BUYMAで経験が浅いうちにしてはいけないこと。(第246回2014年8月5日)

こんにちは、エスノです。

現在、個別コンサルの募集を行っています。

募集期間は明日8月6日(水)24時までで、
今月の募集人数は3名です。

安定して効率よく利益を出せるようになりたい方は、
ぜひ以下をご覧ください。

■個別コンサルティング詳細

http://

※メルマガでのみ募集しました。

少なくとも対面ありのまったく同じ形態では
新規の募集はしばらく行いません。

今後は、今回応募してくださった方から
枠が空き次第、順番にご案内していきます。

さて、うだるような暑さが
本格的な夏の到来を感じさせる今日この頃ですが、
先日もお伝えしたように、MONCLERが売れています。

今日の時点で人気ランキング、
レディース3位、メンズ2位です…。

まあMONCLERはちょっと異常だとしても、
すでに秋冬物は売れ始めています。

実際にコンサル生からもブーツが売れた
という報告をいただきましたし、私も
ブーツをすでに売っています。

こんなに暑いのに秋冬物なんてと思わず、
そんな先入観は捨て去って、いつも通り、
人気の指標から商品の人気を見極めて、
買い付け先を探し出すという一連の流れを
ちゃんと踏むことが重要です。

ただこれは、なにも
季節モノに限った話ではありません

結局やることは、春夏物でも秋冬物でも、
低価格商品でもハイブランドでも、
レディースでもメンズでも、洋服でも
アクセサリーでも、特に変わらないわけです。

リサーチの入り口として、
まずそういう分かりやすい特徴が目立つだけで、
そこで短絡的に判断を下してしまうと、
実は低価格でも高い利益が取れる商品があったとしても、
せっかくの機会をみすみす見逃したりしてします。

もちろん、一連の流れをしっかり経験した上で、
このブランドは買い付け先が見つけにくいとか、
このパーソナルショッパー(PS)の商品は、
参考にしにくいとか、そういう判断をして、
少しずつ効率よくリサーチしていこうとするのは
特に問題はありません。

ただ、その「しっかり経験する」の度合いが
特に一人で取り組んでいる場合だと、
なかなか分からなかったりします。

私から見ればもう少しちゃんと見るべきでも、
PS経験が浅い場合は、買い付け先を探したりするのを、
どのくらいやりこんでいいのか、あるいは、
どうやってやりこめばいいのか分からないというのは、
仕方のないことでしょう。

それが一定以上の精度で分かるのは、
基本的にはすでに成果を出している場合のみです。

経験の浅いうちに、
表面的な特徴で変に見切りをつけるのは
百害あって一利なしなので気を付けましょう。

コンサルを申し込んだ方は、
そのあたりを徹底的にやりますので、
ぜひ期待していてください。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから