メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

【第4回】 木坂さんのグループ面談行ってきた(2013年6月7日)

こんばんは、エスノです。

うーん、実に不満。

昨日の記事、読み返してみると、
読み味が面白くない。

やっぱり寝る前にダーッと書いても
あんまりいいものは書けませんね。

内容はいいこと言ってますけども、
それだけじゃ書く意味なんてないから反省しております。

生きてるからには、
日々世の中に価値を提供したいものです。

さて、今日はBUYMAの話はお休みで、
本日行われたみんてぃあさん主催(なのか?)の
木坂さんのグループ面談に行ってきました。

その話を、まあ備忘録も兼ねて。

まあ木坂さんって誰?とか、
みんてぃあさんって本田△の別名?とか
思うこともあるかもしれませんが、
そこは華麗にスルーしておきます。

とりあえず、実にまともな方々で、
その考え方や思想に触れると常に学びがある、
数少ない素敵なお二人だと思っています。

で、今回のグループ面談は、
年明けから全6回(結局7回になりましたが)構成で行われた、
木坂さんの「STAY GOLD」というセミナーのexpart plusコースの
特典とかそんな感じのようなものですたぶん。

このセミナーで一貫して言われてきたのは、結局

「世の中の事象を少しでも多くの角度から見れるように努力をし、
 その方向でもって「真理」に近づき、
 人としてのステージを高めていきましょう」

というようなこと。

不確実性が高く、将来の見通しが極めて悪くなった現代においては、

「自分で自分の人生をデザインする」

という発想が必要不可欠です。

大きな時代の流れとかがあまりに不確実ならば、
自分とその周囲の環境を、自らの好ましいように設計できないと、
怖くておちおち生きていられないので、まあ当たり前の話です。

具体的に例を挙げるなら、
もう大学を出たというだけで就職できる時代ではないし、
就職できたとしても、いつクビを切られるかも分からないわけです。

大手の家電メーカーとかヤバいですね。
早期退職者の募集人数がすさまじいことになってます。

そんな時代なので、自分の身は自分で守れるようになっていないと、
なんかあったときに非常に困りますね。

それは、別に独立にこだわらなくてもよくて、
会社の中で唯一無二のポジションを確立して、
いろいろ組織の中で融通が利くようにしておくとか、
いろんな方法が考えられると思います。

そのひとつの方法として、自分でビジネスを立ち上げよう、
そしてこれからの次代、どういうことに重点を置いて、
そのビジネスを設計していくべきか、という話がセミナーのテーマでした。

そのセミナーの内容については、
またおいおいこれから書いていくわけですが、
結局とどのつまり、何をすべきかというと

「自分のステージをあげましょう」

ということに尽きるというのが結論です。

「ステージ」はドラクエとかの
「レベル」という概念が分かりやすいと思います。

あれは「モンスターを倒す」という、
実に暴力に特化した「経験」を積んでいくことにより、
ある段階を超えると、自身の能力が一気に上がるわけですが、
まさにあれを、現実世界で自らに対して行いましょうということです。

ドラクエと現実が異なるのは、もちろん「経験」の内容ですね。

現実では暴力行為だけではなく、
様々な経験を積む必要があります。

それは、地道だったり、長く続ける必要があったり、
ときに過酷だったりするものかもしれませんね。

でも、ドラクエでレベルが上がれば、
それまで苦労して倒していたモンスターが楽に倒せたりするように、
現実でステージが上がると、「自分の可能性」が広がるわけです。

そうすれば、自分の人生を、
より望ましい形に設計することが出来る。

何を当たり前のことを、と思うかもしれませんが、
でもこれが出来ればよいというのは誰もが納得するところでしょう。

しかし、世の多くの人は、そうはしません。

それどころか、何とかして何もせずに、
ステージが上がったのと同じような環境になれないか、
というような考えさえ持ってしまったりします。

木坂さんは、そんなわけないでしょ、
という至極当たり前のことを、自らの経験と、
その自身のステージの高さから発せられる何らかのものを通じて語る、
実に良心的な人間だと思います。

一言で言ってしまえば、とてもまともです。

僕はまともなものが好きなので、
しばらくはこの人から何かを吸収していきたい
と思っているわけですね。

ではではー。

エスノ

【第3回】 BUYMAの基本戦略(2013年6月6日)

こんばんは、エスノです。

今日も、すでにBUYMAを知っている人には、
あまり面白くない話になるかもしれません 笑

さて、昨日はBUYMAについての大まかな概要と、
そのメリットをいくつか紹介しました。

今日は、とりあえず始めようと思ったときに、
まず何を考えるべきか、について書いていきます。

当然、始めるとなったら単純な登録作業なんかもありますが、
そういうこまごましたことはひとまず置いときます。

今回は、これさえ外さなければ間違いない、という
最も基本的かつ重要で、それでいて
本当にシンプルな戦略についてです。

これが押さえられている人は、
よほどひどいパソコン音痴でない限り、
絶対に成果が出るようになります。

さて、昨日、
ブランドやファッションに詳しくなくても構わない、と書きましたが、
じゃあどうやって扱う商品を決めるんだ、という疑問が、
ごく当たり前に湧いてくると思います。

確かに、人気のブランドや流行のファッションを知らなければ、
なんとなく何を出品していいか分からなさそうな気がします。

しかし、繰り返しますが、そんなことはまったくないです。

ここで考えて欲しいのは、

「商品がものすごく売れる状況とはどういうものか」

ということです。

で、早速、その結論を書いてしまうと

・すごく人気のある商品を、

・すごく信用のあるバイヤーが、

・すごくお得な価格で、

・そのバイヤーしか出品していない

この条件が揃っていれば、間違いなく売れますね。

いやいやエスノさん、
何を当たり前のことを言ってるんですが、
そんなこと小学生でも分かりますよ、
それが出来ないから苦労してるんでしょ

そんな声がどこかから聞こえてくる気がします 笑

そうです、実はこの条件を「すべて」満たすのは、
なかなかできることではありません。

でも、これも当たり前ですが、
これらを最初から出来る必要も、
また、すべての場合において出来る必要も、
まったくありません。

出来る限りこの条件に近付けられるように
実践していけばいいんです。

さて、さっきは簡単な言葉で分かりやすく書きましたが、
もうちょっと詳しく書いてみましょう。

■すごく人気のある商品を、

これは、商品の「需要」について考える、
というように言い換えられます。

お客さんが欲しがる商品を扱いましょうと。

じゃあ、お客さんが欲しがる「人気商品」は、
どうやったら探せるのか考えればいいわけです。

■すごく信用のあるバイヤーが、

いくら人気商品でも、怪しい人からは買いたくありません。

やはりブランド品ということで、お客さんの頭の片隅には、
どこかに「偽物」を売っているんじゃないか、
という不安が付きまとっています。

BUYMAはそのへんのイメージを上手く作っていて、
「ほとんど偽物が売られていない、偽物の取締りが厳しい」
と思われてはいるものの、そうは言っても、というわけです。

じゃあバイヤーの信用を高めるにはどうするのか、
ということを考えようということになります。

■すごくお得な価格で、

当たり前ですが、基本的には同じ商品は、
出来るだけ安く買いたいものです。

BUYMAが以前ユーザーに調査したアンケートでも、
7割の方が「購入の決めて」を「価格」と回答していました。

じゃあ出来るだけ安くするにはどうするかを考えます。

■そのバイヤーしか出品していない

これは「供給」についてですね。

販売者がひとりしかいなければ、
必然的にそこから買うしかなくなるわけです。

それについても何か方法がないか考えます。

まとめると、「需要」が高く「供給」の少ない商品を、
「信用のあるバイヤー」が「お得な価格」で販売する、
この状況を常に意識しながらやっていけばいいわけです。

ものすごく当たり前のことですけど、
バイヤーを始めて2年が経過した今も、
一番大事なのはこれだと改めて思います。

これが分かっていれば、
なぜ売れないのかという分析も出来るので、
そこからまた改善を重ねていくことが出来ます。

本当に万能の基本戦略ですので、
馬鹿にしないで覚えてくださいね。

明日以降で、さらに具体的に、
上の条件について細かく書いていきます。

ではではー。

エスノ

【第2回】 BUYMAとは、そしてそのメリットとは!(2013年6月5日)

こんばんは、エスノです。

今日はまあ最初ですので、「BUYMA」とは何ぞや、
ということを書いていきたいと思います。

BUYMAをすでに知ってる人にとっては、
最初のうちはあんまり面白くないかもですね 笑

まあ僕なりの視点を入れつつ、
出来るだけ面白くなるようには努力します。

BUYMAというのは、ざっくり言うと、

「日本国内の、ブランド品を安く買いたい人」

「ブランド品を海外で安く買い付けが出来る人」

を、結びつけるサイトです。

ご存知かもしれませんが、
ブランド品ってだいたい海外の方が安いです。

コーチとかは、アメリカで買うと、
日本の半額くらいの価格で買えてしまいます。

■日本のコーチのオンラインショップ
coachjapan
■アメリカのコーチのオンラインショップ
coachusa

上の画像の「価格」と、その横の「商品番号」を見てください。

商品番号が同じなので紛れもなく同じアイテムですが、
日本で買うと59,850円なのに対して、
アメリカで買えば34,800円(1ドル=100円換算)で買えて、
なんと25000円もお得なわけです。

どんだけボッタくられてるんだ日本人、という話ですね 笑

これだけ価格差があるがゆえに、
海外でコーチのバッグとかを購入して日本の人に売ったとして、
そこに自分の手間賃分の利益を乗せていたとしても、
まだ日本国内のコーチの同じ商品の価格よりは安いんです。

BUYMAでは、このように、
海外でブランド品を安く買い付けられる「バイヤー」が、
自分が仕入れられる商品を数多く出品しています。

それらを、お客さんとなる日本のブランド品が好きな人が見て、
自分の欲しいものを購入していくというわけです。

言われてみれば、なんてことない仕組みなんですが、
このバイヤーとお客さんとの一連のやり取りを、
間にBUYMAが入ってお金の流れをコントロールすることで、
お客さんは、もし商品が届かなければお金が返ってきますし、
バイヤーも、商品を届けたのに支払いがされないことがないので、
お互いに安心して取引が出来るようになっています。

まあこのあたりは、BUYMAのwebサイトに書いてあることですね^^;

そしてさらに、当たり障りのないことを書きます 笑

BUYMAのメリットについてです。

■BUYMAは在庫を持つ必要がない。

普通、モノを売るときは、商品が手元にあるのが普通です。

一般的なアパレルショップ、楽天などのオンラインショップ、
ヤフオクなどのオークションやアマゾンなんかも普通はそうですよね。

しかし、BUYMAではそうではありません。

BUYMAでは、売り手側であるバイヤーは、
「自分が買い付けできる可能性のあるもの」を出品しておいて、
お客さんから注文が入ったあとに買い付けるのが普通です。

つまり、最終的に売れ残ってしまい、
「赤字在庫」を抱えてしまう可能性が極めて低いんです。

もちろん、手元に商品がないため、
買い付けてからバイヤーの手元に届くまでの時間分、
お客さんに商品が届くのは遅くなりますが、
そもそもその分日本国内より安く買えるので、
お客さんもちゃんと待ってくれるわけですね。

■BUYMAは、ブランドやファッションに疎くても問題ない。

これについては、あとでもっとちゃんと解説しますが、
バイヤーをするのに、ブランドやファッションに詳しい必要は
一切ありません。

もちろん、詳しいことがマイナスにはなりませんよ。

でも知らなくても問題ないんです。

かくいう僕も、BUYMAを始める前は、
コーチとプラダとシャネルとヴィトンとエルメス
そのくらいしか知りませんでした。

しかも名前を聞いたことがあるレベルで、
プラダとシャネルってどっちが強いのとか思ってました 笑

今じゃ考えられませんねー。シャネル好きな人に怒られます^^;

そんな僕でもバイヤーとして売ることが出来たので、
詳しくなくても何も問題ない理由がそこにはあります。

■BUYMAでは、買い付けするための資金がいらない。

いらないって言うとちょっと語弊があるんですが、
バイヤーを始めるにあたって、多額の現金は必要ない
という意味です。

なぜなら、買い付けは基本的にクレジットカード、
もしくはデビットカードで行えるからです。

クレジットカードで買い付けて、商品をお客さんに送るので、
クレジットの引き落とし前にその売上が入金されるならば、
手元のお金は減ることはありません。

肝心の入金サイクルは、普通にやれば、
買い付けから長くて3週間、早ければ10日もかからないので、
初めから何十万とお金を用意しなくてもいいんです。

■BUYMAでは、パソコンさえあれば、日本にいながらバイヤーが出来る。

ブランド品を買い付ける、というと、
なんか海外に実際に行かなくてはいけない気がしますが、
そんなことはまったくありません。

これも詳しいことはまた改めて書きますけど、
インターネットが発達した昨今、日本から
海外のショッピングサイトで買い物をすることは、
なんら難しいことではありません。

海外のショッピングサイトは、
基本的に海外の人向けのものなので、
商品の値段は現地価格、つまり日本より安いわけです。

海外のオンラインショップでブランド品を安く買って、
それが日本の自分の手元に届いたら、お客さんに転送する、
ぶっちゃけてしまえばこれだけの話です。

ですが、お客さんは
どこのオンラインショップで買えるのか知らないし、
そもそもそんな発想がありません。

また、仮にそういうことが出来ると知っていても、
「海外」「外国語」というだけで心理的なハードルが上がり、
実際にそのようにしようとは思わない人が多いわけです。

これが、パソコンさえあれば、
日本にいながらバイヤーができる理由です。

■BUYMAでは、外国語に堪能である必要がない。

さらに、オンラインで買い付けができるため、
英語などに堪能である必要はありません。

なぜなら、ショッピングサイトというのは、
どこの国でもほとんど似たような、
シンプルな作りになっているからです。

始めのうちは戸惑うかもしれませんが、
英語が分からなくても、どこのボタンをどう押して、
どこに何を入力すればいいかはすぐ慣れます。

当たり前ですがショッピングサイトは、
「お客さんが買いやすいように出来ている」んです。

難しい手続きが必要なわけはないんですよね。

ざーっとBUYMAの仕組みとそのメリットについて書きました。

あんまり面白い内容でもないので、
このあたりはなるべく駆け足で進めていきます。

ではではー。

エスノ