最近リサーチしていて思うこと。(第307回2014年11月12日)

こんにちは、エスノです。

昨日のメルマガで、ネタが出なくて
パソコンの前に6時間いましたと書いたら、
以前コンサルを受けてくださったTさんをはじめ、
励ましのメールを何通かいただきました^^

そんなつもりはなかったので、
嬉しいやら情けないやら複雑な心境でしたが、
皆さんの優しさに励まされた次第です笑

そのTさんは、10月の利益が
なんと47万円までいったそうです!

本業も忙しい中で本当に凄いです。

ただ取引数もかなり多いので、
もうけっこう限界に近いとのこと。

(月利30万円超えたときも同じことを仰っていましたが笑)

ぜひもっと効率的に成果を出せるように、
シフトチェンジしていっていただきたいところです。

さて、書くネタも出るときはすぐ出ます。

今日は、最近ちょっと感じている、
BUYMAの直近の傾向について。

最近少しずつ、以前よりも買い付け先の探しにくい
パーソナルショッパー(PS)さんの数が増えている印象があります。

それはあらゆるブランド、商品において、
というわけではないのですが、しかしながら、
着実に広がっている感じがしています。

例えば、以前なら画像検索をするだけで、
買い付け先が見つかることはよくありましたが、
ここ1年くらいで、それではすぐに見つからない
というケースが増えたような気がします。

これは当然といえば当然のことで、
以前からお伝えしている通り、PSにとって、
最も重要な能力は「買い付けの力」に他なりません。

他のPSさんより優位に立てる買い付け先を
そうそう簡単に探されては困るわけです。

そのため、画像検索で見つからないように、
あえて「同じ商品」の「別のショップの画像」を使おう
というような記事を私も以前書いたことがあります。

そういうことを実践されるPSさんが増えて、
買い付け先が探しにくくなることは、
ある意味では仕方がないことです。

大事なのはそういう環境になってきているとして、
それにどうやって対応していくかを考えることですね。

探しにくい買い付け先を探す一つの方法としては、
まずライバルの商品ページ以外で商品の情報を探し、
その情報を元に検索を進めるというのがあります。

これも以前書いたことのあることですが、
例えば、ライバルの商品が
farfetchで見つかったとすれば、
そのままでは価格で勝てなかったとしても、
そこで商品の品番を確認することができます。

※参考:FARFETCHの買い付け以外の使い方。(第261回2014年8月30日)

http://steermylife.com/959.html

その品番を元にさらに検索をすることで、
目当ての買い付け先に辿り着けたりします。

そして、そうやって少しずつ、
shopstyleにはないようなショップを集めていき、
今度は逆に自分が出品するときに、
他のPSさんから分かりにくいように手を加えれば、
今手強いと思っているライバルと、
同じような立場に近付けるというわけです。

一朝一夕ではなかなか難しいですが、
ぜひこういう方向性で差別化することを
意識してもらえればと思います。

なお、そこまでしなくても
shopstyleにあるような定番ショップで、
簡単に在庫が見つかる商品もたくさんあります。

経験が浅いうちは、
まずそういうショップに慣れることを
ないがしろにしないように気を付けてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから