メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

SNSを利用した集客はどうなんですか。(第206回2014年5月30日)

こんにちは、エスノです。

現在、私の新しいBUYMA通信講座の
申し込みを受け付けています。

■BUYMA通信講座「BUYMAの予備校」詳細

http://

※こちらはメルマガでのみ募集しました。
次回もメルマガでのみ募集しますが時期は未定です。

申し込んでくださったのに、
まだ講座に登録されていない場合があります。

お支払いと同時に
自動で登録はされませんのでご注意ください。

あと、一応申込期限を設けることにしました。

申し込み期限は、今週末の
6月1日(日)24時までとします。

まだ迷っているという場合や
何か分からないことがあるという場合は
遠慮なくご質問くださいね。

さて、ふと自分のブログを見返した時に、
メルマガの登録フォームのところに、
アメブロやtwitterなどの様々な手法を使っている
という文言を見つけたので、久々にそれについて
少し書いてみようと思います。

BUYMAでアメブロやtwitterをどう活用するかというと、
バイヤーとしてそれらの媒体で固定読者やフォロワーを集め、
そこに自分の商品を紹介することで売上につなげていくという、
要するに、集客のために利用するわけです。

BUYMA自体は検索エンジンでも上位表示されやすく
また100万人以上のユーザーを抱えているため、
特にそういう外部の媒体を利用しなくても、
出品すればある程度は勝手に購入してもらえます。

しかし、BUYMAの中での、
ライバルバイヤーとの競争を考えた場合、
こういうSNSなどの外部メディアから、
アクセスを集めることが可能であれば、
それはもちろん大きな優位性を持ちます。

ただ、これだけ聞くとすごく良さそうですが、
やはり一つのメディアをある程度の規模に育てるとなると、
それなりに手間と時間をかける必要があります。

ブログであれば、基本的には
毎日記事をアップすることは必須ですし、
twitterでも定期的につぶやかないと、
その媒体としての価値は上がりません。

もちろん、ただ書くだけではダメで、
ちゃんとターゲットを狙いすました内容を
継続して更新し続けることではじめて、
一定以上の価値を持つようになります。

そしてその価値は、ちょっとやめただけで
急激に下がってしまうのが厄介です。

そのため、私はとしては、
それなりに売上・利益が出せるようになるまで、
SNSを育てることはあまりオススメできません。

少なくとも、人気商品をきちんと見極められて、
さらにその買い付け先をちゃんと見つけられる
という能力がない状態でSNSだけ育てても
あまり意味がありません。

たまに、ブログなどをやったほうがいいか
という質問をいただくのですが、現時点では
外部メディアを活かしきれているバイヤーさんは
ほぼいませんので、そんなに気にしなくても大丈夫です。

なお、以前もブログで少し触れたので、
復習がてら見ていただければと思います。

http://steermylife.com/561.html

ちなみに、今回のBUYMAの予備校では、
カリキュラムの後半で、ちゃんと
SNSを利用した集客のポイントも解説しますので、
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

■メルマガの登録はこちらから!

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

コメントを残す