自分の手間と時間をどこに注力すべきなのか(第377回2015年3月13日)

こんにちは、エスノです。

火曜日に大阪でコンサルした翌日は
名古屋で二人のコンサル生と会ってきました。

夜お会いした方は、
待ち合わせ前にちょうど注文が入り、
しかも、すぐに別の方から同じ商品の
在庫確認の問い合わせもあったとのこと。

ただ、残念ながら
予定のショップには在庫がなくなっていたため、
まずは一緒に他の買い付け先を探しました。

ここで目指すべきベストのゴールは、
当初の価格のまま、同じ商品を
2つ買えるショップを見つけることです。

とりあえず、定番のshopstyleと、
googleのキーワード検索ですが、
出品時点でshopstyleは当たっていたので、
まずはgoogleで検索するところから始めます。

その際、出品時に商品の品番を
把握することができていたので、
まずは「ブランド名+品番」で検索しましたが、
ちょっと見つかりません。

もちろん、品番は一文字ずつ削りながらです。

参考:http://steermylife.com/1173.html

やってみると、検索結果に出てはくるのですが、
サイズが無かったり価格が高すぎたりという感じで
ベストの結果ではありません。

とりあえず、この流れで、
価格はちょっと上がるものの、
お客さんが求めるサイズは確保できたので、
最後まで見つからなかったときは、
値上げの交渉をすることを想定しておきます。

そのあとは、
「ブランド名+商品固有のキーワード」
で検索します。

しかし、使うキーワードとその組み合わせを
いろいろ変えてみても、残念ながら出てきません。

出品時点ならここで諦めるのもアリですが、
すでに売れている商品の場合は、
もうちょっと頑張って見つけさえすれば
利益が確保できるわけです。

しかも今回はもう一人買ってくれそうな人も
問い合わせをしてくれている状況なので、
何か打てる手があるならやったほうが良さそうです。

ということで、今回受注した商品と同じブランドの
別の商品を出品するときに当たった買い付け先を、
しらみつぶしに何件かチェックすることにしました。

しかし、残念ながらそこにもなし。

ということで、途中で見つけた
ちょっと高いショップから買うことになるので、
すでに注文済みの方と問い合わせ中の方に
値上げの交渉をすることになりました。

他の出品者もサイズが切れてしまっていて、
値上げしても一番安く提供可能だったのが、
不幸中の幸いですね。

最終的には、受注済みの方はキャンセルで、
問い合わせの方は受注することができたそうです。

ベストの決着とはいきませんでしたが、
それでも最悪の結果にはならなかったので、
悪くはなかったのではないかと思います。

こういう受注済みの商品の
買い付け先を頑張って探すのは、
目の前の利益を確保できること以外に、
もしそのあとさらに売れた場合に、
利益を上乗せできる可能生を高める
という観点からも重要なことです。

「何に時間と手間を掛けるべきなのか」

「今自分がしていることは本当に
手間と時間を掛けるべきことなのか」

ということは、どれだけ考えすぎても
やり過ぎるということはありません。

常に意識しながら作業すると
そのうち習慣づいてきますのでお試しあれ。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

安定して売り続けるために必要なこと。(第376回2015年3月10日)

こんにちは、エスノです。

連日のお知らせで恐縮なんですが、
「BUYMA PROGRESS STAGE」に
まだ未登録の方が現時点で8名います^^;

こちらでお知らせするのも
そろそろ止めますので、
まだの方はお早めにどうぞ!

もし、私から「Buyer’s Drive」に
申し込んだのに、案内が来ていない
という方はご一報くださいね。

さて、今日は大阪に来ております。

今回も赤ちゃん連れのママさんと
グランフロントの喫茶店でお話してきました。

今日は赤ちゃんがずっと起きていて、
たくさん遊んでもらえてかなり癒やされました笑

その分、PCを開きながらは
あまり話が出来なかったのですが、
(お子さんがPCに興味津々すぎるため^^;)
すでに買い付け先の探し方などについては
特に問題がないので、いろいろと
ざっくばらんに話してきました。

この方は、先月末に、某ハイブランドの商品で
初めて10万円を超える注文を受けたのですが、
他にも1月くらいから売れ始めた商品が、
先月あたりからずっと売れ続けていて、
今月もすでにかなり売上が伸びています。

ただ、その一方で、受注数が増えてしまい、
それに伴う作業量が増加したことで、
リサーチや出品作業をするための時間が
なかなか確保しにくくなってきています。

これは少し先の未来を考えると
あまりよろしくない状況です。

今売れている商品も、
いつまでも在庫があるわけではありません。

それらが売れなくなって時間ができた頃に
改めてリサーチして出品してとやっても、
売れ始めるまでにはどうしても
少しタイムラグが生まれてしまいます。

つまり、安定して成果を出すには、
安定して出品し続けることが重要なわけです。

別に、月に100も200も出品する必要はありません。

もちろん多いに越したことはないですが、
1日1つでも出品できるなら十分なので、
このことは全ての方に、ぜひ意識して
いただきたいと思います。

そう言えば、随分前に、
このブログでもその現象についての
対策を書いたことがありました。

■BUYMAで短時間で最大の成果を出すための思考法(【第36回】2013年9月12日)

http://steermylife.com/333.html

簡単にまとめると、時間を生み出すには

・今やっていることを、もっと効率よくやるようにする。

・今やっていることのうち、何かをやめる。

・今やっていることを、他の誰かにやってもらう。

のいずれかしか選択肢はないので、
自分の作業を上記の視点で見直す必要がある
というような普通の内容です。

まあ過去のブログも
結構役に立つことを言ってますので、
よかったらご覧くださいませ笑

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

コンサルでできること、できないこと。(第375回2015年3月9日)

こんにちは、エスノです。

最近コンサル生からの嬉しい連絡が多くて、
ほくほくしております。

30万円の商品の受注報告や、
ちゃんとリサーチして出品した商品が売れた報告、
あるいは、1件あたりの利益が1万円を超える注文を
初めてもらったという報告などなど。

ただ、報告をいただく度に思うのは、
こういう成果に与えた私のコンサルの影響というのは
どのくらいあるのかなあということです。

これは別に「自分が無力な気がする」
というような意味合いではありません。

例えば、買い付け先の探し方の手順などは
私が伝えたことが皆さんの血となり肉となって、
それまで見つけられなかったような買い付け先に
辿り着けるようになっていきます。

こういう技術的な部分では
確かに役に立ってるという実感はあって、
別に自分の無力さを悲観したりしてはいません。

ただ、じゃあそのスキルが身に付いたからといって、
「30万円の商品を受注できる」とか、
「高価格帯のハイブランドの商品を受注できる」とかは、
すぐに達成できることなのかというと、
実はそれまでには大きな壁があってなかなか難しいです。

それは、以前もメルマガで何度か書いた
「思い込み」や「先入観」といったような、
自分自身の「フィルター」によるものです。

「30万円の商品」や「ハイブランドの商品」を受注するには、
そもそもそれらを出品しなければならず、出品するには、
そのジャンルの商品をリサーチしなければいけないわけです。

これが、意外となかなか出来ません。

「そんな高いもの誰が買うんだろう」

「こんな高級ブランド、私から買うわけがない」

などなど、ネガティブなものが頭をよぎってしまい、
そういうジャンルに「そもそも手が出ない」のは
けして珍しいことではありません。

こういう「フィルター」に関しては、
私の力で外部から取り除くというのは
とても難しいことなわけです。

私がいくら「価格はいくらでも売れますよ」
「実績が少なくてもハイブランドも売れますよ」
と伝えたところで、あるいは、
すでにそういうことを経験してきた、
他の出品者の事例を知ったところで、
「いやでも待てよ」と二の足を踏んでしまう感覚は
なかなか取り除くことが出来ないでしょう。

これはもう、自分の体験を通して、
「あ、出来るんだ」という実感を
少しずつ積み上げていくしかありません。

これについては、
どう考えても私の尽力の部分よりは、
時には上手くいかずに苦しみながらでも
着実に前に進んで新しい世界を拓こうした、
ご本人たちの努力による部分が圧倒的に大きいなあと
思わざるをえないわけです。

まあ、だからなんだという話でもあるんですが、
とりあえず「万遍なく見るのが大事」ですが、
それは意外と難しいです。

もし、今回のような先入観によって
少しでも自分の視野が狭められてる
というような気がする場合は、
なんとかしようとしてみてください。

特に

・高い商品は売れないんじゃないか

・ハイブランドは売れないんじゃないか

・高級ブランドの人気商品はライバルに勝てないんじゃないか

・人気かもしれないけどこんなデザインの商品売れないんじゃないか

・あのライバルは安すぎるから、ひとつも参考にならないんじゃないか

このあたりはよくある思い込みの例だと思います。

逆に言えば、これらを取り除けば、
それだけで他の出品者に差を付けられるので、
ぜひどこかで真っ向から崩してみてください。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから