一昨日、値上げしたら売れました。(第186回2014年5月3日)

こんにちは、エスノです。

ほしいもの登録はそれなりにあるのに、
7万円でずっと売れなかったものがありました。

しかし、一昨日8万円に値上げをしたところ、
昨日すぐにその価格で売れました。

他の地域はちょっと分からないのですが、
関東にお住まいの方には、その理由に
すぐ気付いていただきたいところです。

もちろん、値上げしても
いつかは売れる条件は揃っていました。

ただ、重要なのは一昨日というタイミングです。

なぜ7万円で売れなかったものが、
急に8万円でも売れたのか。

それは、一昨日から
気候が完全に夏に移り変わったからです。

気象学的にどうかは知りませんが、
体感としてはそう感じた方は多かったはずです。

この1万円高くても売れた商品はサンダルでした。

種明かししてしまえばとるに足らない話で、
要するに商品のシーズンが来たから、
多少高くなっても売れたというわけです。

というわけで、夏物はこれからが
本当に売れ出す季節です。

リサーチするときに
夏物を中心に考えるのも面白いでしょう。

ただ、この季節性に関連して

「いつまで売れるのか」

という点については常に意識する必要があります。

というのも、来月くらいから
夏のセールが本格的に始まるわけですが、
そのときに在庫を持ったほうがよい
という場面に遭遇することがあるはずです。

特にこの在庫を持つかどうか判断するときに、
この「いつまで売れるのか」というポイントを忘れて
勢いと思い切りで買い付けてしまうと、
下手をすれば不良在庫になりかねません。

人気的にも価格帯的にもいつかは売れるだろう
というアイテムでも、季節性を考慮しないと、
急にリスクの高い在庫になってしまいます。

ものすごく当たり前の話ですが、
在庫を持つときは意外と気持ちが前のめりになって、
正しく判断できなくなることがけっこうあるので、
本当に気を付けてほしいと思います。

在庫販売については、
また別の機会に詳しく書きますね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

ライバルが知らない買い付け先の探し方!(第185回2014年5月2日)

こんにちは、エスノです。

最近BUYMAのアクセスカウントが
完全におかしいですね…。

以前もちょっとお伝えしましたが、
なかなか完全に改善されません。

2日に一度くらい、アクセス数が
通常時の半分くらいになってしまいます。

大勢に影響はそれほどないですが、
検索システムのメンテを行ったばかりなのに
こんなエラーが続くのはいただけないですね。

早く完全復旧して欲しいところです。

さて、今日は、
ライバルが知らない買い付け先の探し方です。

人気商品をBUYMA内で見つけたあと、
その買い付け先を探すのに有効な方法として
Googleの画像検索を利用すると良い
ということを先日メルマガで書きました。

それは、ライバルが使っている商品画像が
どこのショップのものなのか分かれば、
そこがそのライバルの買い付け先候補である可能性も
かなり高いからですね。

しかし、こうやって
ライバルと同じ買い付け先ばかり探すということは、
そのライバルとずっと競争し続けることになる
ということを意味しています。

同じ買い付け先から同じ商品を出品していれば、
それは当然のことでしょう。

その買い付け先の在庫を先に全部買ってしまって
あとは悠々と自分だけ独占販売するというのもアリですが
それは一定の条件を満たしている必要があるので、
常に使える方法ではありません。

ということで、出来れば
そのライバルが知らない買い付け先を
探し出せるスキルを身に付けておきたいわけです。

しかし、shopstyleにある買い付け先は
基本的にはほとんどすべてのバイヤーが
知っていると考えて間違いありません。

そうなってくると、やはり
Google先生に聞くのが最良の方法です。

Googleより優れた検索エンジンは
今のところ存在しないはずなので、
当たり前といえば当たり前なのですが。

では、どうやって探すかというと、
実際に私が今日レアなショップを探しだした方法としては、

「ブランド名+その商品特有のキーワード」

という形で検索するというのが一つあります。

ブランド名については解説する必要はないでしょう。

肝心なのは「その商品特有のキーワード」です。

それに該当するものが
必ずすべての商品にあるわけではないのですが、
今日私が探したアイテムは「色の名称」が特徴的でした。

そのため、

「ブランド名+商品名+カラー名」

で検索をかけた結果、初めてお目にかかるショップを
見つけ出すことが出来たというわけです。

繰り返しですが、絶対に上手くいく方法
というわけではありません。

ただ、Google検索をするときの
ひとつの有効な発想として役立つと思います。

なお、当然Google検索で探したショップは
偽物を扱っているショップではないということを
入念にチェックする必要があります。

商品価格が安すぎたり、連絡先がフリーメールの場合は
まずその時点で基本的にはアウトです。

そこはクリアした上で、

・実店舗の住所はあるか
・実店舗の内装写真はあるか
・Googleマップで住所を調べたら、
ちゃんと店舗が存在しているか
・SNSなどを写真付きで更新しているか

などなどをチェックするとより確実です。

ちなみに、今日見つけたショップは
他にもなかなかいいブランドを取り揃えていました。

こうやって少しずつ自分のカバー範囲を広げると、
そのうちどうやっても利益が出てしまうバイヤーになれます。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

買い付け先の特徴を押さえて差をつける!(第184回2014年5月1日)

こんにちは、エスノです。

昨日はメルマガ配信スタンドで
システム障害が発生して配信できませんでした…。

長年使っていて初めてのことなので
ちょっとびっくりしましたが、
まあそういうこともありますね。

さて、今日は買い付け先のことを
よく把握しておこうという話です。

先日コンサル受講生のTさんから

「受注したのに在庫切れです!」

という一報が入りました。

バイヤーをしていると、さもありなん
という「あるある」な状況ですね。

私のコンサルは、
「おんぶにだっこ」方式ではないので、
まずはこれまで伝えてきた方法で、
他の買い付け先がないかを
自分でちゃんと探してもらいます。

ただその上でどうしてもなさそうであれば、
私も買い付け先を探すというスタイルです。

ということで、この商品に関しては
すでにTさん自身が探して見つからなかったので、
私にヘルプが来たという状況でした。

しかし、意気込んで探したものの、
セール価格になっていたことがネックになって、
同じ価格で買い付けできるものがどうも見つかりません。

仕方なく、同じ価格で提供できる
似たようなカラーのアイテムを
代替として提案しようという話になりました。

ちなみに元々想定していた買い付け先は、
みんな大好きfarfetchです。

http://www.farfetch.com/jp/

先日もメルマガで少し紹介しましたが、
日本人のスタッフもおり、表示価格に
関税も入れ込んでくれているので、
とても使い勝手の良いショップのひとつですね。

もちろんほとんどのバイヤーが知っているのですが、
それでも十分活用できるショップです。

さて、farfetchで、元の商品と同じく
セール価格になっている別のカラーを探しているとき、
なんと、在庫切れだと思われていた元々の商品が
まだ販売されているのを発見したのです。

しかし、当初買い付け予定だった
商品ページにURLを打ち込んでダイレクトで飛ぶと、
確かにその商品は「Out of Stock」と表示されています。

一体これはどういうことなのか…。

実はこのfarfetchというのは、
farfetchという名前のショップがあるわけではなく、
世界中のセレクトショップが商品のオンライン販売を
委託しているポータルサイトなのです。

例えば、イタリアのA、フランスのB、
アメリカのCという3つのショップがあったとします。

オンラインでも販売したいけど、
自社で立ち上げて運営・管理するのが面倒、
コストだって掛かるというときに、
彼らはこのfarfetch上に自社の商品を登録するだけで、
すぐにオンライン販売を始められるわけです。

amazonのマーケットプレイスの
セレクトショップ限定バージョンみたいなものですね。

ただそういう仕組みゆえの欠点として、
同じ商品をひとつのページに統合しきれないことがあります。

先のA、B、Cという3つのショップが
ある同じ商品を販売しているときに、
理想としては、ひとつの商品ページに
それを統合したいところです。

しかし、現在のfarfetchでは、
AとBは同じ商品ページに統合できているのに、
Cは同じ商品を扱っていても別ページということが
けっこう頻繁に起こってしまっています。

今回Tさんは、同じ商品の1つのページだけを見て
在庫切れだと思ってしまったのですが、改めて見直すと
同じ商品の別のページが存在していて、そちらは
まだ在庫切れではなかったということです。

これはその仕組みに基づく、
farfetch特有の問題ではありますが、
各ショップにはそれぞれに
微妙に異なった特徴があったりします。

こういうポイントを一つでも多く押さえられていると
他のバイヤーより優位に立てるのは間違いないので、
そういうのを見つけたらひとつひとつ
メモしていったりするといいですね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから