イタリアのセレクトショップで気を付けること。(第471回2015年12月5日)

こんにちは、エスノです。

今月はなんとかメルマガを
毎日書けないものかと頑張ってみています。

さて、今日はイタリアの
セレクトショップに関する小ネタです。

先日、現役コンサル生Eさんとの
スカイプコンサルにて、とある
商品のリサーチをしていました。

販売実績はそこまで多くないものの
人気ブランドの季節モノ、かつ、
ライバルが数人しかいなかったので、
買い付け先が見つけられたら
ちょっと嬉しい感じの商品でした。

ただ、人気ブランドでライバルが少ない
ということは、買い付け先が探しづらい
という可能性も少し出て来ます。

とりあえずそんなことを考えながら
一緒にリサーチすると、おそらく
ライバルはここから出品したのだろう
という買い付け先を発見しましたが、
そこはすでに在庫がなく完売。

この時点でちょっと厳しいかな
と思ってはいたのですが、そのあと
手順通りに探してみたところ、
なんとセールになっている別のショップを
見つけることができました。

これまで何度もあったことではあるのですが、
やはり先入観を持たずに一通り探してみる
というのは大事なことですね。

で、見つかったはいいものの、
そのショップは、初めて見る
イタリアのショップだったため、
そもそも日本に送ってくれるか
というのを確認する必要があります。

買い付け費用の確認も含めて
例によって、商品をカートに入れて
決済手前まで購入手続きを進めます。

すると、配送先の「country」の
選択肢に「JAPAN」がない…!

「KOREA」とか「CHINA」はあるのに、
なぜなんだ…。

せっかく見つけたのに残念…。

と思って、諦めた経験がある方も
もしかしたらいるかもしれません。

実は、イタリアのショップでは、
ここでちょっと気を付けて
いただきたいことがあります。

このショップもそうだったのですが、
ショップ内の言語を英語に変えられる場合、
国際配送に対応している可能性は
けっこう高いです。

おまけに、配送先の「country」に
「KOREA」とか「CHINA」はあるのに、
「JAPAN」がないというのは明らかに変です。

こういうショップの場合、英語の
「JAPAN」ではなくて、イタリア語の
「GIAPPONE(ジャポーネ)」という
選択肢がないかを確認してみてください。

実際に今回Eさんと探し当てたショップは
まさにこのパターンでした。

というわけで、想定利益3万円の
他に出品者がいない商品の
買い付け先を確保することができた
というお話でした。

ちょっとしたことなのですが、
こういう細かいところに気付くかどうか
というだけで差はつくので、
知識として頭に入れておいてくださいね。

最後にお知らせです。

現在、最強の買い付け力向上サービス

「Buyer’s Drive」(バイヤーズドライブ)

と、そのポテンシャルを最大に引き出す企画、

「BUYMA PROGRESS STAGE」
(バイマ プログレス ステージ)

の新規募集が行われています。

http://

※メルマガでのみ募集しました。

上記リンクから「Buyer’s Drive」に
申し込んでいただくことで、
私からの紹介特典として、
「BUYMA PROGRESS STAGE」
に参加することが可能になります。

「BUYMA PROGRESS STAGE」は、
主に以下の4つのコンテンツで構成されます。

★「BUYMA PROGRESS STAGE」詳細

1.メール通信講座(全10回予定、その後も都度配信)

毎日、あるいは数日毎に配信するメールで、
以下の内容についてお伝えしていきます。

■ライバルを蹴散らすための「在庫販売」戦略

→商品によっては、無在庫ではなく在庫を持ち、
 他のパーソナルショッパーが販売できない
 という状況を生み出すことがとても重要になります。

 在庫販売のリスクをコントロールしながら、
 その効果を最大限発揮するための方法をお伝えします。

 身に付けてしまえば、1件あたり数万円の利益を
 “狙って”生み出すことが可能になります。

 特に同じ条件の参加者がいるBuyer’s Driveでは
 「在庫販売」のスキルが自身の成果に大きく反映されます。

■“超”効率的な芋づる式商品リサーチ

→「Buyer’s Drive」を前提としたときに、
 通常の商品リサーチや買い付け探しに
 ひと工夫を加えることで、もっと作業を
 効率化することが可能になります。

 そのための手順を具体的にお伝えします。

■「受注後の在庫切れ」にもう泣かないための出品戦略

→商品のブランド、カテゴリなど、その属性ごとに、
 「無在庫」と「在庫」のどちらで攻めるべきなのか、
 ということは違ってきます。

 これを正しく理解することで、
 受注後に在庫切れだったという悲しい事態を、
 大きく減らすことも可能です。

 そのための出品の考え方について具体的にお伝えします。

■「価格競争」に悩まされない価格決定の考え方

→物凄く豊富な商品数があるとはいえ、
 同じ商品を複数の出品者が扱うというのは
 どうしても起こり得ることです。

 ただそのような状況であっても、
 際限のない「価格競争」に巻き込まれず、
 しっかりと高い利益を確保していくことが可能です。

 そのための考え方を実例を交えてお伝えします。

■他の参加者と差をつけるために、
 提携ショップと良好な関係を構築する方法

→「Buyer’s Drive」に申し込むだけでも、
 普通では有り得ないくらい有利になります。

 それと同時に、ただ買い物をしているだけでは、
 提携ショップのポテンシャルを100%生かし切れてる
 とは言い難いことを、私は自分の体験から知っています。

 ショップの担当者との付き合い方や、
 そもそも各ショップのシステム上の構造を把握することで、
 意外なところから成果につなげていくことが可能です。

 私が実際に利用しているショップもありますので、
 その体験を元に詳しく解説します。

このサービスが最初にリリースされた、
3月1日以降の9ヶ月間、私自身がいち参加者として
実際に活用した経験を踏まえて書きますので、
これから利用する方にとって、間違いなく
役に立つ内容ばかりです。

※上記以外にも重要な内容を随時配信していきます。

2.絶対に在庫を持つべき商品リスト

 このサービスの提携ショップは、
 ヨーロッパのハイブランドを扱うショップが主です。

 ただ、これまでこのレベルのハイブランドを
 しっかり扱ったことがない方も多いかと思います。

 そこで、私が「見つけたら“絶対に”在庫を持つべき」
 という商品を、その買い付け価格の基準とともに、
 具体的にお伝えしていきます。

 かなり厳しい基準で判断するため数は多くありませんが、
 このあたりのブランドを扱ったことがなかった方には、
 人気の定番商品が分かるので参考になると思います。

 またその商品を私がなぜ選んだかという部分まで
 追いかけると、同じような商品をどんどん見つけて
 ライバルと差をつけることができるようになります。

 (対象商品は少しずつ増やしていく予定です。)

3.ライバルより圧倒的に早くアクセスを集めて、
 人気順で上位表示される外部メディア活用方法

→買い付けできる価格が参加者同士同じ水準なら、
 いち早くお客さんの目に留まるかどうかは
 これまで以上に重要な要素になってきます。

 そこで、SNSのような外部メディアを活用し、
 出品後すぐに大量のアクセスを流す方法をお伝えします。

 短期間にまとまったアクセスを得られれば、
 すぐに人気順で上位表示され一歩リードできます。

 こちらはPDF形式でまとめてお渡しします。

4.「BUYMA PROGRESS STAGE」会員サイトへご招待

→上記メール講座のバックナンバーや、
 「絶対在庫リスト」をいつでも確認できる
 会員サイトをご利用していただけます。

5.回数、期間無制限のメールサポート

→もちろんBuyer’s Drive自体にも
 参加者のサポートはあるのですが、
 私の紹介で申し込んでくださった方は、
 私に質問していただくことも可能です。

 というか、ぜひどんどん質問していただいて、
 この素晴らしいサービスをしっかり使い倒して欲しいです。

 (これまでの募集で申し込んだ方も遠慮なくどうぞ)

なお紹介特典企画
「BUYMA PROGRESS STAGE」は、
12月8日(火)から開始します。

8日の夜に
「Buyer’s Drive」主宰のイチローさんより
特典企画の参加方法について
連絡していただきますので、
少しだけお待ちいただければと思います。

これから新作も続々と入荷してきて、
Buyer’s Driveの威力が一番発揮される
時期を迎えます。

次回募集時期は未定ですので、
興味のある方はお早めにどうぞ。

■「Buyer’s Drive」を手に入れて、
 「BUYMA PROGRESS STAGE」に参加する

http://

※メルマガでのみ募集しました。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから