メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

これからBUYMAを始めても上手くいく理由(第72回2013年12月28日)

こんにちは、エスノです。

忘年会シーズンということで、
私もあちこちでいつもよりお酒を嗜む日々ですが、
だんだん地味に体調が悪くなってきました…。

ものすごく悪い、というわけではなく
なんとなく100%じゃない、という微妙な感じが
とても気持ち悪いです。

「酒は百薬の長」といいますが、
あれはたぶん酒屋がお酒を売るために考えた
嘘っぱちのキャッチコピーに違いありません。

まあ飲んで喋ることで、
ストレスは緩和されるかもしれませんね。

突然ですが、BUYMAというサービスが始まり
今年でどのくらいかご存知でしょうか?

実は、2005年2月に始まっているので、
もうすでに9年近く運営されているサービスなのです。

さらに近年では、運営会社のエニグモが、
BUYMA以外のすべての事業から撤退し、
経営資源のBUYMAへの集中投資を行ったり、
あるいは東証マザーズへの上場などを経て、
かなり世間的に認知されるサービスになってきています。

私がバイヤーを始めた2011年には、
BUYMAのメインターゲットである20~30代女性でも、
その存在はそれほど知られていませんでした。

しかし現在同じ世代の女性に聞いてみると、
2,3人に1人くらいは知っていたりします。

こういうような状況の変化を考えるとき、

「BUYMAがこれだけ知られていると、
 競合も増えすぎてもう稼げないのでは?」

と勘繰ってしまう人も多いようです。

こういう書き方をしているので分かるかと思いますが、
もちろんこのクエスチョンは、完全な誤りです。

まず、現時点で数多く販売しているバイヤーさんが
かなりの数いることは、BUYMAを見れば一目瞭然です。

もちろん、私もそのうちの一人です。

では、そういう人たちが売れている要因は、
単純にBUYMAを先に始めていたからなのかというと
これもNOです。

もちろん、長くやっているために経験があり、
結果として実力がついてるために、
今も数多く売れ続けているというのも、
これも紛れもない事実です。

しかし、始めたばかりでも
ちゃんと成果を出しているバイヤーはいます。

いわゆる「早い者勝ち」的な先行者利益は
バイヤーにはほとんどないと言って差し支えありません。

先行者利益というのは、
「知っているだけで優位に立っている」
という状況のことです。

はっきり言って、
もうBUYMAはそんなフェーズにはありません。

今販売できるかどうかは、
これまでブログやメルマガで書いてきたような、
ちゃんとしたバイヤーとしての能力が問われる、
そういう世界になってきています。

「だから」、ちゃんとやればちゃんと売れるわけです。

みんな「ちゃんとやる」のは嫌いなので、
ちょっとやって成果が出ないとすぐにいなくなります。

だから、いつまでたってもある程度実績を出せるバイヤーの数が
3万人近い登録者に対して数百名もいないのです。

おまけに、BUYMAの認知度がどんどん上がっている
ということは、新規のお客さんが増加し続ける
ということを意味しています。

実際に、私のお客さんの9割くらいは、
BUYMAで購入するのは初めて、という方です。

競合となるバイヤーの数が実は多くなく、
お客さんは増え続けている。

しかも、取り扱うファッションアイテムは、
半期ごとにそのラインナップがすべて入れ替わります。

そのたびに、古参バイヤーも新人バイヤーも
また同じスタートラインから勝負することになるわけです。

ただ、どうしても経験の差はあるので、
新作販売の準備に対する知識、意識が違ってきます。

そのため結局同じスタートにはならないですが、
しかし、本質的にはみんな同じ勝負です。

こんな状況下で、

「競合が多すぎて飽和する」とか、
「価格競争が凄すぎて利益が出ない」なんてことは

絶対に有り得ないわけです。

もちろん、一部のブランドやアイテムで、
競争が激しくなることは事実ですが、
そのときはさっさとそこから撤退すればいいのです。

取り扱えるアイテムもそれを求めるお客さんも、
限りなくたくさん存在しています。

必ずそこかしこに、
意外と美味しいポイントが転がっているわけです。

なんか書いてるうちに盛り上がってきて
予想以上に長くなってしまいました笑

結論としては、
飽和なんてしてないし、するわけもないので、
そこを理由に諦めず頑張りましょう、
ということがお伝えしたかったのでした。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.
昨日のメルマガでコンサル的な相談でもいい
ということ書いたらさっそくご質問いただいたのですが、
別に今の時点で料金とかいただくつもりもないので、
気軽にご連絡してくださいね笑

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

BUYMAでオススメのブランド(第71回2013年12月27日)

こんにちは、エスノです。

先日から
ちょっとしつこくお話しているせいか笑、
少しずつお問い合わせが増えてきて嬉しいです。

別にコンサルしてくれとかでも構いませんので、
なにかあればお気軽にどうぞ^^

まだ読者さんの数もそれほど多くなく、
ひっそりと運営している段階ですので、
ぜひ今のうちに私を使い倒してください!

さて、そのいただいたご質問から、
ひとつご紹介させていただこうと思います。

BUYMAを始めたての方とお会いすると
「どのブランドを出品するのがいいですか」
とよく聞かれます。

確かに最初のうちは、
特にブランドやファッションに詳しくないと
どこから手を付けていいのかまったく検討が付きませんね。

BUYMAを始めた頃の私も同じでした。

ただ、ブログでも何度か触れているように、
基本的には「人気の『商品』」を出品していく
というのが重要になってきます。

つまり、ブランド単位ではなく、
さまざまなブランドのアイテムを
「商品単位」で選んで出品していくのが、
私のBUYMAの基本的な戦略になります。

それは、

そもそも人気ブランドだからと言って、
そのすべてが人気商品ではないということや、

様々なブランドを扱ったほうが、
より多くのお客さんにアプローチできる

というのも要因として挙げられます。

BUYMAでもなんでもそうなのですが、
上手くやるための方法というのは無数にあるので、
「このブランドじゃなきゃいけない」ということはないのです。

しかし、これも以前ブログで書きましたが、
少なくとも初心者が扱わない方がよいブランド
というのは存在します。

例えば、
シャネルやエルメスなどの超ハイブランドや
アバクロやホリスターなどの、偽物の販売が
とても多いブランドです。

あるいは、セリーヌやゴヤールなど、
オンラインでの買い付けが難しいブランドも
最初のうちは手を出さない方が無難だと思います。

セリーヌに関しては、購読特典として
買い付け可能なショップを紹介していますので、
ぜひ参考にしてくださいね。
(ただ数は多くないのが難点ですが…)

もちろん初めから難しいところに手を出すのは
けして悪いことではありません。

ただ、もっと効率のよい方法がある以上、
先にそちらから手を付ける方が成果は出しやすいです。

さて、これで終わってもいいのですが、
せっかくなので参考までに、これまで話を聞いた中で
初心者が最初に売りやすかったアイテムのブランドを
いくつかご紹介しましょう。

・ジミーチュウ:靴、バッグカテゴリ
・バレンシアガ:メンズカテゴリ
・スポーツスニーカー系(NEW BALANCE、NIKEなど)
・ステラマッカートニー:タレント愛用品
・DUVETICA:ダウン

あくまでこれは「過去に初心者が売ったことがあった」
という基準で書いていますので、今の競合状況などで、
必ずしも同じようにはならない可能性も高いです。

また、もちろんこれら以外にも
初心者が売りやすいブランド、カテゴリは
山のように存在しています。

ただ、もしも、
なにも道しるべがなく困っているのであれば、
これらをきっかけに、いろいろと
リサーチをしていってほしいと思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

梱包の丁寧さが下がるとなぜ受注率が下がるのか。(第70回2013年12月26日)

こんにちは、エスノです。

次第に配信時間が遅くなってきています…。

これはマズイ傾向ですね…。

さらに昨日の配信ではタイトルを入れ忘れ
配信してしまいました^^;

ダメダメですが、
こういうのは自分の苦手なところなので
程よい距離感で上手く付き合っていこうと思います!

さて、昨日は、私の「梱包の丁寧さ」が
3以下になってしまったときの話でした。

今日は、そのとき取った、
具体的な対策についてです。

当たり前ですが、
一度付いた評価を覆すことは出来ません。

考えるべきは、そのせいで下がっている受注率を
回復させるにはどうすべきかということです。

まず、

「なぜ『梱包の丁寧さ』が下がると受注率が下がるのか」

ということを解明できないといけません。

「『梱包の丁寧さ』が下がること」と
「受注率が下がること」というのは
一見、当たり前のことのように感じられます。

しかし、そこで思考を止めてしまうと何も解決しません。

はじめに結論を書いてしまうと、

「梱包の丁寧さ」が下がると、
お客さんが「この人は雑な梱包をする人なんだ」
ということを『想像してしまう』せいで、
受注率が下がる、

これが受注率低下の真相です。

ということは、あらかじめ
「こんな風に梱包します」ということを
きちんと事前にお客さんに伝えられれば、
そこまで大きな問題にはならないはずです。

そこで私は、

・文章で、商品カテゴリごとに梱包の仕方を記載する
・その梱包された商品の写真をアップする

ということを考えました。

結局スペースの都合で写真のアップは断念しましたが、
商品カテゴリごとに梱包の仕方を説明した文章は掲載しました。

結果的に、きちんと成果測定はしていないのですが、
受注率は元に戻った感じがしています。

また、私が梱包の評価の低さを気にしている
ということがお客さんに伝わっているのか、
到着通知で梱包のことに触れてくれるお客さんが
以前よりかなり増えています 笑

さらに、このように
あらかじめ梱包のクオリティーを明記しておけば、
到着通知で必要以上に低い評価をされなくなります。

なぜなら、低い評価が付くのは、
あらかじめ予想していたものより
クオリティーが低かった場合だからです。

事前に知っていたものと同じレベルで梱包されていれば、
それほど酷い評価は付けようがないのです。

ちなみに、梱包の仕方は、あまり目立たない
「お取引について」に記載しています。

そもそも梱包の丁寧さを気にしていない
お客さんの目にわざわざ触れさせることもないからです。

「バイヤーからのお知らせ」に

「梱包のついて気になる方は『お取引について』をご覧ください」

と記載しておいて、気にする人だけ誘導する
というスタンスでやっています。

同じように「梱包の丁寧さ」が低くて困っている方は、
ぜひ取り入れてみてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから