バイヤーポストの使い方とその可能性(第176回2014年4月21日)

こんにちは、エスノです。

実は今日から3泊4日で沖縄に来ております。

海辺のリゾートホテルで、
トロピカルジュース片手にのんびりリフレッシュ…。

なんて出来たら最高なのですが、
そういうわけでは全然なくて、
なんととあるセミナーに参加するために
わざわざ沖縄くんだりまでやってまいりました。

そして、今日、明日、明後日と、
13時半から4時間くらい毎日セミナーなので、
沖縄らしいことが出来る時間は
はっきり言ってまったくありません。

そもそも私は車の免許を持っていないので、
那覇近辺に宿泊してしまうと、
沖縄らしいところにはすごく行きづらいです。

というわけで、沖縄には来ていますが、
ホテルとセミナー会場の往復しかしないと思います^^;

まあ沖縄には何度か来ていて、
美ら海水族館もおきなわワールドも行きましたし、
海で泳いだこともあるので、特にこれといって、
何かをしたいということも実はそんなになかったり。

ちょうどいい機会なので、
ビジネスの方でいろいろやりたかったことを
ホテルでカンヅメになって進めていこうと思っています。

自分のBUYMAの出品もしていかないといけませんしね。

ちなみに沖縄で開催されている理由は、
主宰者がひどい花粉症のため、
3,4月は花粉の飛んでいない沖縄がいいから
というなかなかユニークなものです笑

さて、今日はBUYMAから
なかなか有意義なお知らせが更新されていました。

■【誰もが気になる!】商品購入の際に購入者様が心配なこととは!?

http://buyersinfo.buyma.com/?p=15657

先日はバイヤーポストを利用した、

「梱包についての不安を解消する」

というテーマで、お客さんの購入率を
より高める施策を紹介していましたが、今回は

「正規品を扱っているのかという不安を解消する」

というテーマで、同じくバイヤーポストを使う方法の
特集が組まれています。

今回取り上げられていたバイヤーさんの例のように、
「実際にちゃんとしたお店で買っている」というのが、
写真付きで掲載されていれば、確かに不安は減るでしょう。

海外在住、あるいは、海外で
買い付けを手伝ってくれる方がいるバイヤーさんは、
すぐに真似できると思います。

ただ、多くの日本在住のバイヤーは
オンラインで買い付けをすることが多いので、
これをそのまま真似するのではなく、
ひと工夫する必要がありますね。

また、もうひとつ例として挙がっているポストも、
なかなか参考になります。

アメリカ在住のプレミアムバイヤーさんが
コーチの新作をブティックに実際に見に行って
そのアイテムの展示の写真から、商品としての良さを説明した上で、
自分が出品しているページの紹介という流れになっています。

バイヤーポストの新規投稿の案内メールは、
そもそもこのバイヤーさんの商品を見たことがあり、
かつ一定以上それを気に入った「ファン」の人たちに送られます。

このバイヤーさんであれば、
コーチを好きなユーザーが「ファン」登録している可能性が
かなり高いわけですね。

そこに、コーチの新作を一緒に楽しむようなポストが来れば、
購入までいかなくても、商品ページをクリックする可能性は
ただの売り込みのポストが来るよりはるかに高いでしょう。

そうすればBUYMAの中で人気順が上がり、
自然と売れやすくなっていくという好循環が生まれます。

このようにバイヤーポストを活用するのは、
正直、かなり難易度が高いです。

ただ、以前少し触れたように、
エニグモがBUYMAを「ソーシャルショッピングサイト」
と定義している以上、このバイヤーポストを軸に、
今後ますますバイヤーとお客さんが、
SNS的にやりとりが出来るようにしていくと思います。

実際それは今回の特集の最後に、

======================================================

なお、今後は評価欄や商品詳細、バイヤーからのお知らせ欄にも
バイヤーポストの記事をリンクできるような改修を行っております。

======================================================

と書かれていることからも間違いないでしょう。

まずはバイヤーポストにアクセスしやすい環境を整え、
次はバイヤーポストにコメントなど出来るようにしていくわけです。

そうすることで、購入前から
お客さんとより近い距離でやりとりをして、
信用を高めて購入に結びつけることも可能ですし、
また一度購入した人がコメントをしてくれれば、
新規のお客さんも買いやすく、またリピート購入の確率も上がるでしょう。

その際に、いわゆる「炎上」に対する対策をどうするのか
というのがひとつポイントになりそうですね。

私はエニグモの企画担当ではないので
そのへんを考えるのはあちらにお任せしますが、
こうやって書きながらイメージしていても、
来年くらいにはそういう仕組が導入されていても
不思議はない感じがしてきます。

ただ、ひとつ間違えてほしくないのは、

バイヤーポストを最大限に活用するには、
価格やバイヤー評価の面において、
ある一定のレベル以上で勝負できる必要がある

ということです。

いくらバイヤーポストでいい記事を書いても、
他のバイヤーより10%以上高い値段だとそうそう売れないですし、
また当然バイヤー評価が悪すぎても、売れにくいです。

今の時点で焦って

「これからはバイヤーポストだ!」

と飛び乗らずに、やはりまずは、

ちゃんと人気商品をリサーチして、
その買い付け先もちゃんと見つけられて、
出品したあとも放ったらかしにせず、
ライバルに勝てるようにメンテナンスしていく

という地道な作業を身につけるのが重要です。

話が最初と最後でかなり散らかりましたが、

・BUYMAの今後とバイヤーポストの可能性

については、ちゃんと頭に入れておきつつ、

・基本がちゃんと出来ていないとそれらも意味がない

ということも、改めて忘れないようにしてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから