自分の手間と時間をどこに注力すべきなのか(第377回2015年3月13日)

こんにちは、エスノです。

火曜日に大阪でコンサルした翌日は
名古屋で二人のコンサル生と会ってきました。

夜お会いした方は、
待ち合わせ前にちょうど注文が入り、
しかも、すぐに別の方から同じ商品の
在庫確認の問い合わせもあったとのこと。

ただ、残念ながら
予定のショップには在庫がなくなっていたため、
まずは一緒に他の買い付け先を探しました。

ここで目指すべきベストのゴールは、
当初の価格のまま、同じ商品を
2つ買えるショップを見つけることです。

とりあえず、定番のshopstyleと、
googleのキーワード検索ですが、
出品時点でshopstyleは当たっていたので、
まずはgoogleで検索するところから始めます。

その際、出品時に商品の品番を
把握することができていたので、
まずは「ブランド名+品番」で検索しましたが、
ちょっと見つかりません。

もちろん、品番は一文字ずつ削りながらです。

参考:http://steermylife.com/1173.html

やってみると、検索結果に出てはくるのですが、
サイズが無かったり価格が高すぎたりという感じで
ベストの結果ではありません。

とりあえず、この流れで、
価格はちょっと上がるものの、
お客さんが求めるサイズは確保できたので、
最後まで見つからなかったときは、
値上げの交渉をすることを想定しておきます。

そのあとは、
「ブランド名+商品固有のキーワード」
で検索します。

しかし、使うキーワードとその組み合わせを
いろいろ変えてみても、残念ながら出てきません。

出品時点ならここで諦めるのもアリですが、
すでに売れている商品の場合は、
もうちょっと頑張って見つけさえすれば
利益が確保できるわけです。

しかも今回はもう一人買ってくれそうな人も
問い合わせをしてくれている状況なので、
何か打てる手があるならやったほうが良さそうです。

ということで、今回受注した商品と同じブランドの
別の商品を出品するときに当たった買い付け先を、
しらみつぶしに何件かチェックすることにしました。

しかし、残念ながらそこにもなし。

ということで、途中で見つけた
ちょっと高いショップから買うことになるので、
すでに注文済みの方と問い合わせ中の方に
値上げの交渉をすることになりました。

他の出品者もサイズが切れてしまっていて、
値上げしても一番安く提供可能だったのが、
不幸中の幸いですね。

最終的には、受注済みの方はキャンセルで、
問い合わせの方は受注することができたそうです。

ベストの決着とはいきませんでしたが、
それでも最悪の結果にはならなかったので、
悪くはなかったのではないかと思います。

こういう受注済みの商品の
買い付け先を頑張って探すのは、
目の前の利益を確保できること以外に、
もしそのあとさらに売れた場合に、
利益を上乗せできる可能生を高める
という観点からも重要なことです。

「何に時間と手間を掛けるべきなのか」

「今自分がしていることは本当に
手間と時間を掛けるべきことなのか」

ということは、どれだけ考えすぎても
やり過ぎるということはありません。

常に意識しながら作業すると
そのうち習慣づいてきますのでお試しあれ。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから