在庫販売について考える。(第194回2014年5月17日)

こんにちは、エスノです。

先日紹介したBUYMAの本ですが、
キャンペーン期間の24時間中に
けっこう売れたようです。

すでに先週末くらいから
書店でもぼちぼち並んでいるようなので、
私のお墨付きが信用し切れない慎重派なあなたは、
ぜひ書店でパラっと立ち読みしてみてください笑

ちなみに詳しい方はご存知だと思いますが、
今回この本を紹介した結果、
私に発生する報酬はほぼゼロです。

単純な好奇心から
何冊買ってもらえるかは知りたかったので
URLこそamazonのアフィリリンクにしましたが
それも1冊あたり数十円という世界です。

もしこれを聞いて
「じゃあなんで紹介なんてするんだ?」
と思ったとしたら、それはちょっと
判断基準がお金フィルターに毒されすぎです。

良い本があったから紹介したくなった、
ただそれだけのことなんですけどね。

大阪でよく行く「わなか」という
たこ焼き屋さんがあります。

なんばグランド花月の隣にあるのですが、
休日のお昼時ともなると長蛇の列を成す人気店です。

外はカリッとしながら、
中はお出汁の効いたとろっとろのたこ焼きで、
塩もしくは何も付けないで食べるのがベストという
関東ではなかなか食べられない本場の味なので、
行くといつも食べ過ぎてしまい、そして口の中を火傷します…。

そういうのを見つけたときに、
人ってなんとなくそのことを
いろんな人に共有したくなるんですよね。

今回本を紹介したのも同じことです。

もちろん、何を誰に紹介するかということや
あるいはその紹介のタイミングは考えます。

私がこのメルマガで、

「さて今日は大阪のたこ焼き屋さんの話です。
このたこ焼きを食べないなんて人生損しています。」

なんて突然「わなか」を激推ししても、
読んでいる方は意味が分からないですから
それは当然なわけですが。

最後はネタに走った感がありますが、
まあ良い本なので、多くの人が読んで、
なにか得るものがあればいいなと思っています。

さて、5月も半分が過ぎまして、
18時を過ぎても窓の外は夕焼け小焼け、
だいぶ日が長くなってまいりました。

あと1ヶ月くらいすると、そろそろ
夏のセールのシーズンに突入します。

この時期はBUYMAでも特集が組まれますし、
ボーナスが出る会社も多いですし、
また国内のセールの雰囲気もあいまって、
1年の中で2番目によく売れるようになります。

(1番は冬のセールですね。)

ただセールになると、とにかく
買い付け先の在庫がなくなりやすいです。

それは要するに、

「受注したけど在庫がなくなってた…!」

という悲劇が巻き起こりやすくなるということです。

そういう状況などを考えると、
このセールシーズンで利益を最大化するには
通常時にプラスアルファの工夫すべき
ということが自ずと分かるはずです。

今回はその分かりやすい策のひとつとして、
「在庫販売」について考えてみましょう。

在庫販売の良い所は、
売り逃すことがないことと、
自分だけが販売できるという状況を
作ることが可能だということです。

在庫を持っていれば、受注後の在庫切れ
ということはありえないですし、
オンラインに在庫がなくなって、
ライバルが買い付けできなくなっても
自分だけは売れるので、多少高くても買ってもらえて、
大きな利益を得られる可能性も高まるわけです。

もちろん在庫を持つと、「赤字在庫」
というリスクが付きまといますので、
その判断は慎重にすべきです。

とは言っても、基本的に考えることは
通常時のリサーチと同じで、その商品の
「需要」と「供給」です。

ただそれらの基準を、通常時より
かなり厳しくする必要があります。

例えば、「需要」、
つまり商品の人気具合については、
少なくとも3日に1個は売れているくらい
というレベルが望ましいと思います。

それ以下の人気となってくると、
その商品の“旬”つまり“いつまで売れるか”
という点についてより厳しく評価すべきです。

結局月に3個くらい売れる商品であれば、
その後もおそらく何個かは売れるわけですが、
そのタイミングがいつになるかが不透明です。

もしなかなか売れない間に、
季節ものの商品のシーズンが終わってしまえば
赤字在庫の可能性は格段に上がってしまいます。

また「供給」については、単純に
同じ商品を扱っているライバルの数を確認する以外に
そもそも「オンラインショップの在庫」も
出来る限り把握しておきたいところです。

もし扱うと決めた商品が、
様々なオンラインショップで買えるものだった場合、
結局自分が在庫を持ったところで、ただ単に
手元から発送できるというだけになりかねません。

それも多少アドバンテージになりますが、
在庫販売の良さを生かし切っているとは言いがたいです。

理想的としては、対象アイテムの在庫がある、
可能な限りのオンラインショップの状況を把握し、
どこを探しても残りあと僅かとなった時点で
全部買い占めてしまい、ライバルは手に入れられず、
自分だけが独占販売というような状況を作り出すことです。

資金的に全部とはいかなくても、
いくつかある買い付け先のうち、
特に価格の安い在庫に関してだけは買い占められると
かなり美味しい思いをすることが出来ます。

ただこれも、人並み以上に
様々な買い付け先に精通していないと
痛い目を見る可能性があるのはお気付きの通りです。

自分の実力・経験・知識が足りず、
実はもっと安い買い付け先があるのに、
それよりちょっと高いところを最安だと思って
大量に買い付けると、在庫があるのに
自分からは全然売れないとなりかねないので
注意する必要がありますね。

特にこれからのセールの時期、
当初は最安値だったのに他がセール価格になって、
相対的にまったく安くなくなってしまうことは
けっこう起こりがちなので気を付けましょう。

と、気を付けることがいっぱいで
やっぱり在庫販売は難しそうだなと
足踏みしてしまうかもしれませんが、
ちゃんと活用できれば利益に大きく貢献してくれます。

細心の注意を払うことは忘れずに、
ぜひチャレンジすることを視野に入れてみてください。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから