ライバルのチェックをすると良いことあります。(第412回2015年5月17日)

こんにちは、エスノです。

昨日は、先月末に私も紹介させていただいた、
Buyer’s Gateの第1回セミナーに参加してきました。

「問題解決力を高めよう」
というテーマで行われた今回のセミナーは
BUYMAの話はほぼ出てきませんでしたが、
BUYMAだけでなくビジネス全般に応用可能な、
とても重要な概念についてでした。

会場に足を運べなかった方は、
動画がのちほど配信されますので、
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

私の紹介で参加された方には、
セミナー動画配信から1週間程度を目処に
紹介特典のひとつめをお送りしますので、
そちらもどうぞお楽しみに。

また、会場に行った方もそうでない方も、
一番重要なのは、今回の内容を
「自分で実践してみる」ということです。

今回のセミナーの内容に限らず、

「聴いただけ、見ただけで分かった」

ということほど、厄介で
危なっかしいものはありません。

自転車の乗り方はこうだよと聴いて、
実際に乗っている人の様子を眺めれば、
「どうやって乗ればいいのか」は分かります。

ただ、それだけで
すぐに自分が乗れるようになるのか
というと、もちろんそうではないわけです。

せっかく手に入れた武器は
“使いこなしてこそ”意味があります。

ぜひご自身の頭と手を実際に動かして、
実践することを意識してくださいね。

さて、本題です。

先日のコンサル中に、
なかなか買い付け先が
見つからない商品がありました。

画像検索しても、
品番などでキーワード検索しても
目的のショップは出てこない。

もちろんshopstyleでも
見つけることは出来ませんでした。

しかし、最終的には、
使っている画像的にも価格的にも、
ここだ!というショップを
なんとか見つけることが出来ました。

ではどうやって探したのか。

答えは、

「同じ商品を出品している、
 他の出品者の商品ページをチェックし、
 そこに書かれていたキーワードで検索した」

でした。

要するに、最初に見つけたライバルは、
買い付け先が分からないように
巧妙にガードしていたのですが、
他の出品者は情報丸出しだったわけです。

同じ商品を出品している
複数の他のライバルのチェック
というのは必ずすべきことです。

その中で買い付け先に辿り着ける情報も
手に入れることができることがあるわけですね。

ちょっと面倒な作業には違いないですが、
買い付け先探しに手詰まったら試してみてください。

ではではー。

あ、明日の21時前のメルマガで
久々に個別コンサルの募集を行います。

以前もお伝えしましたが、
値下げ前最後の募集になりますので、
興味のある方はチェックしてくださいね。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから