メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

BUYMAで「幸運」を掴むためのメカニズム(第548回)

※2016/12/25の記事です。

こんにちは、エスノです。

ツイッターでも書いたんですが、
先日、青木さんと青木さんの奥様と
クエ鍋を食べに行ってきました。

青木さんは今月すでに、
今年二度目の月利200万超えを達成しています。

今回の販売件数は約100件だそうですが、
一度目のときと比べて大きく減った、つまり
利益単価が改善されたため、より余裕をもって
生み出すことが出来た成果だと言えます。

昨年の2月に個別コンサルを始めたときから、
この人はちゃんとやれば普通に稼げるだろう
とは思っていましたが、まさかほぼ一人で、
ここまで利益を出せるようになるショッパーが
現れるとは夢にも思っていませんでした。

もちろん、BUYMA全体としてお客さんが
増え続けていることなどもありますが、
それにしても凄いの一言ですね。

今年の1月に初めて海外買い付けに行ったときは
私が色々アテンドしながらだったのですが、
次に機会があれば完全にこちらが教わる立場です笑

少し話はそれますが、コンサル生の中には
青木さんのように「上手くいくだろう」と思って
実際に上手くいく人もいれば、一方で、
一緒に試行錯誤しながらやってきた方もいます。

先日もメルマガで書いた高野さんは、
まさにそんな感じでした。

改めて、高野さんがコンサル開始とほぼ同時に
BUYMAを始めた頃の実績を振り返ったのですが、
昨年6月にBUYMAを始めて、7月に初受注、
返す刀で2件目の受注も7月だったのですが、
なんとそのあと、9月まで受注はありませんでした…。

そのあともちょこちょこ受注はあったものの、
月利10万円を初めて超えたのは今年の4月です。

しかし、先日も書いたように、10月、11月と
惜しくも月利30万には届かなかったものの、
あと一歩というところまで迫り、そして今月はついに、
月利30万を超えるどころか、昨日時点で、
月利約48万円を超えるところまでやってきました。

これから年末にかけて少しずつ
売れ行きが落ち着いては行きますが、
これも先日書いたように、すでに
ほぼ間違いなく利益が読める在庫を
複数確保しているので、月利50万を
達成する可能性は十分にあります。

Kさんも販売数は22件で約48万なので、
利益単価は2万円オーバーとなかなかいい水準です。

このくらいの販売数で、
しかも在庫販売が多いため、
すべての作業を一人で行っていても、
1日平均2時間くらいで、ちゃんと
回すことが出来るわけです。

ただ、すべての利益が在庫販売から
というわけでもありません。

たとえば先日は、無在庫で出品していた商品を
Farfetchから買い付けして、1点で5万円近い
利益を出したりしています。

当初はFarfetchから買い付けする予定ではなく、
問い合わせがあってから改めて他の買い付け先を
探したところ、Farfetchに辿り着き、たまたま
セールになっていたというのがその経緯でした。

ラッキーと言えばラッキーですが、
ラッキーを掴めたのは間違いなく、
これまでずっと「続けてきたこと」と、
「先入観なく買い付け先を探してみたこと」
という、「成功のための普遍的な条件」
を高野さんが満たす行動をしていたからです。

人それぞれ「幸運」に出会うタイミングがあり、
それは早かったり、遅かったりします。

そのタイミングをコントロールすることは、
残念ながら出来ません。

しかしながら、当たり前のことですが、
幸運は打席に立った人にしか訪れません。

そしてもう一つ言えるのは、
打席に立った回数が多い人のほうが
より多くの幸運に出会えるということです。

私が常々「続けることが重要」と言っているのは、
続けてさえいれば打席に立っていることになり、
それはつまり、幸運に出会う回数を高めることに
なるからに他なりません。

もちろん出会った幸運を「活かし切る」のは、
人それぞれの技量によって上手い下手があります。

大きな成功を早めに出す方は、
ここが違うわけですが、その力も、
結局打席に立ち続けないと伸びません。

打席に立つというのは、BUYMAで言えば、

・売れる可能性が高い商品を選び、

・ライバルより優位に販売できる買い付け先を探し、

・お客さんに見てもらえるように出品して、

・出品したあとも放置せずに振り返ること

です。

この過程で、どんな商品が人気なのか、
それはいくらで、どのくらいの期間で何個売れるのか、
どんなライバルがいるのか、買い付け先は?
その買い付け先には他にどんなブランドが?
ライバルではなく自分が選んでもらえるように
どういう風に出品すればいいのか?

などなど、様々な仮説と検証を経ることで、
多くの経験と知識を得られます。

それを活かしてまた同じ作業を続けていくと、
少しずつ作業の質が向上していくわけです。

その先に、利益単価の平均が2万円だったり、
1件で5万円の利益が生まれる受注があったりします。

言われてみれば当たり前のメカニズムですが、
多くの人が理解していなかったり、あるいは、
分かっている人でもうっかりすると疎かになる
重要な法則です。

「その他大勢」の人たちより少し先に行くために、
あらゆる場面でぜひ意識してみてくださいね。

クリスマスなのに、まったく浮かれた感じのない
堅い内容ですいません笑

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

BUYMAの大躍進と重要な時短テク3つ(第547回)

※2016/12/19の記事です。

こんにちは、エスノです。

15日木曜日はBUYMAを運営するエニグモの
第3四半期決算発表でしたね。

簡単に言えば、エニグモさん、
めちゃくちゃ儲かってます。

なにせ、一年で最も売上が上がる、
第4四半期(11~1月)を残した状況で、
去年1年分の売上をすでに超えてしまい、
前年同時期比では50%増です。

この分だと年間売上は40億超え、
利益も過去最高を大幅に更新です。

確かに、BUYMAを眺めていても、
またコンサル生の状況を見ていても、
年々売れ行きは加速している印象はあり、
特別意外なことでもないんですが、
でもまあ凄いですね。

この稼いだ分を、
ぜひ有効に投資してほしいところです…。

と、そんなことを思っていたら、
先日のメルマガで、先月初めて
月利100万円を超えたと書いたYさんから、
今月はすでに月利100万円を超えたという
なかなかビックリなご報告をいただきました。

BUYMA好調の波に乗って、
一気に突き抜けましたね。

ちなみに、BUYMA全体が好調でも、
もともと売れない人にはそんなに関係なく、
基本的には、もともと売る力のある人が
もっと儲かるという感じになります。

いくらお客さんが増えたとしても、

「買う理由のないショッパーからは買わない」

ので当然です。

増えたお客さんは、価格なり、納期なり、
実績なり、なんらかの優位性がある
パーソナルショッパーから買います。

好調の波に乗りたいならば、
まずは地力を上げるのが一番ですね。

話を戻しますが、Yさんはほぼ全ての作業を
ご自分でやっているので、販売個数は2桁でも、
売れすぎてちょっと大変な状況みたいです。

パンクしないような活動体制づくりが
今後の課題ということですね。

多くの人は売上や利益を上げる
ということに意識が偏りがちですが、
それ以上に重要なのは、一定のペースで
活動を継続することだったりします。

余裕のない状況は、起こるはずのない
ミス生んだり、あるいは、本来であれば、
大したことがなかったはずのトラブルを
必要以上に大きなものにしてしまいます。

その結果、売上に繋がる活動が
出来なくなるどころか、精神的に参ってしまい、
BUYMA自体を投げ出したくなるところまで
いってしまう人さえいます。

まあ、そこまでは極端だとしても、
余裕を持ちながら活動できるに
越したことはないわけです。

そのためには、利益単価は高めつつ、
販売件数を押さえたほうがいいです。

販売件数が増えれば増えるほど、
取引完了までに掛かる手間の総量は、
比例ではなく、指数関数的に増えるからです。

もっと言えば、適切に在庫を持つことで、
利益単価をさらに高めながら、
お客さんへの連絡などの
取引完了までにかかる手間を
大幅に削減したりするのも有効です。

ただ、こういった大きな方針から、
効率よく活動できるように仕向けていく
というのも、もちろん重要なのですが、
意外と軽視されがちなのが、
知ってるか知らないかで差がつく
時短テクニック的なものです。

そこに頼っても利益には繋がらないのですが、
誰でもやれば出来るちょっとしたことなので、
やらない理由もありません。

ということで、前置きが
めちゃくちゃ長くなりましたが、
今日はそういうのをいくつかご紹介します。

1.単語登録

これはBUYMAにまったく関係ない、
ごく普通の文字入力の話です。

・メールアドレス

・google検索時の「-site:buyma.com」

参考:http://steermylife.com/1313.html

・お客さんへの連絡でよく使う言葉

例)「よろしくお願いいたします。」など。

などなど、こういったよく使う文字列は、
一発変換できるようにしておくべきです。

一回の作業の手間としては小さくても、
ちりも積もればと言うやつですし、
何より「ちょっとした面倒臭さ」が
だいぶ解消されるのが大きいですね。

2.Google Chrome

特に画像検索をする際には、
絶対にGoogle Chromeを使うべきです。

なぜなら、画像を右クリックすれば、
(Macならcontrol+クリック)
「Googleで画像を検索」というメニューがあり、
一発で画像検索することが出来るからです。

他のブラウジングソフトを利用している方は、
画像を一度ローカルに保存してアップしたり、
画像のURLをコピーして貼り付けたりしないと
画像検索できないですが、その手間を
一気に短縮してしまいましょう。

3.新しいページを「別のタブ」で開く

たとえばshopstyleで買い付け先を探しているとき、
目ぼしい商品をいちいちクリックして、ひとつひとつ
販売しているサイトに行くのは効率が悪いです。

ひとつのサイトをチェックして、またページを戻って、
また別のサイトをチェックして、そこからちょっと
気になる別のブランドを見たりして、だんだん脇道にそれ、
気がつけば何をすれば良いのか行方不明…。

そうではなく、気になったページは、
どんどん別のタブで開いていって、
分岐点までちゃんと戻ってこれるように
しておくのが重要です。

あとは、新しいサイトが開くのを
待っている時間は無駄でしかありませんが、
これも「別のタブ」で開くことによって解消されます。

本当にちょっとしたことばかりですが、
今回紹介したことをやっていなければ
ぜひ実際にやってみて欲しいですし、
その他の場面でも、常に何か、
時間を短縮する方法はないかというのを
考えてみていただければと思います。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

選択肢は少ないほうが良いこともある。(第546回)

※2016/12/15の記事です。

こんにちは、エスノです。

あっと言う間に12月も半分終わりそうで、
もういくつ寝るとなんとやらです。

セール真っ只中ですが、
早くも春夏の新作がぽつぽつ入荷
してきていて、毎年のことながら、
いまいち季節感がないのが12月ですね。

さて先週末は、土曜は東京で、
日曜は福岡でワークショップでした。

東京のほうに参加している高野さんは、
昨日時点で月利約18万円で、
ここ2ヶ月とも、あとほんの数百円で
月利30万円を達成できなかったのを、
今月こそは超えられそうな雰囲気です。

(先月もそんな感じでしたが…笑)

近いうちに間違いなく売れて、しかも
1点あたり2~4万円の利益が出る在庫を
すでに10点以上買い付けて確保しているので、
あとはいつ売れるか、というだけなんですが、
どうせならキリの良い目標を達成して、
気持ちよく年を越したいところですね。

ちなみに、「間違いなく売れる」というのは、
BUYMA内でもう何ヶ月間にも渡って、
安定して売れ続けているから言えることです。

それだけ聞くと、「すごいな」と
思うかもしれませんが、

「BUYMA内で安定して売れ続けている商品を探すこと」

は、実はそんなに難しいことではありません。

それは人気ブランドの人気上位の商品などを
ちゃんとチェックしていけばすぐ見つかります。

(そういう商品を見つけることが難しい
と感じる方は、BUYMAの「基礎的な知識」が
まだ不足していると思ったほうが良いですね。)

本当に難しいのは、そういう売れる商品を、

「利益が取れる価格で購入できる
“買い付け先”を探すこと」

です。

高野さんは昨年6月に、個別コンサル受講と
ほぼ同時に副業でBUYMAを始めたわけですが、
そこから地道にコツコツ作業を続けてきた結果が、
プレミアムショッパーをはじめ、自分より実績が
圧倒的に上のライバルを相手にしても、
1点で数万円の利益を取り続けている今です。

もちろん、そうは言っても、
まだ月利30万円です。

強いライバルにも勝てている場所は
今もまだまだ非常に局地的です。

ただ、始めはまったく歯が立たなかったところから、
少しずつ勝てるところを増やしてきたわけです。

たとえば、今回であれば、
あらかじめ目星をつけておいた人気商品が
セールなったタイミングや、あるいは、
安く買えるショップに在庫が再入荷したのを
見逃さないように、日々チェックしていました。

どんな商品が売れるのか、それは、
いくらで、どのくらいの期間で売れるのか、
ライバルはどんなショッパーがいるのか。

それが高い価格のまま在庫が残っている
ショップはどこなのか、あるいは、以前
在庫があったショップはどこなのか。

そういうことを地道に積み上げてきたわけです。

そしてこれからも少しずつ積み増していき、
成果につなげていくでしょう。

この積み上げるサイクルが早ければ早いほど、
早く大きな成果を出せるようになります。

たとえば、昨年11月のコンサル開始から
ちょうど1年経った先月、初めて
月利100万円を超えたYさんは、
自分の得意なブランドを早い段階で
作り上げることで、その好循環を
生み出すことに成功しました。

自分の得意なブランドというのは、
狙って生まれるというよりは、何かの拍子に、
たまたま縁があって出くわすことが多いです。

出品して、たまたまその翌日に売れて、
そのすぐあとにまた売れたりすると、
なんとなく相性が良いような気がして、
積極的に色んな買い付け先を探したり、
他のショッパーではなく自分から買って
もらえるように試行錯誤したりします。

その結果、
ショッパーとしての自力の底上げにつながり、
「なんとなく相性が良かったブランド」から
「得意なブランド」になっていったりするわけです。

私も参加した10月のイタリア買い付けツアーに
Yさんもたまたま参加していたのですが、
最終的には、そこで、自分の得意なブランドの、
他の同行者が見向きもしなかった商品を数点買い付けて、
それだけで大きな利益を生み出せるようになったりしています。

当たり前ですが、Yさんも最初から
得意なブランドがあったわけではありません。

くどいようですが、これも
これまで積み上げたものがあってこそです。

ちなみに、高野さんもYさんも、例によって
外注さんはいませんし、基本的に買い付けは
海外のオンラインからです。

別にいないことが良いというわけではなく、
それが必須ではないということです。

結構多いのが、海外で買い付けを
手伝ってくれるパートナーもいるし、
出品などを手伝ってくれる人もいる。

けれど、どこに注力していいのかが散漫で
結局成果に繋がりきらないというケースです。

選択肢が広がりすぎることが、
逆に中途半端な行動に繋がってしまい、
それどころか、その選択肢に縛られる
という不自由さを生み出してしまったりします。

そうはならないように、
ぜひ気を付けてくださいね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから