エスノはなぜ転送を使わないのか。(第236回2014年7月18日)

こんにちは、エスノです。

今週はメルマガサボり気味ですが、
日曜からバタバタしていたせいか、
ガス欠になってました笑

さて先日こんなメールをいただきました。

======================================

ヨーロッパブランドの輸入代行会社で
オススメの会社はありますでしょうか?

エスノさんは代行会社を使うのではなく、
現地バイヤーを雇っていらっしゃるとのことでしたが、
私はまだbuymaを初めたばかりなので、
今のうちは代行会社を使いたいと思っています。

======================================

ヨーロッパの代行業者は
手数料がかなり高いことも多く、
私はこれまで1度しか使ったことがありません。

その業者さんは以下です。

http://ukbrandshop.com/

イギリスの業者さんなのですが、
手数料も安くて対応も早かったです。

さて、ひとつ誤解があるのですが、
私は現地で買い付けを手伝ってくれる方を
これまで雇ったことはありません^^;

お願いすれば手伝ってくれる友人はいますし、
一回も使ったことがないわけではないのですが、
そもそも私の主な買い付け先は、
日本に直送してくれるショップなので、
お願いすること自体ほとんどありません。

なんでもっと使わないかというと、
これは単純で手間と時間(と費用)が
余計に掛かるからです。

当たり前ですが、
現地で受け取ってそれから日本に配送となると、
その分余計に時間が掛かります。

さらに、それに伴って
進捗管理、お客さんへの報告などの手間も、
指数関数的に増加していきます。

もちろん転送のための手数料も
掛かることは言うまでもないでしょう。

もしかすると、
そんなに手間と時間を惜しまなくても…
と思うかもしれませんが、私はそう考えていません。

実際に活動しているとよく分かると思うんですが、
これらに対応するのは、手間も時間も
思ったよりずっとかかるし、なにより
精神的な消耗度合いがとても大きいです。

結局「効率よく利益を出す」ということは、

「売上に直結することにどれだけ時間を割けるか」

に掛かってきます。

配送の進捗管理やお客さんへの報告、
あるいはそれらに伴って発生する
さまざまなトラブルの対処というのは、
その行為だけ見れば売上には一切繋がりません。

もちろん、それらをなぜするのかといえば
商品を届けたあとに「満足」の評価をもらって、
今後のお客さんへの信用を手に入れるためなので、
そういう意味では売上につながる行為です。

ただ、それらに掛かる手間は、
削減できるものならしたほうがよいことに
誰も異論は唱えないでしょう。

そうやって生み出した時間と心の余裕を、
リサーチや出品作業に当てたほうが
効率的に利益を出せるのは間違いありません。

そういった理由から、私は
買い付け予定だったショップに在庫がなく、
かなり大きな利益が見込めそうなときくらいしか、
現地での買い付けを利用しないというわけです。

というか、またそもそもの話なのですが、
ヨーロッパから買い付ける場合は、
日本に直送してくれるショップから買ったほうが
安く買い付けが出来るんですよね。

なぜなら約20%分の現地消費税が抜けるから。

もちろん、シャネルなどのように
現地でしか買えないアイテムの買い付けなどを
どうしてもしたいんだ!という場合は、
現地買い付けをせざるをえないわけですが、
それをしなくても十分稼ぐことは出来ます。

結局何が言いたかったかというと、
私のように面倒くさがりの方は、
日本直送買い付けをメインにすることを
オススメしますよという話でした。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから