クーポンの上手な使い方。(【第43回】2013年9月20日)

こんにちは、エスノです。

今日は早速iPhone5Sを買って来ました^^

ちょうど1年前くらいに4Sを購入したので、
一気に2段階バージョンアップでテンション上がりますね!

ちょっと触った感じだと、
全体的にサクサク動く感じが4Sと全然違います。

ビジネスでSNS利用する人には、
apple製品は必需品の感すらありますねー。

今BUYMAでは、かなり熱い
2種類のクーポンが発行されています。

ひとつは15000円以上のブーツカテゴリ用の1000円OFFクーポンで、
もうひとつが50000円以上のアイテム対象の3000円OFFクーポンです。

前者は季節モノ対象なので、
ちょうどそろそろ売れ始める時期ですし、
後者は単純になかなか割引額が良いので、
いずれも上手く使っていただきたいところです。

クーポンを上手く売上に結び付けるには、
どうやってお客さんに認知してもらうか
というのがポイントになります。

クーポンが発行されると、
商品ページのカートに入れるボタン付近に
クーポンの詳細が記載されることもあるのですが、
それだけでは他のバイヤーさんと差が付きません。

一番手っ取り早いのは、
「バイヤーからのお知らせ」に書いてしまうことですね。

ここに書いてあることはすべての出品商品ページに掲載されるので、
手間を少なくクーポンの存在を告知するには良い方法です。

あとは、ある程度実績のあるバイヤーさんであれば、
「バイヤーメール」を利用しても良いでしょう。

クーポンの情報と一緒に、
自分が出品しているアイテムの中で
クーポン利用可能な商品も知らせます。

ツイッターなどをやっている場合は、
そこで商品の情報と一緒につぶやくのもいいでしょうね。

こんな感じで、クーポンの存在は、
それを使ってほしいアイテムの情報と
一緒に知らせるというのが基本です。

お客さんというのは意外と面倒くさがりなので、
「3,000円も割引が効きますよ、さあ好きなもの買ってください」
というスタンスではなかなか動いてくれなかったりします。

これはクーポンだけの話ではないので、
気を付けるようにしたほうがいいですね。

ちなみに金額で利用の可否が決まるクーポンの場合、
出品商品の価格を無理やり利用可能金額以上にする、
というのは面白い戦術です。

ただもちろん、25000円くらいが相場のアイテムを、
クーポンを使えるようにするためだけに50000円にしても、
誰も買ってくれるわけがありません。

単価をただ上げすぎるだけでは意味がないので、
例えばセット販売とかをしてみるのはどうでしょう。

27,000円のAという商品と、26,000円のBという商品を
まとめて買えば50,000円でOKという商品ページを作るわけです。

それであれば、
「まとめ買いの割引」+「クーポンの割引」が効いて、
かなりお得感がある気がします。

しかしこれも、関連性の低い商品をまとめ売りしても、
なかなかお客さんには響きません。

例えば、同じブランドの季節モノで統一するとか、
なんらかの関連性を強調して出品したいところですね。

ではではー。

エスノ

p.s.
記事タイトルをクリックすると、コメントを残すことが可能です。

メッセージを送ることもできるので、BUYMAに関する質問をはじめ、
ご意見・ご感想など送っていただけると嬉しいです^^

  メッセージはこちらから

海外バイヤーさんの戦い方。(【第42回】2013年9月19日)

こんにちは、エスノです。

昨日は前職の先輩方とご飯に行ったのですが、
そこで飲みすぎて更新できませんでした^^;

集まったメンバー6名は、
僕を含めてすでに全員辞めているのですが、
全員独立して自分で事業をやっています。

他にも退職後に独立してやっている人が多いんですが、
そう考えると不思議というか、変な会社ですねえ。

北海道旅行からは一昨日帰ってきたのですが、
この日は朝から人生初の乗馬を体験してきました。

馬のコントロールの仕方を、
ものすごく簡単に5分くらい説明を受けて、
そのまますぐに山の中のトレッキングコースを散策してきました。

4923

馬は素直でとても可愛かったです。

こちらの乗馬クラブとかでもまた乗りたいですね^^

昼は大通公園で茹でたてのとうきびを食べ、
夕方からアサヒビールの工場見学で、
出来たてのスーパードライを試飲してきました。

写真 13-09-17 13 09 59

写真 13-09-17 16 11 36

無料で一人三杯まで飲めるという素晴らしいプログラムですw

ビール工場の見学自体もとても面白かったですね。

北海道全域をカバーする生産量の工場なのですが、
そこで勤めている人間の数は約70名ほど。

しかもシフト勤務なので、
一度に働いている人数となると25名程度いるかどうかで、
完全にオートメーション化されているわけです。

ここまで機械による仕組み化が進んでいると、
もはやビールが生み出されているというよりは、
お金がじゃんじゃん刷られているという感覚に近い気がします。

これだけの大企業が、
これだけ徹底した自動化をやっているわけですから、
個人単位でやっている僕のような人間も負けてられないと
妙なライバル意識が芽生えました^^;

さて、ご存知のように、
BUYMAのバイヤーさんには、
日本在住の方と海外在住の方がいます。

BUYMAのコンセプトやプレミアムバイヤーに占める割合的に、
なんとなく海外バイヤーさんの方が有利なイメージがありますが、
実際どちらかが絶対的に有利ということはなく、
それぞれにメリット・デメリットがあるというのが真実です。

例えば、日本に在住しているバイヤーさんの場合は、
世界中のオンラインショップから買い付けが出来る
というメリットがあります。

一方で、海外の店舗にある在庫は買い付けがしにくい
というデメリットもあるわけですね。

逆に、海外在住のバイヤーさんは、
居住している国の店舗の在庫を買い付けしやすい
というメリットがあります。

その一方で、例えばアメリカのバイヤーさんが、
アメリカ以外の国のアイテムを買い付けするときには、
一度手元に取り寄せた段階で関税が掛かってしまう
というデメリットもあります。

このように、一長一短なわけですね。

他にもいろいろあるわけですが、
とにかくどちらかが絶対的に良いというわけではありません。

これまでは基本的に、
僕と同じ日本在住のバイヤーさん向けに、
BUYMAの攻略法を書いてきたのですが
では海外バイヤーさんはどうやって戦っていくのがいいでしょうか。

もちろん、人気商品を出品したりとか、
そういう基本的な戦略というのは変わりません。

ですがさっきも書いたように、
海外バイヤーさんにはそのポジションならではの
強みというのがあるのも事実なので、そこを生かすべきです。

例えば、これも先ほど書きましたが、
店舗での買い付けに注力するというのは良い方法です。

特に、居住国生まれのブランド、
アメリカならコーチやケイトスペードなどなど、
ヨーロッパならプラダ、モンクレールなどなど、
を中心にせめて行くのはよい作戦でしょう。

あるいは、シャネルやヴィトン、セリーヌなど、
オンライン販売がないブランドを攻めてもいいかもしれません。

かなりざっくりと書きましたので、
実際にやってみる段階でまた問題は出るかもしれません。

例えば、すぐに思いつくところだと、
店舗にしか在庫がないアイテムの場合、
出品用の写真をどうするかという問題があります。

やはり店頭で商品の写真を撮りまくるのは、
特にハイブランドであればあるほど、
あまりいい顔をされません。

しかし、これは色んなバイヤーさんを見れば分かるように、
実際に撮影している方はたくさんいるので、
方法がないわけではないのです。

じゃあ実際どうすればいいのかというのを考えるわけですが、
ぱっと思いつくのは、店員さんと仲良くなるとかだと思います。

あるいは、お客さんを装ってそのバイヤーさんと仲良くなって、
どうやって写真を撮っているのかを聞き出してもいいでしょう。

こういう感じで、
細かいところはいろいろアイディアを出していくことで、
他のバイヤーさんと差をつけていくことが可能です。

まあそれに関しては、
どこに住んでいようが同じことですね。

ではではー。

エスノ

p.s.
記事タイトルをクリックすると、コメントを残すことが可能です。

メッセージを送ることもできるので、BUYMAに関する質問をはじめ、
ご意見・ご感想など送っていただけると嬉しいです^^

  メッセージはこちらから

BUYMAの2014年度上期の決算発表会資料を読んで。(【第41回】2013年9月17日)

こんにちは、エスノです。

昨日は北海道旅行二日目でした。

あいにく台風の影響で天気は微妙。

この日は、
僕が競馬にのめり込むきっかけになった競走馬、
グラスワンダー号が繋養されている、
日高のブリーダーズスタリオンステーションという牧場に行きました。

愛しの名馬に会うために
朝が苦手な僕がちゃんと6時に起き、
札幌から片道2時間かけ在来線を乗り継ぎ、
遠路はるばるやってまいりました。

しかしながら、なぜか牧場の入り口には、
「今日は見学できません」の立て看板…。

理由はよく分からないのですが、
結局、往復で時間にして4時間、交通費にして1万弱を無駄にして
僕の愛しの名馬に巡り合う旅は終了しました(´Д`)

しかも午後から予定していたセグウェイ体験も、
天気が悪く中止との連絡が入り、
それならばと札幌駅で食べたラーメンは美味しくなく、
もうホテルに帰って不貞寝するしかありませんでした^^;

夜はサッポロビール園でジンギスカンと蟹を食べられたので、
これだけが救いでしたね。

写真 13-09-16 20 44 48

写真 13-09-16 21 03 08

蟹デカイです(・∀・)

写真 13-09-16 21 55 32

9月13日にBUYMAの運営企業であるエニグモの、
今年度の上半期の決算資料が公開されました。

そのなかでも「決算説明会資料」というのが、
グラフなどで見やすく図示されていたりして、
要点が分かりやすいため、これには目を通した方がいいでしょう。

さて、この元のデータは
エニグモのオフィシャルサイトから
ぜひご自分で確認していただきたいのですが、
簡単に言えば、今回の説明会の結論としては、

「BUYMAまだまだめっちゃ伸びてる」

ということになります。

なんか決算発表があるたびに思ってるんですが、
とにかくその通りなんだからしょうがないです。

ご存知だと思いますが、エニグモは、
昨年の7月にマザーズにて株式公開した、
れっきとした上場企業です。

さすがに多少は落ちましたが、
それでも、BUYMA内での取扱高は
前年の同時期比較で約30%も伸びています。

また会員数も同様の比較で約50%成長し、
過去1年以内に購入経験のあるアクティブユーザー数は、
約70%も成長しています。

単純に、お客さんの数がこれだけ伸びている、ということは、
まだまだバイヤー側の参入の余地があるということです。

もちろん、以前も書いたように、
「なにも考えずに出品しまくるだけ」
というレベルでは、ほぼ成果は出ないでしょう。

しかし、ちゃんとバイヤーとしての力を付けさえすれば、
これだけ新規のお客さんが来てくれるわけですから、
上手くいかないはずがありません。

そして、バイヤーとしての能力を高めるのに、
ファッションやブランドに詳しくなる必要はありません。

これも以前書いたと思いますが、
ファッションなどに詳しければプラスにはなりますが、
詳しくないからと言ってマイナスにはならないのです。

それはこれまでの記事を読んでいただければ分かると思います。

当然ですが、BUYMAのマーケットが伸びているということは、
バイヤーが販売した売上が増えているということです。

「BUYMAはすでに価格競争になっていたり、
一部のバイヤーが強すぎて、今から参入しても稼げない」
という主張をする方もいるそうですが、
それはただの勉強不足、能力不足の言い訳に過ぎませんので、
そういうのに振り回されないように気をつけましょう。

ちなみに、決算資料には、
今後のエニグモの中期ビジョンとかも書かれています。

BUYMAもあと数年は伸び続けると思いますが、
ビジネスの常として、永遠に伸び続けることはありえません。

BUYMAが順調な今のうちに、第2、第3のBUYMAを生み出すべく、
いろいろやろうとしているのが分かりますので、
ここも見ておくといいと思います。

ではではー。

エスノ

p.s.
記事タイトルをクリックすると、コメントを残すことが可能です。

メッセージを送ることもできるので、BUYMAに関する質問をはじめ、
ご意見・ご感想など送っていただけると嬉しいです^^

  メッセージはこちらから