リサーチのときに●●は気にしていますか?(第147回2014年3月17日)

こんにちは、エスノです。

今日は京都でコンサル受講生と
4時間近く面談をしてきました。

この方は、
これまで販売件数は数十件あるものの、
人気商品をリサーチして「狙って」売る
という経験がほとんどなかったので、
リサーチの仕方をかなり細かく説明しました。

あとは私がやってみせたことを、
ご自身が実践して、ひとつひとつ
身に付けていくだけです。

さて、この説明をしながら改めて気付いたのですが、
私は商品リサーチのときに、商品の
「お問い合わせ」をけっこう意識しています。

お客さんから何件お問い合わせがあるのか、
というのも、その商品の人気を測る、
ひとつの指標となり得ます。

また、お問い合わせがいつ来たのか、
あるいはどのくらいの頻度で来ているのか
ということも重要です。

アクセス数やほしいもの登録数は多いのに、
最後にお問い合わせが来たのがかなり前なら、
もう旬の過ぎたアイテムである可能性があります。

あるいは、お問い合わせが
短い間隔で数件来ているならば、
アクセス数やほしいもの登録数以上に
お客さんの需要の高い商品かもしれません。

考えてみれば当たり前のことですし、
慣れている人は自然に気にしていることですが、
もし今まであまり意識していなかったという場合は、
一度気にしながらリサーチしてみてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから