メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

直近のBUYMAの情勢とトップの年間売上(第709回)

※2020/3/31の記事です。

こんにちは、エスノです。

先月の今頃は沖縄でワークショップを
開催していたのですが、それから1ヶ月、
あれよあれよと大変な状況になってきました。

ただこういう非常時こそ、
これまでの平時に培ってきたものが
本物だったかどうか試されるものだと思い、
私自身はいつも通り淡々とやっております。

しかしそうは言っても、
先日のメルマガの話ではないですが、
「外的な要因」に振り回されることは
どうしても起こり得てしまいます。

そういう意味で、直近で
ヨーロッパ各国、特に、イタリアが
22日にさらに厳しい商業制限を掛けたときは、
今後どうなっていくのかというのを、
かなり注意深く見守っていました。

結果としては、それまでと変わらず、
インターネット通販に該当する仕事は、
変わらず営業できるということで、
オンラインさえ営業停止にしたショップは
全体のうちの一部に留まったのは幸いでした。

・3月22日首相令(抄訳)
https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00084.html
・3月11日首相令(概要)
https://www.it.emb-japan.go.jp/pdf/20200311_dpcm.pdf

もちろん状況が状況ですから、
現地の人手不足による配送遅延などは
当然起こってきています。

ただ、この状況下で営業してくれるだけでも
相当ありがたいことであるというのは、
改めて言うまでもないことです。

なにか問い合わせしたりするときも、
まず自分である程度調べたり、あるいは、
一回の返信で不明点がなくなるように
質問の内容、文章を改めて吟味して、
無駄な負担をかけないように、
いつも以上に配慮するべきではありますね。

(これは、自分の負担を減らす意味でも、
普段から心がけないといけないことではあります。

メールのラリーほど無駄で消耗することもないので。)

イタリアに続いて、ヨーロッパ各国が
同じように実店舗の営業を停止していて、
中にはオンラインの販売を休止するところも
今後出てくる可能性は十分にあります。

特に、国内在住、海外在住問わず、
現地の各ブランドの直営店からの
買い付けを主力としていた人にとっては、
売上に大きな影響があることは間違いありません。

そういう意味で、特定のなにかに
依存することの怖さが一気に可視化されて、
さすがにちょっと同情せざるを得ないくらいです。

一方で、少しずつでも常に変化しようとしていた人、
リスクヘッジを考えて行動してきた人にとっては、
現時点ではBUYMAでの売れ行きというのは、
さほど変わっていません。

実際に、コンサル受講者や、
アカデミア参加者の状況を見ていると、
先月、今月が過去最高益という方も普通にいます。

当然ですが、世の中の多くの人は、
感染症が流行っても、それによって
株価が大きく動いても、いきなり収入が
激減するわけではありません。

この影響が分かりやすく見えてくるのは、
さしあたって夏のボーナスの時期とか、
もうちょっと先だと思います。

ただ私の考えでは、現時点での
BUYMAの市場規模、そして、これまでの
市場の成長率を鑑みるに、影響があったところで、
そこで活動するには十分な大きさが維持されると思います。

また、影響があるにしても、
ごく一部のトップショッパーでない限りは、
どっちにしてもその影響はかなり限定的です。

BUYMAの売上ランキングで
今でもトップ常連の方が、数年前に
月間だいたい3000万円くらいで1位でした。

ということは、季節による変動など考慮しても、
トップのトップで、年間の売上規模は、
せいぜい5億くらいだと思います。

一方で先日発表された、
昨年度のBUYMAの総取扱高は、
約533億円です。

https://enigmo.co.jp/wp-content/uploads/2020/03/ir_20200316_2.pdf

ということは、繰り返しますが、
トップのトップで全体の1%くらいしかないわけです。

もちろんそれなりに活動している出品者数千人の中で、
1%のシェアを持っていること自体はすごいんです。

※数値参考:

■月に1件以上売れているショッパーは何人?(第701回)

http://steermylife.com/2290.html

すごいんですが、じゃあ、そのレベルに
現時点で達していない売上規模の出品者は、
BUYMA全体にある程度影響が出たとして、
その余波をどこまで受けるのでしょうか。

たとえば2月と8月は売れなくなるみたいな言い訳を、
自分の売上不振の原因にして、その本質に
ちゃんと向き合おうとしない思考停止状態と
とても似通ったメンタリティがそこにはあると思います。

※参考

■「2月は売上が落ちる」というもっともらしいウソ(第682回)

http://steermylife.com/2233.html

基本的に、自分がトップのトップでない限り
(たとえそうであっても)私たちの成果の不振は、
自分の施策次第で吸収できる程度の
規模感であることがほとんどです。

問題なのは、そういう状態に陥りかけたときに、
冷静に現状を見れなくなり、適切な分析、判断、
行動を取れずに右往左往してしまうことですね。

ここが本当になかなか難しいところだと思うのですが、
それが出来なければ、他の誰でもない、
自分の身を滅ぼしてしまうだけです。

そうなったときは、せめて、
自分だけで何とかしようとせず、
誰かに相談してみたりするのも手ですね。

人と対話する中で新しいアイディアが生まれるのは
人間に普通に備わった素晴らしい機能ですから、
それを生かさない手はないです。

追い詰められている(と感じている)ときは、
それすらハードルが高かったりもしますが、
ひとつ頭に入れておいてみてください。

ではではー。

p.s.

今月中に個別コンサルを新規募集する
とお伝えしていましたが、ちょっと様子を見ながら
来月以降に変更したいと思います。

待っていてくださった方は申し訳ないのですが、
今しばらくお待ち下さい。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

「BUYMAの次」の話(第708回)

※2020/3/7の記事です。

こんにちは、エスノです。

一昨日の木曜は東京でワークショップでした。

青木さんがついに発症した花粉症のせいで
辛そうだったり、高野さんがこのご時世に
風邪を引いてしまい欠席だったりしましたが、
それ以外は概ねいつも通りの開催でした。

先週沖縄で会っているメンバーなので、
BUYMAについては、突っ込んだ話を
特にすることもなく笑

そういえば先日の沖縄のワークショップ後、
いつものように懇親会を行ったのですが、
沖縄にはさすがにみんな泊まりで来ているので、
「2軒目」があるのがいつもと違うところです。

ということで、いつもよりもいろいろと
多方面に渡りちょっと突っ込んだ話題が
展開されたりしました。

そのひとつに、

「BUYMAのあと、何をするか」

という話題がありました。

これは特に、青木さんをはじめ、
ある程度の利益を効率よく安定して
生み出せるようになった方が直面する
すごく重要なテーマです。

もちろんBUYMA自体は、しばらくは
効率よく利益を生む装置として稼働させるとして、
これが一生続くとも、やりたいとも思えない。

なんならいっそ、もうちょっと飽きてる。

現時点で、まだまだ満足いく利益が
出ていないという方には、ものすごく
贅沢な悩みに聞こえるかもしれません。

しかし、残念ながら人間は、
本当の意味で純粋に利益の額だけを追って
何かに打ち込み続けるのは不可能です。

もちろんそういう人もいますが、
ごくごく限られます。

先日、元ZOZOの前澤さんが、
お見合い相手を一般公募から選びますという
バチェラー的なテレビ番組の企画がありました。

企画自体は直前で前澤さんからの中止の
申し入れがあったとして頓挫しましたが、
その応募総数は27722名だったそうです。

単純に人数だけ見たらもちろん多いのですが、
「当たれば一生遊んで暮らせる宝くじ」の
応募数だと考えればかなり少ないと思います。

(もちろん独身女性に限られ、かつ
プロモーションが不十分で、この企画自体を
知らなかったという方も多いとは思いますが)

数千億レベルの資産にアクセスするよりも、
それと引き換えに「前澤さんと」「結婚する」
ということに何らかの抵抗があって応募しなかった。

これはむしろ普通の感覚だと思いますが、
要するにこの結果は、人間の

「金銭的価値が何よりも優先するわけではない」

という本質を少しだけ顕在化した
ひとつの例と言えるのではないでしょうか。

だいぶ話が逸れましたが、
利益が出せるというだけで、
BUYMAに情熱を燃やし続けるのは
なかなか難しいというのは、
ほとんどの人が向き合う必要がある
大きなテーマだと思います。

ということで、「BUYMAの次」の話になったのですが、
BUYMAをベースに考えると次のビジネスの形としては

・他の物販(ヤフオク、メルカリ、自社ECなど)

・BUYMAを教える系(コンサル、セミナー、教材販売など)

・サービス系(転送業者、リサーチツールなど)

にめちゃくちゃざっくりですが大別されるような気がします。

(もちろん次に選ぶのがBUYMAに関連するもの
である必要はないですが、今回はそういう前提で
話を進めていきます)

私は元々教える系のビジネスがしたい
というのが先にあって、それからBUYMAを
始めたくらいなので、必然的に2番めの道を
選択したわけですが、ほとんどの場合、
まずはBUYMAで利益を出せるようになってから
どうするか考えようという流れだと思います。

なので、BUYMAで利益出せるようになったあとに
どうしようかな迷うわけですが、青木さんは
すでに教える系のルートで、それなりの
収益を出せるくらいまでにはやり込んでいます。

しかしながら、やっていく中で、
ご本人としてちょっと違うなという感覚が生まれ、
またどの道に行こうかなと今まさに考えている
最中にいたりします。

これもまた利益だけで進む道を決めるのが
難しい一つの例と言えるかもしれません。

青木さんの教える系の収益モデルは、
ブログを書いてメルマガに登録してもらって、
集まってくださった読者の方に、コンサルや
「BUYMA in REASON」などを紹介していく
というものなわけですが、この形は
私とほぼ同じものです。

なのに、青木さんはしっくり来ず、
私はもう長いことこの形で商売を続けています。

つまり、選ぶための判断軸になるのは、

「どういう仕組みで利益が出るか」

ではないということです。

大まかに言えば、

・自分ができること

・自分がやりたいこと

・自分が求められること

の一致するものであることになるのですが、
じゃあ、具体的にそれが何なんだというのが
難しいからみんな悩むわけですね。

ただ、その中で青木さんに言われたのが、
私のブログは「テーマが定まっている」
のがいいと思っているということでした。

ブログタイトルにあるように、
私が伝えたいことの根底には、

「自分で自分の人生の舵取りをしよう、できるようになろう」

というメッセージが常にあります。

これは、

「人生を自分の思い描いた通りにしよう」

というのとはちょっと違います。

自分という個人は、社会という
外的要因の大きな集合体と、
どうしたって切り離せません。

自分がどれだけ頑張ったところで、
社会の大きな動きに影響を受けざるを
得ない場面というのは必ず起こります。

地震や台風、あるいは今回の
新型コロナのような天災、および、
それらに伴って政府や企業などが行う
さまざまな判断・施策から発生する影響を
一切回避して生きていくというのは
土台無理なわけです。

もちろん、そんな規模の大きな話でなくても、
親族の体調が悪くなったとか、自分の
つまらないミスで予定通り行動できなくなった
みたいなのも、生きていれば当然日常的に
起こることです。

そういった事態が起こることを
できるだけ想定して準備しておく
というのは大事なことで意識すべきですが、
一方で、ありとあらゆることを事前にカバー
しておくというのも現実的ではありません。

ディズニーランドにいつでも行ける環境を作ろう
と思って、それを実現したところで、そもそも
ディズニーランドが閉園してしまえば、
どうしたって思い描いた通りにはなりません。

(あくまで例えです、念のため)

「自分で人生の舵取りをしよう、できるようになろう」
というのは、自分の「航路」をグランドデザインし、
そこに向かうための力を身に付けつつ、その過程で
必ず起こる突発的なイレギュラーに備えたり、
適切に対処したりできるようにもなろうということです。

その舵取りのための重要な「道具」として、
やはりある程度の経済力を、
自分の力で手に入れていく必要があり、
その方法のひとつとして、私は
「BUYMAで効率よく利益を出す」
ということを伝えてきました。

と、ブログのテーマだけで、
これだけ長々と文章が書けるくらい
軸になるコンセプトが一応あるのですが、
青木さんはご自身のブログにおいて、
そこが少し弱いと感じているそうで、
それもまた「BUYMAの次」をどこにしようか
足踏みをする要因のひとつになっていると
ご自身で分析していました。

いずれにしても、先日のメルマガでも
書いたように、BUYMAで利益を出すことにのみ
振り切って活動しなければいけない体制だと、
間違いなく「その次」に困ります。

来たるべきときのために、自分の
アンテナをあちこちに張り巡らせたいですし、
そのために、とりあえずBUYMAでは、
BUYMA漬けにならなくても利益が出せる
体制を作り上げていきたいですね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

在庫販売の本質と無在庫販売のデメリット(第707回)

※2020/3/2の記事です。

こんにちは、エスノです。

先日久しぶりにメルマガを配信したら、
コンサルとかワークショップについての
お問い合わせを何件かいただきました。

新規の募集は、一応3月中に
実施する予定ではいますので、
興味がある方は期待せずに
今しばらくお待ちくださいませm(_ _)m

さて、昨日は福岡で
ワークショップを開催しました。

先日実施した沖縄回にも参加して
くださった福岡在住のHさんとは、
実に3日ぶりの再会でした笑

Hさんとは、彼がBUYMAアカデミアに
一昨年の3月に参加してくださってからのご縁です。

そこから約1年間は、BUYMAでの
販売スキルの熟練度というよりは、
別の大きな問題によって、なかなか
満足いく成果を出せなかったのですが、
ようやく体制が整って順調に活動を
継続できるようになった昨年2月に、
個別コンサルの半年コースに申し込んでくださいました。

そこから、夏頃まで月利20万前後を
行ったり来たりしている感じだったのですが、
夏に仕込んだものをきっかけに、9月に
一気に月利60万円まで到達すると、
11月には月利70万円を達成。

12月はその勢いのままに、
月利100万円も射程圏内かと思いきや
これまた一気に120万円を突破してしまいました。

Hさんも作業の外注はせず、
お一人で活動されているので、
最近はもっぱら、よく売れる商品の
在庫販売がメインになってきています。

ちょっと話が逸れますが、
在庫販売についてよく聞かれるのが

「何個くらい売れていたら
在庫を持っていいんですか?」

という質問だったりします。

ですが、この質問は、
そもそも在庫販売という手段の
本質を完全に取り違えてしまっています。

なぜなら、本来在庫販売というのは、

「この商品はこういう根拠に基づいて、
今後このくらいの売れ行きが見込めるから、
このくらいの在庫を確保しよう」

というのが前提にあるものだからです。

「こういう基準を満たせば正解」という
分かりやすい安心材料を求めたくなる
気持ちは分からなくはありません。

しかし、人それぞれ知識や経験や
活動環境や資金力(カード枠)など、
あらゆることが異なることを考慮すれば、
一律で「こういう基準で在庫を持てば良い」
と定めるほうが難しいわけです。

たとえば、資金力に不安がある状況では、
月に何十個も売れるけど、利益単価は
数千円みたいなものを扱ったほうが
良かったりしますし、逆に資金に余裕が
あれば、年に数個しか売れなくても、
1点で何万、何十万という利益が出るものを
扱ったほうがよかったりします。

もちろんこれは極端な例ですが、

・過去の販売履歴

・ライバルや買い付け先の状況

・自分の資金などの状況

・商品の季節性

のような様々なパラメータをチェックして、
その上でこういう風に売れるはずだと
予測を立てて、それが実現するように、
メンテナンスをしていくというのが
在庫販売の本質です。

というか、これって在庫販売に限らず、

「商品を売るときに考えるべき原則」

の一つだと理解しています。

無在庫販売が在庫販売と違うのは、
上記のようなパラメータの設定の精度が
多少雑でも問題ないという点です。

いっそ、データが少なくて
それらがよく分からない状況であっても
自分で出品して確かめることが出来る。

これが無在庫販売のメリットです。

それはひとえに金銭的なリスクが
小さいからではありますが、それゆえに
適当に出品して、出品したらほったらかしでも
特に問題はないという負の側面も存在します。

適当に出品してそのあとほったらかしでは
売れるものも売れないのは言うまでもありません。

なので、単純に手元に在庫があるとか、
売れ残ったら赤字が怖いとか、そんな
表面的な視点で考えずに、まずは、
先述のようなデータを集めた結果、
商品が売れるまでの道筋がよりクリアであること。

そしてその上で、自分の様々な状況に
その道筋がマッチする場合は在庫販売、
そうじゃないときは無在庫販売と考えておくと、
商品ごとのリサーチやメンテナンスの
アプローチの質が高まるはずです。

だいぶ話が逸れましたが、
適切に在庫と無在庫を使い分けられれば
より効率的に活動することが可能になります。

その結果、たとえばHさんは、
今年に入ってからは、フランスに行ってみたり、
東京で開催した「BUYMA in REASON」のセミナーや
先述の沖縄でのワークショップに出向いてみたりと、
あちこち活発に飛び回っています。

BUYMAで効率よく生み出したリソースをきっかけに
ご自身の経験の幅がどんどん広がっているわけです。

その一方で、1、2月もBUYMAの利益は
しっかり出しているので、今年は色んな意味で
Hさんにとって変革の1年になりそうな感じですね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから