メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

Google翻訳を超える無料翻訳システム(第716回)

※2020/6/25の記事です。

こんにちは、エスノです。

前回のメルマガで書き忘れたのですが、
実は先々週の火曜日から食中毒で
3日間くらい絶不調、そのあとも翌週の
前半くらいまではなんとなく調子が悪く。

あんまり予定が詰まってなかったので
そんなに実害はなかったのですが、
やはり日常生活が普通に送れない
というのはなかなかストレスが溜まるものです。

またこのご時世なので、
一時体温が38度くらいまで上がったときは、
心当たりはまったく無くともさすがにちょっと
肝を冷やしました。

食中毒は今の時期がシーズンなので
(菌とかウイルスの種類によりますが)
ぜひお気を付けくださいませ。

さて、そんな病気つながりではないですが、
先日配信した青木さんとの対談音声でも
ちょっと話したように、新型コロナについて
いろいろ調べるのが日課のようになっていたことが
一時期ありました。

ただ、精度の高い情報を得ようとすると、
国内のワイドショーとか、誰が書いたかも
分からないようなブログは論外として、
大手メディアの記事ですら正直怪しい、
というのも先日の音声でお伝えした通りです。

そうなると、もうちゃんと論文を、
しかも英語で書かれたやつを読まないと
なかなかまともな情報を得られません。

ということで、専門用語がしんどいので、
Google翻訳を使いながらえっちらおっちら
いろいろ読んでいたんですが、さすがに
翻訳の精度や、長文を一気に翻訳できないという
使い勝手の点で、なかなかストレスが溜まる感じでした。

そんなことを続けていたある日、
Google翻訳を超える翻訳システムに出会いました。

それが、DeepL翻訳です。

https://www.deepl.com/translator

翻訳の精度もさることながら、
ソフトをダウンロードしておけば、
長文がすぐに一気に訳せる使い勝手もよいです。

すでにご存知の方も多いかもですが、
これのおかげでだいぶ気軽に
論文に当たることができるようになりました。

で、DeepLのいいところは、
論文のような堅い文章はもちろん、
かなりカジュアルな文章であっても、
そのニュアンスをちゃんと生かして
翻訳してくれるところです。

これはまさに
BUYMAで買い付け先とやりとりするときに
うってつけでもあることに気付きました。

すでに複数のコンサル生が、
買い付け先とのやり取りで困ったときに
DeepLを生かして、取引をスムーズに
進めることができたりしています。

ということで、百聞は一見にしかずというか、
とりあえず実際に使ってもらうのが
一番早いと思うので、ぜひいろいろ翻訳して
どんな感じなのか試してもらえるといいかと思います。

もちろん基本的には無料で利用できますよ。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

BUYMA総取扱高は30%も伸びていた(前年比)(第715回)

※2020/6/19の記事です。 

こんにちは、エスノです。

前回の配信からまた随分時間が経ってしまい、
気付けば緊急事態宣言もだいぶ過去のものに
なってしまいました。

結局のところ、新型コロナウイルスは
(これまでのPCR検査などの結果から予想された通り)
どういうわけか日本では「蔓延」というほどには
広がっていないということが分かってきています。

ちなみに16日付で厚労省が発表した
抗体検査の結果では、たとえば、
東京での抗体保有率は0.1%と報道されています。

これは、

「アボット社とロシュ社の検査キットの
両方で陽性になった人の割合」

なので、実際の感染者の割合は
さすがにもうちょっと高いと思います。

(0.3~1%くらい?)

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000640184.pdf

なお完全に余談ですが、
今回使われた3社のキット以外を利用した抗体検査も
以前から国内外問わず実施されていますが、
それらの性能評価は基本的に全然ダメです。

以下は4/17の発表資料ですが、
サンプル数が少ないことには留意すべきものの、
これ本当に販売していいのか?というレベルです。

(日本で早くから抗体検査を実施していたクリニックは
だいたいこの程度の性能のものを使っています。)

http://www.kansensho.or.jp/uploads/files/news/gakkai/covid19_kensakit_0423.pdf

ただ、いずれにしてもやはり1%も感染しておらず、
逆に言えばそんなものでも一時期は医療現場の
リソースは食いつぶされてしまったということなので、
やりすぎない範囲での感染予防は
継続していったほうがいいですね。

さて、先週の金曜日にエニグモの
2021年1月期第1四半期決算が出ました。

すでにtwitterでは簡単に書いたんですが、
もうご覧になりましたでしょうか。

https://twitter.com/esno_biz/status/1271337173824880640?s=20

実際の資料は以下です。

■2021年1月期第1四半期 決算補足説明資料

https://enigmo.co.jp/wp-content/uploads/2020/06/ir_20200612_2.pdf

この環境下ですので、
通常では出さないタイミングで、
決算の補足説明資料も出ました。

この資料の中で、ここ数ヶ月における
総取扱高の対前年同月比が開示されています。

それによると、結局今年4月の総取扱高は、
対前年比で20%減ということでした。

さらに、そのあとの5月と6月の
実績についても触れられていて、
5月の対前年比はほぼ同じくらい、
6月に至っては(10日までの数字ですが)
対前年比30%増で推移しています。

これは4月に買い控えがあった分が、
反動として上乗せされているのもあると思うので、
このあとも同じようなペースでの増加が続く
というわけではないと思います。

ただ、少なくとも今の時点では、
もうコロナの影響は、BUYMAにおいてはほぼなく、
昨年と同じ時期の状況を変わりがないということは
言っていいでしょう。

もちろん、今後の景気悪化の程度によっては、
やはり昨年度まで続いてきたような成長を、
今年度も期待するのは難しいかもしれません。

夏のボーナスを出すところは思ったより多そうですが、
そのあとのことはまだまだ分からないからです。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60456260X10C20A6EE8000/

しかし、仮にそうなったとしても、
あれだけ外出できる見込みも立たず、
ヨーロッパ各国では、ロックダウンで
買い付けが不自由だった3~5月を超えて、
BUYMA内の取引が冷え込むというのは、
少なくとも新型コロナ関連の影響では
考えづらいという印象です。

ということで、結論としては
いつもと同じでつまらないのですが、
BUYMAで利益を出すために必要な、
本質的に大事なこと、原理原則を
ちゃんと実践できていれば何も問題ありません。

外部環境に左右されずに、
自分がやるべきことに
しっかり向き合っていきましょう。

ではではー。

P.S.

ということで、個別コンサルの新規募集も
久々に行おうかと思います。

6月25日(木)21時頃配信のメルマガで行います。

いつものように少人数の募集ですので、
気になっている方はチェックしてくださいませ。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

環境が激変するときにまず気を付けたいこと。(第714回)

※2020/5/13の記事です。

こんにちは、エスノです。

先日のメルマガでお伝えした
持続化給付金の詳細ページのURLですが、
間違えて分かりづらいものを貼っておりました。

詳細は以下を参照してくださいませ。

https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html

また、以下のよくある質問にもありますが、
持続化給付金は「課税対象」です。

Q15.持続化給付金は課税の対象となるのか。
https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-qa.html

この点も一応ご承知おきください。

さて、先日から、多少景気が悪くなろうが、
あるいは、BUYMAの総取扱高が減ろうが、
それはBUYMAの「事業をする場所としての魅力」が
大きく落ち込んでしまうほどではないということを
お伝えしてきました。

しかしながら、そうは言っても、
これまでと同じように市場が拡大する
ということではないわけです。

そういう環境の中で何をすべきなのか
というのは当然いろいろあるわけですが、
そのひとつに、

だからこそ特別なことではなく、
「BUYMAで利益を出す」ということについて、
より本質的な活動が継続して出来ているかどうか

という点があるように思います。

要するに、環境云々以前に、

自分が、やるべきことを
しっかりやれているのかどうか

が問われてくるということです。

環境が大きく変わりそうなときに、
焦ってウルトラC的な必殺技を求め、
仮初の安心を手に入れたくなるのが
人の業というものですが、それではダメです。

むしろこういうときこそ、原理原則に立ち返り、
基礎から丁寧に積み上げ直さないといけません。

そういう観点から、青木さんと
別の音声をまた収録してきました。

■エスノx青木対談音声
「新型コロナウイルスの影響を受けている今だからこそ
見直すべき最も重要なこととは」

※再生速度を1.25倍にしてどうぞ。

※収録したのは4月前半です。

いくら状況や環境が変化したからといって、
ただ我武者羅にやっても逆効果です。

まず自分の取り組み方を安定させて、
大事なことを確実に積み上げていくために
何よりも重要だと考えていることを取り上げてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから