SNSを利用した集客はどうなんですか。(第206回2014年5月30日)

こんにちは、エスノです。

現在、私の新しいBUYMA通信講座の
申し込みを受け付けています。

■BUYMA通信講座「BUYMAの予備校」詳細

http://

※こちらはメルマガでのみ募集しました。
次回もメルマガでのみ募集しますが時期は未定です。

申し込んでくださったのに、
まだ講座に登録されていない場合があります。

お支払いと同時に
自動で登録はされませんのでご注意ください。

あと、一応申込期限を設けることにしました。

申し込み期限は、今週末の
6月1日(日)24時までとします。

まだ迷っているという場合や
何か分からないことがあるという場合は
遠慮なくご質問くださいね。

さて、ふと自分のブログを見返した時に、
メルマガの登録フォームのところに、
アメブロやtwitterなどの様々な手法を使っている
という文言を見つけたので、久々にそれについて
少し書いてみようと思います。

BUYMAでアメブロやtwitterをどう活用するかというと、
バイヤーとしてそれらの媒体で固定読者やフォロワーを集め、
そこに自分の商品を紹介することで売上につなげていくという、
要するに、集客のために利用するわけです。

BUYMA自体は検索エンジンでも上位表示されやすく
また100万人以上のユーザーを抱えているため、
特にそういう外部の媒体を利用しなくても、
出品すればある程度は勝手に購入してもらえます。

しかし、BUYMAの中での、
ライバルバイヤーとの競争を考えた場合、
こういうSNSなどの外部メディアから、
アクセスを集めることが可能であれば、
それはもちろん大きな優位性を持ちます。

ただ、これだけ聞くとすごく良さそうですが、
やはり一つのメディアをある程度の規模に育てるとなると、
それなりに手間と時間をかける必要があります。

ブログであれば、基本的には
毎日記事をアップすることは必須ですし、
twitterでも定期的につぶやかないと、
その媒体としての価値は上がりません。

もちろん、ただ書くだけではダメで、
ちゃんとターゲットを狙いすました内容を
継続して更新し続けることではじめて、
一定以上の価値を持つようになります。

そしてその価値は、ちょっとやめただけで
急激に下がってしまうのが厄介です。

そのため、私はとしては、
それなりに売上・利益が出せるようになるまで、
SNSを育てることはあまりオススメできません。

少なくとも、人気商品をきちんと見極められて、
さらにその買い付け先をちゃんと見つけられる
という能力がない状態でSNSだけ育てても
あまり意味がありません。

たまに、ブログなどをやったほうがいいか
という質問をいただくのですが、現時点では
外部メディアを活かしきれているバイヤーさんは
ほぼいませんので、そんなに気にしなくても大丈夫です。

なお、以前もブログで少し触れたので、
復習がてら見ていただければと思います。

http://steermylife.com/561.html

ちなみに、今回のBUYMAの予備校では、
カリキュラムの後半で、ちゃんと
SNSを利用した集客のポイントも解説しますので、
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

セール時期のある悩みの解決策(第205回2014年5月29日)

こんにちは、エスノです。

昨日から、私の新しい
BUYMA通信講座を開講しました。

早速多くの方が参加してくださっています。

この講座は、

・BUYMAをこれから始める、あるいは始めたばかり

のバイヤー初心者さんが主な対象ですが、
BUYMAの重要なポイントを1から学び直せるので、

・月利15万円くらいは稼いだことがあるものの、
そこからいまいち突き抜けきれない

という、伸び悩み中級バイヤーの方が
安定してもっと大きな成果を出すためにも有効です。

そして冷静に読み直してみて気付いたのですが、
どんなことが学べるのかをまったく書いていませんでした。

私らしいといえば私らしいのですが、
読んでくださる読者さんからしたら困ったものですね…。

改めて具体的に書いておきます。

■「売れる」商品の見極め方

ブログ、メルマガでは一度も触れたことがない、
ちょっと気付きにくい重要な人気の指標も活用しながら、
ただ「人気順で上位」なだけではなく、実際に
「売れる」可能性が高い商品を見極める力がつきます。

■行き詰まらない人気商品のリサーチ方法

多くのバイヤーさんがBUYMA内でリサーチをすると、
意外とすぐに行き詰まってしまいます。

その理由を解き明かしながら、行き詰まりには無縁の
人気商品を芋づる式に探し出す方法をお伝えします。

■最適な仕入れ方法を導き出し費用を圧縮する方法

仕入先にはそれぞれ特徴があって、それを把握し、
最適な配送ルートをちゃんと見極めることで、
ライバルより安く買い付けができるため、
結果的に価格で優位に立つことが可能です。

などなど。

ここでは3つだけ書きましたが、
講座募集ページにはもう少し詳しく書きましたので、
一度チェックしてみてくださいね。

■BUYMA通信講座の詳細
http://

※こちらはメルマガでのみ募集しました。
次回もメルマガでのみ募集しますが時期は未定です。

さて、今日は、
セール時期特有の悩みについてです。

特にサイズのある商品、
つまり靴や洋服の話なのですが、例えば
あるサイズはセール価格の買い付け先を見つけ、
それ以外のサイズは通常価格の買い付け先しか
見つけられていないとします。

やはりセール価格の商品は、
売れやすい一方で在庫もなくなりやすく、
せっかく出品しても、受注する頃には
在庫切れになっていたりします。

それを出品する前から想像してしまい、
いまいち出品に乗り気になれなかったりするわけです。

しかし、冷静に考えれば、
セール価格の在庫がなくなってしまっても、
単純に値上げをすればいいだけの話なので、
そこで躊躇する意味は実はありません。

ひとつ懸念することがあるとすれば、
商品ページには基本的には
価格をひとつしか設定できません。

つまり、サイズによって価格が違うと、
商品ページを分ける必要があるため、
もしお客さんから、安い価格では
すでに在庫のないサイズの在庫確認をされると、
いちいちもう一つの商品ページを案内するという
余計な手間が増えてしまうわけです。

それを解決するのに便利なのが、
価格を2つ設定する機能です。

商品ページでは配送プランごとに、
商品の価格を2つ設定することが可能です。

通常は、例えば
遅くて安い配送プランを使う場合の価格を、
配送Aに入力して、早くて高い配送プランの価格を、
配送Bに入力するわけです。

この機能を、サイズで価格を分けて利用します。

例えば靴で、37、38.5、39というサイズが
セール価格で買い付けられるとしたら、
その価格を配送Aに入力し、それ以外のサイズの価格を、
配送Bに入力すればいいわけです。

もちろん、その配送プランによる、
手配できるサイズについては、
商品ページに分かりやすく明記する必要があります。

配送Aに入力した価格が、
商品一覧で表示される価格になるので、
パッと見て安く見えてアクセスアップの効果も期待できます。

以前も一度書いたことなのですが、
そろそろシーズンなので改めて書いてみました。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

まったく新しいBUYMA通信講座を開講します!(第204回2014年5月28日)

こんにちは、エスノです。

ちょっと遅くなってしまいましたが、
先日からお伝えしていたBUYMA講座のお知らせです。

遅くなった理由とあわせて、
BUYMAで稼ぐために必要なことを書きました。

ぜひじっくり読んでいただければと思います。

http://

※こちらはメルマガでのみ募集しました。
次回もメルマガでのみ募集しますが時期は未定です。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから