効率よく成果を出すには細部にもこだわります。(第156回2014年3月29日)

こんにちは、エスノです。

先日、今月の実績は
ギリギリ300万円行くかどうかだから
残りの日数でなんとか頑張ろうと思います
と書いたのですが、よく見直したら計算が間違っていて
どうやっても280万円が限界でした^^;

まあそういうミスもありますね…。

ちなみに内訳は、現時点到着分が230万円で、
発送済が23万円、明日発送予定が27万円です。

今日は一日バタバタしておりました。

昼前に起きてちょっと出掛けて、
夕方から大学時代にバイトでやっていた
塾の教室長のお見舞いに当時の友人と。

室長はまだ40前で若いのですが、
一昨年くらいから体調を崩してしまい、
結局骨髄移植をするほどの大病でした。

年明けに移植して経過も悪くなく、
ようやく退院の目処が立ってきた感じです。

去年の10月に入院して以来、
ほとんど毎週のように見舞いに行ってましたが、
本当に回復してくれて良かったです。

私も今年で30なので、そろそろ
人間ドックとかちゃんと行かないといけませんね。

さて、BUYMAの話なのですが、
今さら言うまでもなく、私はとにかく、
いかに効率よく稼げるかということを重視して
バイヤー活動に勤しんでいます。

それはリサーチであったり、
買い付け先を探すときであったり、
あらゆることにおいてそうなんですが、
そういう分かりやすく売上に繋がるポイント以外にも、
かなり細かい部分でもこだわっていることがあります。

例えば、お客さんからの問い合わせへの回答は、
極力テンプレートでするように心掛けています。

お客さんへのメッセージというのは、
だいたいパターンが決まってきます。

大きく分けて、受注前の質問への回答と
受注後の進捗報告があるわけです。

前者であれば、在庫の確認などがそうですし、
後者であれば、受注直後、買い付け完了後、
手配途中の報告などという感じですね。

もちろんこういうのをテンプレートに登録して
出来るだけそれを使って回答しているバイヤーさんが
ほとんどだと思います。

ですが、もうちょっとこのテンプレート
というものの存在を効果的に使うのであれば、
「労力を使って作った回答」というものこそ、
必ず保存しておくべきです。

例えば、お客さんから返品を求められた際に、
なんとか粘り強く交渉して、返品にならず
ちゃんと満足をいただけた時のメッセージなどは
すぐに保存して、次に同じような場面になったら
いつでも使えるようにしておくわけです。

私の例で言えば、仕方のない理由で
受注後に3万円値上げせざるを得なかったときに、
お客さんにその提案をして、最終的に取引を
満足で終えることが出来た文面がありました。

その文面を作るのにはちょっと時間が掛かったのですが、
そのあと同じような場面で使ったときにも
その文面は、同じように効力を発揮してくれたわけです。

このときは一度作ったものに
ちょっと手を加えるだけだったので
まったく時間は掛かりませんでした。

使う頻度は多くないわけですが、
こういう特殊な状況に打ち勝ったことは
それ自体が財産になるので、絶対に
しっかり保存して再利用できるようにしたほうがいいですね。

あとは、ものすごい細かいところだと
梱包には、手で千切れるテープを使っています。

以前は見栄えもいいかと思って
透明な梱包用のテープを使ったりもしたのですが、
作業の早さを考えたら手で千切れるのが一番だと思い、
今は普通の布テープを使っています。

ちょっと細かい話をざっと挙げましたが、
とにかく時間を出来るだけ使わずに、
最大の成果を出すために工夫できることは
ものすごくたくさんあるはずなので、
ぜひいろいろ意識してやってみるといいと思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから