その過程でリサーチの本質が分かってくるので、
自分なりにどんどん人気商品が見つけられるようになります。

こうなってくると、
もう失敗のしようがありません。

しかし多くの人は、
この「頑張って踏ん張って」がなかなか出来ず、
本質的な力が身につかないままで止まってしまいます。

テストで良い点数を取ろうと思ったら、
誰だって繰り返して問題数を解きますし、
野球でバッティングが上手くなりたければ、
誰だって素振りを欠かさずするのですが、
ビジネスにおいてはそういう努力を
成果が実るまでやる人がすごく少ないです。

逆に言えば、少し努力をするだけで
「その他大勢」ではなくなり、
頭ひとつ抜きん出ることが出来ます。

ちなみに、ビジネスでの
「努力の仕方」が分からないというのも、
努力する人が少ない理由の一つだと思います。

これは以前書いたことのある、
「仮説」を立てて「検証」することの繰り返し
がもっとも有効な方法です。

「なぜこういうことをするのか?」
「どうしてこういう結果になっているのか?」
という疑問に敏感になり、そこを取っ掛かりに、
「仮説」を立てて、丁寧に「検証」していけば、
それが成功への歩みになります。

なお、そういう疑問に敏感になるのも、
これはこれで訓練が必要なのですが、
もうちょっと長くなりすぎたので
今日はこのへんでまとめますね。

とりあえず、ホリエモンこと、
堀江貴文さんの著書「ゼロ」は、
ちょっとオススメです。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから