farfetchの送料から学ぶこと。(第443回2015年8月21日)

こんにちは、エスノです。

お盆が明けたら、
急に秋っぽくなってしまいましたね。

今日なんて関東はほぼ秋です。

ツクツクボウシが鳴き始めた時は
さすがにちょっと焦りました。

さて本題です。

お気付きの方も多いかもしれませんが、
みんな大好きfarfetchの配送料が安くなっています。

http://www.farfetch.com/jp/pag1985.aspx#OrdersShipping

以前は4,200円だったのが、今は1,500円です。

急な変更で、運営からのお知らせなども
特になかったように思います。

本当は7月半ばくらいから気付いていたのですが、
一時的なものかもしれないと思っていたこと、
また、farfetchからの買い付けで、
利益を出しているコンサル生が複数いるので、
メルマガでお伝えするのはちょっと控えておりました^^;

farfetchから出品していて
この変更に気付いていなかったという方は、
たかだか2,700円の違いではありますが
ちょっと価格を見直してみてもいいかもしれません。

さて、これで話が終わっては
あまり意味がありません。

この変化に気付けなかった人は、

「なぜ気付かなかったのか」

「また同じようなことを繰り返すのではないか、
 どうしたら同じようなことを繰り返さないのか」

ということまで考えておかないと、
いつまでたっても進歩がないわけです。

まず、気付けなかった人にも2通りあります。

・買い付け先としてfarfetchをよく選んでいる人

・買い付け先としてfarfetchをほとんど選んでいない人

このうち後者は、まあ仕方がないでしょう。

関わらなければ気付けないのが当然ですから、
これはそれほど問題ではありません。

問題は、前者のように、
farfetchからよく出品しているのに、
気付けていなかった場合です。

気付くためには、

・配送に関するページを確認する

・カートに商品を入れる

このいずれかで気付けるはずです。

ただ、初めてfarfetchを使う方ならともかく
特に過去何度か利用したことがある方は、
改めて配送のページを確認することは
あまりしないでしょう。

ということで、基本的には、

「カートに商品を入れる」

ことが、この変化に気付けるかどうか
の分かれ道ということになります。

で、カートに商品を入れるのにも

・出品価格を計算するため

・在庫の数を確認するため

・実際に買い付けするため

など何パターンかあるわけです。

まとめると、気付けなかったのは

・出品時点で価格計算や在庫数確認のために、
 カートに商品を入れなかった

・実際に買い付けを最近する機会がなかった

という2つのパターンの
いずれかである可能性が高そうです。

これはさらに突っ込めば、

・「現状は変化しない」という思い込みがあった

・ちょっとした手間を惜しんでしまっていた

・売れるような商品を出品できていない
 というそもそもの実力不足

というところまで考えられます。

(最後のはもはや話が広がり過ぎますが…。)

「単にfarfetchの送料変更に気付けなかっただけ」
としか捉えないと大したことなさそうですが、
その背景を考えていくと、より大きな問題が
見え隠れしてくるということです。

もちろん今回のような変更は
けっこうレアな現象です。

実際のところ、新しいショップに出会ったときや、
価格計算がもう少し複雑なショップのときは
毎回カートに入れているという方は多いと思いますし、
それであればそんなに問題はないと思います。

ただ、深く考えていけば、
今回気付けなかったことの原因というのは、
別の場面で不利益をもたらす可能性がある
ということが分かると思います。

「現状は変化しない」という思い込みから、
慣れ親しんだショップに、人気ブランドが
新しく取り扱われたことに気付けずに、
利益を取り逃したり。

「ちょっとした手間」を惜しんで、
ライバルのチェックをしなかったために
受注を取り逃したり。

これらが要因となって、他にも何か
もったいないことが起きる可能性は
十分あるでしょう。

もし思い当たることがあったら、
ちょっと意識してみてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから