メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

BUYMAの大きな変更(【第21回】2013年6月25日)

こんばんは、エスノです。

今日からBUYMAの商品一覧の画面のデザインが
大きく変更されましたね。

  ■変更前
brandname

  ↓

  ■変更後
ichiran

目立った変更点としては、

・検索機能が画面上部に移動
・検索項目で、「モデル/ライン」と「タグ」がかなり目を引く
・一覧表示のときのアイテムの画像が大きくなった
・アイテムの人気を表していた星がなくなった

こんなところでしょうか。

「タグ」に関しては、選択されている数が多いタグが、
検索部分では表示されるようになっているので、
出品するときにはそれを意識してタグ付けするといいでしょう。

たとえば、コーチのバッグを出品するのであれば、
まずその条件を設定した検索画面を表示し、
そのときに「人気のタグで絞りこみ」に出てきたタグを
つけるようにする、ということです。

上の画像は「ブランド:コーチ」「カテゴリ:バッグ・かばん」
で検索した結果ですが、そのときの「人気のタグで絞りこみ」を見ると、
「日本未入荷」「手元に在庫あり(即発化)」「アッパー・レザー」など
この条件で検索されたアイテムに紐付けられている数の多いタグが
目立ったところに表示されているというわけです。

もちろん、そのアイテムに無関係なタグをつけると、
事務局からペナルティをもらってしまう可能性があるので、
そこは十分注意しましょう。

また、人気を表していた星がなくなって、
もしかすると人気順で上位表示されるアルゴリズムが
若干変更されている可能性もあります。

ここは追って調べていきたいところですね。

なお、人気順のアルゴリズムについては、
また後日ちゃんと触れたいと思います。

さて、一番分かりやすい変更点は画像の大きさですが、
ひとつひとつの画像が大きくなったことに加えて、今までは
1枚目のサムネイル写真にカーソルを合わせれば2枚目以降がすぐ表示されたのが、
今回の変更によって表示されなくなったことによって、
これまで以上に、1枚目の写真の重要性が高まりました。

どんな写真にすればいいかというのも、
別の機会にまとめて触れないといけないですね。

また、サムネイルにカーソルを合わせると、
二枚目以降の写真が表示されない代わりに、
右上に「LOOK」というボタンが表示されます。
(隣の「WISH」はほしいもの登録のボタンです。)

item

これをクリックすると、以下のような、
アイテムのダイジェスト版の画面が表示されます。

digest

ここには商品の説明は一切ないですから、

・5つの画像
・タイトル
・価格
・配送期間の目安
・バイヤーの評価

これらによって、お客さんが購入を判断する割合が、
これまでより高まってくるということです。

もちろん、靴などサイズのあるアイテムは、
詳細な商品ページまで確認するのが普通でしょうが、
逆に言えば、バッグや財布などは、この画面だけで勝負が決まる
ということも少なからず出てくるかもしれません。

この5つの項目は、もちろん重要なものではあったのですが、
これまで以上にその比率は大きくなってくるでしょう。

ではではー。

エスノ

バイヤーを始めた頃の失敗2(【第20回】2013年6月24日)

こんにちは、エスノです。

今日は珍しく晩御飯前に書いてますよ!

僕の更新時間なんてどうでもいいですかそうですか。

さて、今日はバイヤー初期の失敗談パート2です。

昨日の失敗は、

「人気ブランドというだけで、何をいくらで出品するべきかを
 まったく考えず、ひたすら数だけ出したこと」

でした。

もうひとつの「あれは意味なかったな」は、

「ひとつの人気ブランドだけを出品し続けた」

ことでございます。

最初はTory Burchだけをひたすら100品くらい出品したんですが、
これって、Tory Burchのアイテムを探しているお客さんにしか、
そもそも販売できる機会がないってことなんですよね。

お客さんは、BUYMAに
さまざまなブランドのアイテムを求めてやってきます。

Tory Burchは確かに人気ブランドですが、
そのファンが全バイマユーザーのどのくらいかと言えば、
間違いなく10%もいないでしょう。

そう考えれば、出品するブランドの数は
多ければ多いほうがよいということが分かります。

ただ、特定のブランドだけを出品することに
メリットがないわけでもありません。

それは、買い付け先をある程度固定できるので、
ブランドごとにあちこちの買付を見る必要はなく、
出品作業の手間が少し減らせるということです。

しかし、慣れてしまえば、
これはそこまで大した手間でもないです。

基本的には、多数のブランドを扱うことをお勧めします。

また、特定のブランドだけを出品することで、
「そのブランドに精通しているバイヤーだと演出する効果」が生まれる
ということもたまに言われるのですが、これは間違いです。

お客さんは商品単位でほしいものを探しに来ることが多いので、
一度買ったことがあるバイヤーならばともかく、
「このバイヤーは他にどんなアイテムを扱っているのか」
ということを気にすることは基本的にほとんどありません。

特定のブランドに精通していると思ってもらうには、
そのブランドのアイテムをたくさん売って、販売履歴に
そのブランドのアイテムをたくさん載せることが一番効果的でしょう。

まあいきなり10ブランドのアイテムを扱おうとしても混乱すると思いますので、
まず1ブランド、出品する人気商品を決めて、
それから少しずつ増やすほうが現実的で続けやすいと思います。

ではではー。

エスノ

バイヤーを始めた頃の失敗談(【第19回】2013年6月23日)

こんばんは、もはやおはようございます。
エスノです。

二日連続でカラスの声が聞こえる中、
この記事を書いております。

さて、今日は僕がバイヤーを始めた頃にした、
失敗の話です。

細かいミスというのはいっぱいあるのですが、
なんだかんだ、最大の失敗は、

「何をいくらで出品するべきかをまったく考えず、ひたすら数だけ出したこと」

だと思います。

僕が初めに出品したブランドは
Tory Burchというアメリカのブランドでした。

ブランドランキングではそこそこ上位にランクインする、
バッグとかがメインのブランドです。

これを、何も考えずに、バッグと財布で
とりあえず50個くらい出品したわけです。

幸いパソコン作業は早いほうなので、
出品自体はたぶん2、3日も掛からずできたと思うのですが、
そのあと待てど暮らせど、問い合わせの1件も来やしませんでした。

その後、しばらくは同じような方向性で出品し続けるも、
まったく音沙汰なし。

これまでこのブログで触れてきた内容は、
一切考慮せずやっていたわけですから、
まあ当たり前と言えば当たり前ですね^^;

人気があるかどうかも分からないアイテムを、
「ブランドは人気がある」という理由だけで選び、
なおかつ他のバイヤーがいくらで出品しているかも、
まったく考えていなかったのですから、
お客さんの目に留まるわけもないのです。

価格については、他を見ていなかったというよりは、
見たけども他のバイヤーさんがあまりにも安く出品できていて、
その安さの理由が当時の自分にはまったく分からず、
とりあえず価格で勝てないことは気にしないことにした、
というのが正しいですw

「価格以外のところで勝負すれば売れる!」
なんて思い上がっていたんだと思うのですが、
それこそファッションにもトレンドにも詳しくないバイヤー初心者が
価格以外に価値を提供できる部分なんてほぼないので、
まあ売れないのが自然の摂理というものですよね。

100個近く出品してもなにも起きなかったあたりで
さすがにそのやり方には疑問を感じて、いろんなことを試行錯誤した結果、
shopstyleを見つけたり、タレントさんの愛用品を出品したりする方法に気付いたりして、
そこからは比較的上手く実績を伸ばせました。
(プロフィールに昔の実績が載ってるのでご参考まで。)

今では、ノウハウを教えた人の中には
7出品目で売れましたという報告をしてくれる人もいます。

あの頃に比べると、上手く出来るようになったなあと
我ながら感心しますねw

以前も書いたような気がしますが、
BUYMAは利益モデルが実にシンプルで、
やることもまったく難しくはないですが、
だからと言って「何も考えずに」できるほど、
甘いものではありません。

そのことを当時の僕は誰よりも分かってなかったんでしょうね。

同じように考えてしまう人もいると思うので、
そうじゃないよということを少しでも多くの人に
伝えられればいいですね。

ではではー。

エスノ