人気商品や買い付け先のリサーチが上手くなるには。(第321回2014年12月5日)

こんにちは、エスノです。

私がこのメルマガを始めたのが、
2013年12月10日です。

ブログはもっと前から書いていましたが、
メルマガはもう少しで1周年ということになります。

その1年の間に約270件配信しているので、
だいたい4日に1回はサボってる計算です笑

これからも、役に立って面白い話を
マイペースに配信していきますので、
引き続きお付き合いいただければ幸いです。

さて、本題のBUYMAの話です。

コンサル中に、人気商品を探したり、
買い付け先を探したりするわけですが、
そのときによく言われるのが、

「そこまで細かく見ていなかったです。」

「あんなに丁寧に出来ていなかったです。」

というような言葉です。

ちなみにこれらの言葉には、

「実際に作業の様子を目の当たりにして、
“ものすごく驚くようなこと”はなかったですが…。」

という枕詞が付くことが多いです。

要するに、

・「商品の人気を判断する方法」

・「買い付け先の探し方」

などについて、なんとなく知っているし使ってもいるが、
それをそこまで丁寧に細かく徹底できていなかった
という感想をいただくことが多いということです。

実際のところ、私が実践しているのは、
すごくシンプルで、真似しようと思えば
誰でもすぐにできることが多いと思います。

さすがにこの時期によくある、買い付け先からの
購入者限定プライベートセールの案内を受け取るなどは
すぐ真似できませんが、そういうの以外は
誰でもできることを地道にやっているだけです。

そういう「基礎」を、いつも、
着実かつ丁寧に出来るかどうかが、
稼げるパーソナルショッパーになれるかの
まず最初の分かれ目だと思います。

結局多くの人は、チェックすべきことや
そのチェックの方法をある程度把握した段階で、

「自分はもう分かっているから、このへんは省略してもOK」

という判断を下して、部分的に適当にやってしまいがちです。

特に一定以上に理解が早い人ほど、
この傾向は強いような気がしています。

しかし「どこを省略すべきか」というのは、
それこそ経験則によるところが大きいので、
早い段階で正確な判断が下せることはほとんどありません。

リサーチの方法や買い付け先の探し方は
料理の「レシピ」のようなものです。

普段料理をほとんどしない人が、
一度レシピを眺めただけでなにか作ったとしたら、
果たしてその料理はちゃんとした味になるのか
甚だ疑わしいことでしょう。

料理が上手くなるには、最初はしばらくレシピ通りに作って、
まずはそれを見ないで再現できることを目標にして、
そのあと、少しずつ自分なりのアレンジを加えていく
というのが、おそらく間違いのない方法だと思います。

私も長いこと買い付け先を探したりしていますが、
やるべきことを正確にやりきって、ようやく
最後の最後に新しい買い付け先に出くわすなんてことが
いまだに月に何度もあるほどです。

もしその探している途中で、
「なんとなくもう見つからなさそう」という感覚に身を任せていたら、
おそらくその新しい買い付け先は見つからなかったと思います。

「分かった気になる」というのが一番恐ろしいことです。

「自分はもう出来ている」と思った瞬間から、
人はその分野では成長することがとても難しくなります。

ぜひ「基礎」をバカにせずに、
今一度その重要性を考えてみてほしいと思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから