気になるライバルの、まさかの買い付け先。(第183回2014年4月29日)

こんにちは、エスノです。

現在コンサル生向けに、私のBUYMAノウハウの
“虎の巻”なテキストを作成しています。

もっと早く作っとけよという感じですが、
実際に何度も対面でのコンサルをする中で、
暗黙知的だった自分の思考がより明確になり、
今こうして文章に落とし込めています。

もうちょっと掛かりますが、
コンサルを受講してくださっている方は
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

内容はコンサル中に喋っていることなのですが、
シンプルにまとまってると便利だと思います。

また、そろそろ、次回の
コンサル受講希望者の募集も行う予定です。

新規の募集枠は、現在受講している方の卒業と、
すでに予約待ちしている方の状況によりますので、
おそらく1,2件程度ではないかという感じです。

5月初旬にメルマガで告知しますので、
ぜひチェックしておいてください。

ライバルの商品をチェックしていて、
「何でこんなに安いんだろう」と
疑問に思うことはままあると思います。

その多くは、これまで書いてきたように
実はただ自分がもっと安い買い付け先を
見つけられていないだけだったりします。

初心者にありがちなのは、
ヨーロッパブランドなのにアメリカばかり探してたとか、
あるいは、ショップの特徴を把握し切れていなくて、
買い付け価格の計算が間違っていたとかでしょうか。

しかし中には、
「海外で買ってもこんなに安くならないぞ」
というレベルで安いライバルがいたりするわけです。

例えば、42,800円の人気のバッグを見つけたとします。

それはヨーロッパブランドの商品で、
ということは最も安く購入できるのは、
基本的にはヨーロッパのショップです。

そこでヨーロッパのショップを探したところ、
在庫のあるショップを見つけることが出来た。

しかし、その価格がなんと400ユーロ。

日本に直送で現地消費税が抜けたとしても、
送料と関税を考えると、どう考えても
42,800円では販売できない。

セールのときに買い付けて、
在庫にして販売しているわけでもなさそう…。

こういうときに考えられるのが、
「卸などの特殊な買い付け先を持っている」
という可能性です。

ただ、ハイブランドであればあるほど
その可能性はそれほど高くはありません。

しかしながら、ひとつだけ、
誰もがすぐに繋がることが出来る
「特殊な買い付け先」が存在します。

それは、楽天市場のセレクトショップです。

楽天では偽物を販売していそうなイメージも強いですが、
中にはちゃんとしたセレクトショップももちろんあります。

そういうショップは、長年の経営努力で
海外のブランドと卸の契約を取り付けて、
ただでさえ安い海外販売価格より、
もっと安い価格で商品を仕入れてきています。

その結果、非常に安い価格で
販売することができているわけです。

それほど安価だと、楽天で買い付けて
BUYMAで販売するということも出来てしまうわけですね。

もちろん、この方法は、
現在はBUYMAの規約で明確に禁止されています。

バレなければいいという態度で
この方法をやり続けているバイヤーもいますが、
リスクが大きすぎるので絶対にやってはいけません。

バレたら問答無用でアカウント停止です。

いくらその楽天ショップが本物を扱っていてもダメです。

今回これを書くことで伝えたかったのは、
ライバルの買い付け先を調べるときに、
「なぜこんなに探しているのに見つからないのか」
というドツボにハマってはいけないということです。

ライバルの価格が、
明らかに海外の小売価格に対して安すぎる場合は
楽天などからの買い付けを疑ってみてください。

そして、実際にそれが確認できれば、
気持ちを切り替えて、他のアイテムの
リサーチをすることができるでしょう。

そんな姑息な手段に頼らなくても、
ちゃんと成果を出すことはできますので、
目の前の利益に目が眩んで、
取り返しの付かないことをしないように気を付けてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから