BUYMAでの商品説明の書き方。(【第40回】2013年9月16日)

こんにちは、エスノです。

昨日ちょっと書きましたが、
今北海道を旅行中です。

15時過ぎに新千歳について、
白い恋人パークで工場見学したあと、
藻岩山にロープウェイで登って夜景を眺めました。

moiwa

あいにくの天気だったのですが、
思ったより夜景は綺麗に見えて、
なかなか良かったです^^

そのあとすすきのまで出て、
はちきょうという居酒屋で晩ご飯。

tukko

いくらをよそってくれるときのパフォーマンスで有名な
名物のつっこ飯は面白美味しかったです^^

さて、旅行記はこのくらいにして、
本題に入ろうと思います。

ビジネスを行うなかで常に考えるのは、
「費用対効果」です。

この場合の「費用」というのは、
なにも金銭的なことだけを指すわけではなく、
時間や手間なども含まれます。

要するに、

「資金や時間など、投資したリソースに対して、
 どれだけリターンがあるか」

ということを常に考えるよねという
当たり前のことを言っているだけです。

しかし、実はこれをきっちり考えている人は、
意外と少ないというのが僕の印象です。

例えばBUYMAで言えば、
「商品説明を書くのに時間を掛けすぎてしまう」
というのはかなり費用対効果の悪いアクションです。

はっきり言って、ブランド品を販売する場合、
商品「説明」の善し悪しは、商品の売れ行きに
ほとんど影響しません。

もちろん、多少は違ってくるのですが、
仮に商品説明が2倍良くなったとしても、
売れ行きが2倍になるかというと、
そんなことは絶対にありません。

それなのに、商品説明を2倍よくするのには、
ファッションの基本やそのときのトレンドを把握した上で、
そのブランドやデザイナーの背景なども学ぶ必要があるので、
かなりの時間と労力が必要になります。

そのことにそれだけ時間を使うのではなく、
その時間で他の人気商品をリサーチした方が、
圧倒的にトータルの成果は伸びるでしょう。

これがもしブランド品の販売でなければ、
商品の説明を詳しくする必要があります。

しかし、「ブランド品」は、
商品そのものの力がすでに強いので、
お客さんもその品の価値を分かっていることが多く、
それほど商品説明をしなくても問題ないというわけです。

先日少し詳しく触れた、
「バイヤー活動に時間が掛かりすぎる」という問題の
原因になっていることもある話ですので、
一度、自分は過剰な商品説明を書いていないか見直してみてください。

それなりにメジャーなブランドの場合、
基本的には本当に簡単な内容で問題ありません。

ではではー。

エスノ

p.s.
記事タイトルをクリックすると、コメントを残すことが可能です。

メッセージを送ることもできるので、BUYMAに関する質問をはじめ、
ご意見・ご感想など送っていただけると嬉しいです^^

  メッセージはこちらから

NEW BALANCEの勢いから学ぶ。(【第39回】2013年9月15日)

こんにちは、エスノです。

昨日は、大学時代にバイトでやっていた、
塾講師仲間の結婚式でした。

来週は趣味の競馬仲間の結婚式で、
さらに10月2週には、前職の同期の結婚式です^^;

僕も30前なのでまさに今ラッシュですw

ちなみに今日から北海道にちょっと旅行に来てます。

3連休を外して日~火にすると、
飛行機もホテルも値段が全然違うので嬉しいです^^

明日はセグウェイ乗ったりする予定なのですが、
一日中雨らしいので、どうなるのか微妙です^^;

さて、最近BUYMAのブランド人気ランキングで、
目立った変化が起きています。

MONCLERがPRADA、CHANELを抜いて1位になった
というのは季節的に毎年恒例のことなのですが、
今、スニーカーのNEW BALANCEが4位を維持し続けています。

あのランキングというのは、
主に売上金額の合計で順位が決まっていると思われるので、
単価の安いNEW BALANCEがこの順位というのはかなり驚きです。

単価が安いのにこの順位ということは、
数がめちゃくちゃ売れているということです。

つまり、今最も売りやすいブランド
と言っても過言ではないでしょう。

しかし、それにしてもこの人気はすごいですね。

もちろん、最近BUYMAのTOPページに
バナーが貼られて特集されたというのも要因のひとつですが、
僕が観察していた限りだと、梨花さんがブログで、
スニーカーのコーデを紹介したあとから、
猛烈にランキングが急上昇した印象です。

やはり、梨花恐るべしです。

まあオシャレな人の間では、
元々流行ってたみたいですけどね

BEAMSとかには、以前からNEW BALANCEは
普通においてありました。

話を戻しますが、ここでこの現象を踏まえて、
自分のバイヤー活動にどう生かすのか、
と考えられる人が他との差を付けられる人でしょう。

そのまま流行りに乗ってNEW BALANCEを売りまくる
というのもひとつですし、あるいは、
梨花が新たなトレンドを生み出さないかを観察するのもいいでしょう。

あるいは、NEW BALANCEに近いブランドを探して、
同じような現象は起きないのかチェックするのもアリです。

大事なのは、そのような方針を決めたら、
ある程度は徹底的にやりこむことです。

上のようなアイディアを出そうとする人は少ないですが、
それをそれなりにやりきろうとする人となるとほとんど皆無です。

もちろん、毎回上手くいくわけではないですが、
上手くいかなければちょっと時間が無駄になった
というだけのリスクですし、もし上手くいけば、
リターンはものすごく大きいです。

世の中をひっくり返すような発明なんてしなくても、
本質をきちんと考えることとそこに行動を伴わせることで、
世間の平均からは大きく乖離した成果を出せるようになります。

それは常に意識して欲しいことですね。

ちなみに、
「NEW BALANCEに近いブランドで同じような現象は起きないのか」
は見ていたのですが、一瞬NIKEがなりかけましたね。

一時期ランキング20位以内によく顔を出していました。

ただ、新しいトレンドを作るまでは行かなかったです。

ではではー。

エスノ

p.s.
記事タイトルをクリックすると、コメントを残すことが可能です。

メッセージを送ることもできるので、BUYMAに関する質問をはじめ、
ご意見・ご感想など送っていただけると嬉しいです^^

  メッセージはこちらから

本質を外さなければ負けません。(【第38回】2013年9月14日)

こんにちは、エスノです。

昨日は、一時来日中の
フランスのビジネスパートナーN氏と
南青山にある「よろにく」という焼肉屋で会食でした。

■レア系お肉の盛り合わせ
写真 13-09-13 18 18 06

真ん中のイチボちゃんがたまりません…。

■追加で頼んだ和牛の握り
写真 13-09-13 19 11 11

■デザートのしろくま風かき氷
写真 13-09-13 19 31 38

この店に来るのは2回目なんですが、
今のところ自分史上最美味の焼肉屋さんです。

上以外にももちろん食べてるんですが、
美味しすぎて写真を撮るのを忘れるほどですw

N氏も喜んでくださって、
お連れした甲斐がありました^^

ちなみに、このN氏、なかなかすごい経歴と人脈の持ち主で、
現在はヨーロッパでの買い付けなどを手伝ってもらっています。

ただ、このようなすごい方との繋がりがないと、
BUYMAで稼げないわけではないです。

N氏のとのお付き合いは、昨年の10月、
僕が凱旋門賞を観戦するために渡仏した際、
パリ市内の観光ガイドをお願いして以来です。

つまり、僕が一番BUYMAで売っていた時期より、
1年以上に知り合ったということなんですね。

このことからも、それは分かるかと思います。

とは言え、現在Nさんに
いろいろ助けていただいてるのも事実ですので、
現地で買い付けできる方がいるのは強力な武器にはなりますね^^

さて、時間の生み出し方という話で
ここ数日記事を書いております。

昨日は、作業の「効率化」「削減」
という視点で書いてみましたが、
これ以外の視点で今日は書きます。

バイヤー活動で時間を使いすぎる原因となるのは、
基本的には「出品数や取引数が多いこと」です。

そのため、僕の販売戦略の基本方針は、

「取引数を抑えつつ、ひとつあたりの利益額が高い商品を販売していく」

というものになっています。

出品数や取引数を抑えられれば、
そのために対応しなければいけないことは、
その数に比例して減っていくからですね。

つまり、この方針を実現できれば、
「新しく時間を生み出す」ことと同じことになるわけです。

ただ、「ひとつあたりの利益額の高い商品を販売していく」
と文章で書くのは簡単ですが、それを実現するのはなかなか難しい、
と感じているバイヤーも多いでしょう。

しかし、実はもうすでに、
この方針を達成するための基本的な戦術は、
このブログでそれなりに取り上げています 笑

まず、

ちゃんとリサーチして「人気商品」を探し出すこと、

そして、

その人気商品の「買い付け先」を押さえていること、

その上で、

「他のバイヤーさんとの競争に勝つ」ための状況を作ること、

さらに、

そこに「短期間で圧倒的なアクセス」を集めること。

簡単に言ってしまえば、これだけのことです。

これも、見る人が見れば、
「なんだよ机上の空論で具体的な話がないじゃないか」
という感想しか出てこないかもしれませんが、
僕からすれば、こういう概略さえまとまっていれば、
具体的な細かいアイディアなんて、いくらでも考え付きます。

これまでもそのような細かい小技は、
いくつかは紹介してきました。

そしてこれからも、どんどん紹介していきます。

ただ間違えて欲しくないのは、
その小技だけじゃ安定してビジネスを続けるのは、
なかなか難しいということです。

常に、普遍的な本質を捉えようとすることを
忘れないようにしてください。

ではではー。

エスノ

p.s.
記事タイトルをクリックすると、コメントを残すことが可能です。

メッセージを送ることもできるので、BUYMAに関する質問をはじめ、
ご意見・ご感想など送っていただけると嬉しいです^^

  メッセージはこちらから