私のリサーチスピードが早い理由。(第341回2015年1月2日)

あけましておめでとうございます、エスノです。

2015年ですね、キリがいいですね。

不思議なもので、年が変わってから
私にしては珍しくやる気に満ち溢れています。

今年もまずは役に立って面白いメルマガを心がけますので、
引き続きお付き合いいただければ幸いです。

さて個別コンサルで、受講者の方と一緒に
人気商品のリサーチをしていると、

「展開が早すぎてついていけません!」

「なんでさっきの一瞬でそんなことまで覚えているんですか?」

というようなことを、
これまでに何度か言われたことがあります。

リサーチしているときに、
アクセス数やほしいもの登録数「だけ」しか見ずに
すぐに買い付け先を探しに行ってしまって、
あとから問い合わせの数や販売数を
もう一度確認するために元のページに戻ってきたり、

あるいは、そういう数値はちゃんと見ていても、
目的のものと思しき商品の買い付け先を見つけてから、
商品のサイズが実は2パターンあることに気付いて
それをもう一度確認するために元のページに戻ってきたり、

こういう「行ったり来たり」を
何度も繰り返してしまうのを
これまでけっこう見てきました。

私はこういう「行ったり来たり」がかなり少ないので、
さっき書いたような「リサーチが早すぎてついていけない」とか
「なんで一瞬で全部確認してしまえるのか」ということを
突っ込まれるというわけです。

なんでそんなことが出来るかというと、
これは極めて単純な原理で、

「過去に同じような失敗をしてきたから」

に他なりません。

当たり前ですが、私も最初は、
同じように「行ったり来たり」をしていました。

その「行ったり来たり」で無駄な作業を繰り返すたびに、

「商品のリサーチをするときに、何をチェックしておくのが、
そのあとの作業を進めるにあたって効率がいいのか」

ということをいつも考えて、改善してきたわけです。

そのため、どこに関心を向けて
商品ページをチェックすべきかが
今の私は非常に明確になっています。

だから、今では「行ったり来たり」が少なくなり
すごく早くリサーチできるというわけです。

逆にこれが明確ではないと、
「行ったり来たり」はどうしても発生して、
必要以上に時間と手間がかかったりします。

これは要するに、

「私しか見ることができない世界」

なんてものがあるわけではなく、

「私もみんなも同じ世界を見ているけど、
みんなと私では目に留まるものが違う」

ということです。

こういう話は枚挙に暇がなくて、例えば、
ある程度パーソナルショッパーの経験がある方は、
おそらく自分のメールボックスに、いろんな
海外のショップからのニュースレターが届いているでしょう。

特にこの時期であれば、セールの情報なんかが
どんどん届いているはずです。

先月末頃から、セールも終盤に入り、
更なる値引きが展開されてたりしますよね。

こういう情報はかなり多くの方が
知っていることだと思います。

ただ「これを半年後や一年後に応用しよう」
という意識を持っている方はあまり多くはないでしょう。

ショップ、あるいはショップの所在地によって、
セールの開始時期や値引き率にはけっこう特徴があります。

例えばヨーロッパのショップなら、
購入者限定の「プライベートセール」を行って、
そのあとに普通のセールが始まって、さらにそのあと
セール品が期間限定でさらに値引きされたりすることが多いです。

その間に、その前シーズンのアイテムの売れ残りも、
さらに値引きされたりもします。

このような特徴を大雑把に把握しているだけでも、例えば、

「この商品は今は高いけどもうすぐセールになるはずだから
そのタイミングで在庫を持てば、他の出品者より優位に立てるぞ」

みたいな作戦がひとつ立てられるわけです。

ある人はメールボックスに流れてくる
英語のメルマガをなんとなく眺めるだけで終わり、
ある人はその情報をなんとか活かすことが出来ないか
ちょっと工夫して考えてみたりします。

さっきのリサーチの話でも、この話でも
みんなけっこう同じ情報を見てはいるのです。

あとは、それをどうやって料理するかですね。

それが差がつく一つの要因として
挙げられることだと思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから