意外とライバル不在なマーケット。(第198回2014年5月21日)

こんにちは、エスノです。

今日はアナと雪の女王を観てきました。

話自体はそこそこ面白いという感じでしたが、
そこらじゅうで流れているせいで、
すでに耳に馴染んでいるlet it goの場面を実際に観ると、
松たか子の歌唱力も手伝ってけっこう感動しますね。

ちなみに、私は
映画がそんなに好きではありません笑

上映時間が絶対に固定されていて、
こちらの好きなようにコントロール出来ないからです。

同じ理由でアニメもドラマも
ちょっと苦手意識があります。

映画でもアニメでもドラマでも
観るときは相当な決意を持って臨みます。

観る前には

「この鑑賞時間をかけるだけの価値が
この作品には本当にありそうか」

ということを慎重に検討しますね。

だからなんだという話なんですが、
こういうフィクションコンテンツ自体は
別に嫌いではなくてむしろ好きです。

なので、私が一番好きな媒体は漫画です。

漫画ならいつ、どんなペースで読んでも
私が自分で好きなようにすることが出来るので、
変なストレスがないのが良いです。

なお、最近はipadの電子書籍で
昔のジャンプコミックスを買い漁って
貪るように読んでいます。

今年はだいぶ落ち着きましたが、
去年は特に前半でちょっと言えないくらい購入して、
あとから来る請求の金額にビビったりしていました。

本当にだからなんだというところで、
この話は終わりです^^;

さて、私が出品しているもので、
最近急に売れているアイテムがあります。

しかも20万円以上の高額商品なのですが、
ここ1週間で2件受注、1件問い合わせ。

件数だけ考えればそれほどでもないですが、
特にタレント愛用品というわけでもなく、
しかもこの価格帯なので悪くない売れ行きです。

なんでかなと検証してみた結果、
やはりというか実に単純な話で、
「ライバルが不在」だったのです。

ブランド自体はそこそこ人気なのに、
この価格帯は出品者がそもそも少なく、
似たようなカラーの出品者となるとほんの数人、
まったく同じカラーに至っては、
私しか出品していないという状況でした。

当然ライバルがいないので、
それなりに利益も取ることが出来ます。

ブログの最初のほうで書いたことがあるのですが、
BUYMAの超基本的な原則というか方向性は、

・すごく人気のある商品を、

・すごく信用のあるバイヤーが、

・すごくお得な価格で、

・そのバイヤーしか出品していない

という状況をいかに作るかということです。

もちろんこれらの条件を
全部を完璧に揃えるのは難しいので、
どれだけこの質を高められるかが重要です。

今回は、そこそこの人気で、
そこまでお得な価格ではなかったのですが、
実績のあるバイヤーが、なにより
他のバイヤーの扱っていないものを出品していたので
なんだか妙に人気になっているというわけです。

人気ブランドの高額商品は、
意外と競争相手が少ないことも多いので、
特に人気商品のカラー違いなどで、
自分しか扱っていないという状況を作ってみると
思わぬボーナスにありつけるかもしれませんね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから