「レシートを付けて」と言われたら。(第274回2014年9月18日)

こんにちは、エスノです。

今週はなんだかバタバタしてしまって、
気付いたらメルマガをだいぶサボってしまいました…。

「めちゃくちゃ忙しい」というわけじゃないのですが、
ちょっとイレギュラーなことでリズムが崩れると、
とりわけ毎日継続していることが疎かになりがちです。

反省反省。

さて、結局ドルに続いて、
ユーロもポンドもかなり高くなってしまいましたね。

(ポンドはスコットランドの件があるので、
明日以降またどうなるか分かりませんが)

とは言え、もうすぐセールシーズンですし、
そのあとは来年の国内定価の値上げの時期なので、
その頃には変動も落ち着いて、気付いてみたら、
あんまり関係なかったなとなりそうな気もします。

いずれにせよ、予測しても仕方ないですし、
まして我々の力が及ぶことなど何もありませんから、
今の状況で戦える場所を見つけて売っていくだけですね。

さて、先日コンサル生が、お客さんから

「商品と一緒にレシートを付けて欲しい」

という要望をいただいたそうです。

しょっちゅう、というほどではないにせよ、
「正規品の証明」として、たまに
レシートを求めるお客さんはいらっしゃいますね。

まず、こういう場合、
私は価格の部分を塗りつぶしたコピーを、
商品と一緒に入れてお送りします。

もちろん、海外のオンラインで購入した場合、
感熱紙に印字された、いわゆる「レシート」は
付いていないことがほとんどなので、
A4の紙とかに印刷されている購入明細みたいなやつを
コピーして送っているわけです。

このとき、価格を隠したところで、
当然購入したショップは分かってしまうので、
お客さんがあとから価格を調べようと思えば、
その商品が売り切れていない限り分かってしまいます。

ただ購入先すら隠してしまっては、
何も意味がなくなってしまうので、
そのへんはあまり気にせず送ってしまっています。

ちなみに、過去に何十件か
購入明細のコピーを同封して送っていますが、
あとから文句を言われたことは一度もないです。

ところで、そもそもの部分を考えたいのですが、
お客さんは別に「レシートそのもの」が欲しくて、
そんな要望を出してくるわけではありません。

お客さんが求めているのは、
「正規品であることの証明」です。

「ちゃんとしたところから買ったのか」
ということを知りたいわけですね。

そういう本質的なことを考えれば、

「購入明細」のコピーを同封するだけでは不完全

だということに気付くでしょう。

いまやネット通販は完全に市民権を得て、
海外から買物をする人も少しずつ増えているとはいえ、
購入明細に書かれた海外のショップが
どんなショップなのか知らないお客さんのほうが
圧倒的に多いことは間違いありません。

我々からすれば常識とすら言える、
アメリカの大手デパート、サクスとかニーマンですら、
知らない人が大半を占めると思います。

ということは、その購入したショップは
「ちゃんとしたショップだよ」ということも
あわせて伝えてあげるのが親切ですし、
余計なトラブルを割けるという意味でも重要です。

明日はちょっと具体的な事例を上げて、
この話の続きをしたいと思います

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから