メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

出品数が半減しても過去最高益を更新した理由(第667回)

※2018/10/8の記事です。

こんにちは、エスノです。

昨日の関東は、10月としては、
ちょっと異例の暑い日でしたね。

(全国的なものだったんでしょうか?)

日差しが強い日というのは、
この時期になってもなくはないですが、
日影に入れば相応に涼しいものです。

しかし昨日の暑さは、
湿度の高さも相まって、
まさに夏のそれでした。

今年は本当に異常気象という感じで、
ぜひ体調には気を付けていただきたいのですが、
それでちょっと思い出したのが、9月に
ワークショップのために大阪と名古屋に
行ったときのことです。

大阪で最近良く行く和食屋さんに、
ワークショップでの来阪にかこつけて、
2ヶ月ぶりに行ってきました。

そこそこお高めのお店なのに、ランチでも
いつもだいたい満席という人気店です。

ただ、久々に伺ったら、
なんとランチのお客さんが私だけ。

どうしたのかと思ったら、
あの関空を水没させた台風の影響で、
海外のお客さんが軒並み
キャンセルしてしまったそうです。

確かにホテルも、週末にもかかわらず
近年の大阪では見たこともないほど
空きが出ていて、価格も下がっていました。

(土曜だったのに、普通のビジネスホテルも
1万円以下でかなり選択肢がありましたし、
リッツ大阪は3万円台、コンラッドも4万円台。

普通は平日でもコンラッドは6万を切らないと思います。)

災害そのものの怖さは、その直後に起きた
北海道の大地震も含めて改めて感じるところですが、
その上さらに、今の日本の経済は、
海外からのお客さんに支えられている部分が
かなりあるのだと実感した出来事でした。

インバウンド需要に大きく頼っている、
日本の産業構造の脆弱さに
ちょっと恐怖を覚えた次第です。

私たちパーソナルショッパーに
関係が深いところで言えば、
台風で関西国際空港が機能しなくなって、
関空到着予定だった荷物がただ遅れるだけではなく、
名古屋経由に変更されることで、今度は、
名古屋の物流がパンクしかけたりして、
全国的に配送の遅れが生じていたようです。

混乱はほぼ解消されているようですが、
本当にあらゆる面で大きな影響が出ますね…。

さて、その名古屋のワークショップに
今年の3月から参加してくださっているTさんが、
先月過去最高益を達成しました。

Tさんは複数名のパートナーさんに、
さまざまな作業をお願いしていて、たとえば
出品数では数千件もあったのですが
なかなか月利が思ったように伸びてくれず、
その状況をなんとかしたいとアカデミアの
門を叩いてくださいました。

結論から言えば、Tさんは、8月に
出品数は参加当初より大きく減ったものの、
販売数25点で月利約36万円と、
その時点での過去最高益を更新します。

出品数が減ったのは、外注さんが
やむを得ない理由で辞めてしまったりと、
ご本人が明確に目指していたところでは
ありませんでした。

ただ、結果的にそういう状況になり、
今までよりも、コストパフォーマンス
を意識することが出来たのが、
利益を伸ばせた要因の一つだと思います。

具体的挙げるなら、それまでより
出品数を絞らざるを得なくなったことで、
自分が得意なブランド、優位性のある
ブランドにより注力して、出品、メンテが
できるようになったわけです。

そして9月は、販売数28件で、
月利約44万円と、前月を超えて、
さらに過去最高益を更新しました。

先月からまたパートナーさんの
募集・育成にかなり力を入れているので、
それがちゃんと噛み合えば、年末年始に
月利100万くらいいってもまったくおかしく
ないと思います。

ただ闇雲に数を打っても、それが
無駄になるだけで済めばまだ良くて、
実際には売上にならない問い合わせが
倍増したりするせいで、むしろ、
大きなマイナスにすらなりかねません。

「出品数を増やすことが利益に貢献する」
のではなく、「利益に貢献する出品を
増やしていくことが利益を増やす」という
ごくごく当たり前のことを、この話から
あらためて意識してもらえればと思います。

P.S.

先日お伝えしたように、
本日21時頃のメルマガで、
個別コンサルの新規募集を行います。

今回も申し訳ないのですが、
若干名の募集なので、興味がある方は、
お早めにチェックしてみてくださいね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

プーさんを見つけた娘から気付いたこと(第666回)

※2018/10/6の記事です。

こんにちは、エスノです。

昨日は娘も連れて、
家族で映画を見てきました。

プーさんです。

娘はプーさんのことを
かなりはっきり認識していて、
見つけると「ぷーぁ」と呼びます。

そしてなぜか何度教えても
ミッキーのこともぷーぁと呼びます。

でも「ミッキーはどれ?」と尋ねると
ミッキーを指さします。

彼女の脳内で、データの整理は
どのようにされているのでしょうか…。

ちなみに1歳ちょっとの子供が
2時間近くじっとしていてはくれないので、
普通の上映回ではなく、赤ちゃんOK
の上映回に行ってきました。

お客さんは基本的に小さい子連ればかりで、
多少騒ごうがお互い様。

赤ちゃんが不安にならないように、
館内は通常より音量も小さめで、
照明も明るめに設定されています。

上映中も館内のそこらへんを
赤ちゃんがウロウロしまくってて
それもまた楽しかったです。

けっこうどこの映画館も、
似たようなプログラムを設けてはいるのですが、
特定の作品で月に1、2回程度の実施なので、
今回はたまたま妻も見たいし、娘も関心が
多少持てそうな作品が対象でよかったです。

(1時間くらいしたら寝てましたが)

そういえばプーさんで思い出したのですが、
娘がプーさんのことを「ぷーぁ」と呼び始めた
8月上旬くらいに、こんなことがありました。

家族で出かけたある日、
ドラッグストアで買い物をして、
あとはお会計するだけとレジに並ぶと、
娘が前方を指差して「ぷーぁ」と一言。

つられて前を見てもプーさんはおらず、
代わりに、黄色いパッケージの、
ちょっと高そうな保湿クリームが
山積みになっていました。

その時点で私は、娘がそんなに明確に
プーさんのことを「ぷーぁ」と呼んでいる
とは思っていなかったので、思わず
「あはは、違うよ、黄色いからってぷーぁじゃないよ」
と伝えたのですが、その直後、
もう一度前の方に目をやってビックリしました。

なんと、私の前に並んでいた人が
背負っていたバックパックに、
小さいプーさんのぬいぐるみが
ぷらぷらとぶら下がっていたのです。

私は、娘がこちらが思っている以上に、
プーさんのことを明確に認識していたと知り、
とても驚いたわけです。

それと同時に、人間の認知機能的に
私が気付けなくて、娘が気付けたのは
ある意味で当たり前だよなあとも思いました。

娘は、そもそも世の中にある物体のほとんどを
まだちゃんと認識できていません。

逆に言えば、彼女にとって、
存在が認識できていて、しかも、
彼女の中で名前まで付いている「ぷーぁ」は、
彼女にとっては砂漠の中のオアシスのように、
際立って見えているはずです。

私はすでに30余年も生きてしまっていて、
幸か不幸か、視界に入るもののほとんどを
なんなのか、どんなものなのかが、
なんとなく分かっています。

それは裏返せば、あらゆるものが
日常の景色の一部でしかないということです。

30秒くらいその場で周囲を見渡して、
あとから「青色のものを思い出してください」
と言われるとなかなか回答できない
みたいな実験がありますが、それと
似たような構造がそこにはあるわけです。

そしてさらに言えば、私は、
「こんなところにプーさんがいるはずない」
という思い込みのフィルターも自分にかけることで、
眼の前にいたプーさんの存在を認識することが
より難しくなっていました。

同じ情報を見ているはずなのに、
同じ情報に接しているはずなのに、
そこから得ている情報が違うのは、
人間にこういう特性があるからにほかなりません。

そのときそのときで、
適切なフィルターを通さないと、
人間はちゃんと情報を処理できず、
記憶するどころか認識すらできません。

BUYMAで、人気商品が見つからないとか、
ライバルに勝てる買い付け先が見つからない
という嘆きはよく耳にしますが、それは
要するに、適切なフィルターを持っていない、
もしくは、ちゃんと活用できていないということです。

なぜなら、人気商品も
ライバルに勝てる商品も、
BUYMAに存在しているからです。

存在しているのに、
フィルターがおかしいので、
見えていないわけです。

つまり、大事なのは、

「様々な場面において、いかに
その場面に適切なフィルターを使いこなすのか」

ということです。

ただ、「フィルター」という言葉は
便利なのでつい使ってしまいますが、
その言葉からなんとなく想像される、
「ドラえもんの秘密道具」的な、
ライトな感じのものではありません。

たとえば、
「ライバルに勝てる商品が見つからない」
というのは、そもそも探し方が悪かったり
するパターンも当然あります。

しかし実は、時間の使い方が悪すぎて、
そもそも探すための時間をちゃんと
確保できていないとか、逆に無駄なところに
時間をかけすぎていて、その分をもう少し
幅広くリサーチすることに使ったほうがいい
みたいなパターンもあります。

無駄なところに時間を掛けすぎていないか
というのは、たとえば、私のメルマガではお馴染みの
「現地定価からの最低買い付け価格の算出」
をすることによって見極めることが出来たりします。

このケースで言えば、
「探し方以外に問題点がないか」という
視点を変えて考える思考習慣があるかどうか
というのが、まずひとつのフィルターです。

そしてその上で、
「現地定価からの最低買い付け価格の算出」
という方法を、その目的とあわせて把握しつつ、
さらにそれを適切なタイミングで使えないと、
「フィルターを使いこなしている」とはならないわけです。

多くの人はちょっとした手段・方法、
つまりテクニック的な部分「のみ」に解決策を
求めてしまいがちです。

しかし、実はそうではなく、そもそも
もっと別の角度から考えたり、あるいは、
テクニックの背景まで理解していないと
いけないということです。

プーさんからだいぶ話が膨らみましたが、
利益を伸ばしていきたいなら、ぜひ、
覚えておいてほしい内容ですね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

コンサル4ヶ月目で月利10万円達成した人の話。(第665回)

※2018/10/4の記事です。

こんにちは、エスノです。

昨日で娘が1歳2ヶ月になりました。

ので、午前中から上野動物園に
家族で出かけてきました。

今年の2月に行ったときと比べると、
日頃からわんわんにゃんにゃと
連呼するだけあって、「動物」という
存在をけっこうしっかり認識できていて、
割と楽しそうでよかったです。

ただ熊を見てもわんわん、
フクロウを見てもにゃんにゃなので、
まだまだ修行が足りません。

(フクロウの目は確かにネコっぽいので、
それはそれでちょっと感心しましたが)

いずれにしても、
人間の学習機能というのは
本当に面白いですね。

さて、前回のメルマガの内容を受けて、
「BUYMA in REASON」参加者のYさんから
以下のような反響をいただきました。

=======================

エスノさん

お世話になります。

今回のメルマガ凄く刺さりました。。

本当にBUYMAで成果を出している人はたくさんいて、
もう実績がありますもんね。

そうなると原因は自分に求めるしかないですね。

周りにBUYMAをやっている人がいなかったのと、
自分でも成果が出ず言い訳して、7~8月は
全然活動していなかったのですが、9月に
イチローさん主催の懇親会に行きまして、
結果を出している人とたくさん出会いました。

考え方もその方々からも学んでいて
現在はモチベーション高く、取り組めています。

ただこのモチベーションも外的要因なので、
ここに依存することなく、日々行動していきたいと思います。

あと音声はモチベーション上がるので、
頻繁に聞いていこうと思います!

=======================

「BUYMAで利益は出せて当然」とか、
「芽が出ない要因は自分自身に
求めるしかない」とか、いつものように
人によっては不快に感じるくらいの
強い言葉を使いましたが、こういう
メールを送っていただけて嬉しいです。

自分に何か足りないことを認めるだけでも
けっこうしんどいことだったりしますが、
認めた上で、それを補うために何かしようと

(今回であれば実際に結果を出している人に
会うために懇親会に参加する、ですね)

実際に行動できる人はけして多くありません。

そしてさらに言えば、Yさんの素晴らしいのは、

「ただこのモチベーションも外的要因なので、
ここに依存することなく、日々行動していきたいと思います。」

という一文に表れています。

外からの刺激をきっかけにはしつつ、
それにいつまでも頼らないようにする
というのは、とても大事なスタンスです。

というか、外からの刺激で
生まれたやる気というのは
いつまでも続かないんですよね。

おそらく、Yさんも感覚的に
それを理解しているからこそ、
こう言っているんじゃないかと思います。

だから、それを上手く使いつつも、
それに頼りすぎず、日々行動したい
とまとめているわけですね。

逆に言えば、外的な
刺激に頼らずとも続けられる
というのは、それだけで、
成果を出せるようになるための
ひとつの大きな武器だったりします。

コンサル生のTさんは、
まさにそんな感じで現在BUYMAに
取り組んでいて、コンサル4ヶ月目の先月、
初めて月利10万円を達成しました。

コンサル申し込み時点で、
数件の販売実績こそあったものの、
その実情は、ほぼ始めたばかりの
初心者ショッパーと言って、
差し支えない状況だったと思います。

(バイドラなどのサービスも未加入で、
作業を外注したりもしていません。)

6月からコンサルを開始して、
7月までは残念ながら1件の受注もなく、
本当に精神的にも厳しい日々だったと思います。

改めて私の力の無さを嘆くばかりですが、
ただ、それでもTさんは日々の作業を黙々と続け、
そしてそれを日報に書き留め続けています。

結果、8月には、
なかなか良い商品に巡り合って
実績と評価で大きく見劣るライバルを相手に
Tさんは自分から計4点売ることができました。

このメルマガではお馴染みの、
在庫を持ちながら徐々に値上げもしていき、
最終的には狙い通り大きく値上げして、
1点で約2万円の利益を生み出すことにも
成功しています。

そして現在は、ご自身で開拓した
あまり多くの人が知らないセレクトショップから、
ある有名ブランドの超人気商品を、
20%OFFで買い付けたり、これまでの
地道な作業が徐々に、しかし確実に
実を結びつつあります。

8月の半ばくらいだったと思いますが、
あまりにも受注が少ないTさんに、
さすがの私も珍しく、シンプルに
励ますようなことを言ったことがありました。

やっている作業はけして間違っていない。

ちょっとしたタイミングの悪さだったり、
最後の最後で少しミスがあっただけ。

このまま続けていけば大丈夫。

本人としては、それを実感を伴って裏付ける
体験はないわけですから、私のこのセリフは
ただの気休めではと訝しんでもおかしくない状況です

ですが、私の意図に気づいたTさんは
こんなことを言いました。

大丈夫です。折れたりしませんよ。

言葉は違うかもしれませんが、
そういう趣旨のことを返してくださって、
偉そうですが、内心大したものだと
感心したのを覚えています。

ここだけ聴くとすごく格好いいですが、
実際はご本人も精神的に
かなりしんどかったと思いますし、
ある意味では究極のやせ我慢だった
のかもしれません。

ですが、Tさんの中では、少なくとも
将来的に成果が出るということは、
大前提になっていたわけです。

なので、Tさんは最初から、
ライバルのチェックの仕方も丁寧でしたし、
プレミアムだから、海外ショッパーだから
みたいな理由で、商品のリサーチを
避けたりすることもほとんどありませんでした。

前回のメルマガで書いたように、
「なんとかライバルに付け入る隙がないか」
という視点で作業に臨んでいたわけですね。

なので私もそれなりの自信を持って
「続ければ大丈夫」と伝えていたわけです。

(つまり唯一の懸念は「続けなくなること」
だったので、シンプルに励ますという、
滅多に使わない手を打ったのでした。)

もちろん現実として利益の額だけで言えば、
まだまだ大した数字ではありません。

ただ、この姿勢、スタンス、
取り組み方、表現は何でもいいですが、
間違いなく見習うところがあると思います。

ぜひ参考にしてみてくださいませ。

P.S.

先日お伝えした個別コンサルの
新規募集は、10月8日(月・祝)の
21時頃のメルマガで行います。

いつものように少人数の募集なので、
気になる方はお見逃しなく。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから