人気順の上位ばかり見てると見落としがちなこと。(第337回2014年12月27日)

こんにちは、エスノです。

最初にお知らせです。

ちょっと迷ったのですが、
今月も個別コンサルを数名募集します。

12月29日(月)の夜21時頃から募集しますので、
気になる方はチェックしておいてください。

さて、年末に向かって、お客さんの反応も
少し落ち着いてきた感じでしょうか。

ただ、先日BUYMAが出したデータを見ると、
年始からすぐに復調するようです。

■参考:http://buyersinfo.buyma.com/?p=20908

実際私の感覚的な印象としても、
12月ほどではないにせよ、1月も十分
お客さんの意欲は高い印象があります。

もしこの12月に満足いく成果が出せなくても、
まだ十分時間はあるので、引き続き地道に
リサーチして出品していきましょう。

ただそのリサーチのときに、
商品一覧で「人気順」で絞り込んで、
人気上位から順番に見ていくという方も多いと思いますが、
このときちょっと気を付けなければいけません。

というのも、よくよく「人気順」の仕組み
を思い出してもらいたいのですが、
それは以下の要素で構成されています。

1.アクセス数
2.ほしいもの登録数
3.販売数
4.出品期間
5.プレミアムパーソナルショッパー(PS)かどうか

要するに、1~3の各数値が、
短期間で集まれば集まるほど、
人気順で上位に表示されやすいのです。

さらに、プレミアム(あるいはショップ)
パーソナルショッパーだと、
より上位に来やすくなります。

気を付けなければいけないのは、
我々が最重要視すべき指標は当然
「販売数」なわけですが、人気順の上位には、
「アクセス数」や「ほしいもの登録数」が多ければ、
あるいは「プレミアムPS」であれば、
来ることが出来るということです。

つまり、人気順で上位だからといって、
「販売数」が多いとは限らないということです。

実際に、人気順で上位の商品を見ると、
ほしいもの登録が何十もあるのに、
お問い合わせが0とか数件しかないという商品が
たまにあったりします。

これは人気順では上位でも、
「売れる可能性」はそれほどではない
ということを示唆しているわけです。

実際に販売履歴を確認しても、
よくて1,2件売れているだけだったりします。

特にお客さんの数が多い人気ブランドの商品だと、
プレミアムPSというだけで上位に来やすく、
かつお客さんもとりあえずほしいもの登録をしていたりして、
そのまま上位に居座り続けることが多いです。

こういう見かけの数値と実際の販売数が
少し乖離している商品には気を付けましょう。

私はこういう点を考えたときに、
人気順で上位を見ていく方法もやりますが、
「最近売れたアイテム」もよくチェックします。

「最近売れたアイテム」は、
少なくとも1つは売れているわけですし、
人気順ではまだまだ上位に出てきておらず、
むしろこれから上がってくるようなものが、
ポッと表示されていたりして面白いです。

「人気順」は上位があまり入れ替わらないことも多いですが、
「最近売れたアイテム」ならほぼ毎日商品が入れ替わるのもいいですね。

特定のブランドの「最近売れたアイテム」を
毎日眺めて何が売れているかを見ているだけでも
けっこういろんなことが分かるので、
今まであまり意識していなかった方はちょっと見てみてください。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから