メンズカテゴリの可能性。(第182回2014年4月28日)

こんにちは、エスノです。

先週は月~木で沖縄に行き、
金~日で大阪・京都に行って、
もうヘロヘロになってしまいました。

ということで、昨日は疲れ切ってしまい
帰ってきてすぐにさっさと寝た次第です。

おかげで今日は午前中からすっきり爽やか!

ちなみに日曜日に走った私の所有馬は、
まったく良いところなく惨敗でした…。

ただ今回は特に怪我もなかったようなのでひと安心。

無事に走ってきてくれるだけで十分です^^

そんなさわやかな気持ちで過ごした今日は、
バイヤーポストで新しい投稿をしてみました。

いつも商品のセール情報くらいしか送っていないのですが、
それだと最近はお客さんの反応がすこぶる悪いです。

ということで、これまでとは
ちょっと違った切り口の記事を投稿してみました。

明日のアクセス数が、いつもと比べて
どのくらい変化するか楽しみですね。

さて、今日はメンズカテゴリのお話です。

4月25日に、BUYMAを運営するエニグモの
2014年1月期の有価証券報告書(有報)が公開されました。

エニグモは2月~翌年1月というのが
一年の決算スケジュールです。

2013年2月~2014年1月までの業績を
3月に開催された決算説明会にて発表したのですが、
そのときの発表資料にも先日メルマガで少し触れました。

しかしその資料の中では触れられなかった、
ちょっと気になるデータが、有報の中にあったのです。

もうすでに書いてしまっていますが、
それはメンズカテゴリについての話です。

ご存知のように、BUYMAのメインユーザーは
20~30代の女性です。

それは、BUYMA内の取扱高にも現れています。

以下は2014年1月期の各カテゴリの取扱高です。

レディース:約129億円

メンズ:約21億円

簡単に言えば、レディースは
メンズの約6倍の市場規模だということです。

ただ、これだけ見るとやっぱりレディースだ
という話になるかもしれませんが、この数値の
数年間の推移を見てみると少し印象が変わると思います。

レディース:

約129億円←約105億円←約64億円←約43億円

メンズ:

約21億円←約14億円←約5億円←約2億円

※(2014年1月)←(2013年1月)←(2012年1月)←(2011年1月)

ご覧のとおり、レディースカテゴリは
昨年度はその前年度に対して約1.2倍ですが、
メンズは約1.5倍になっています。

それ以前を同様に比較しても、
メンズカテゴリのほうが、取扱高の
「伸び率」は大きいわけです。

ざっくり調べた感じだと、
そもそもレディースとメンズの
アパレル・ファッション用品の
国内市場規模全体の比率が、
だいたい2:1くらいのようです。

したがって、その比率により近付くように、
この傾向はしばらくは続くものと思われます。

もちろん、市場全体と比べれば
オシャレ好き、ブランド好きが集まっているので
完全に2:1にはならないわけですが。

本当はこれでメンズの出品数が
レディースの6分の1以下であれば、
需給バランスが悪いのでメンズが狙い目!
と分かりやすく言えるのですが、
調べたらだいたい6分の1くらいでした^^;

規模の大きさで言えば、まだまだ
レディースの背中も見えていませんが、
この成長性というのは見逃せないものがありそうです。

まずは自分の得意なレディースブランドの
メンズアイテムから始めてみても面白いかもしれません。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから