“底なし沼”から生還したコンサル生(第411回2015年5月15日)

こんにちは、エスノです。

昨日のメルマガで、

・気付いたら“薄利多売沼”にハマっていた
ということがないように気を付けよう

ということと、

・時間を確保することの重要性

についてお伝えしました。

「成果も出やすいし評価稼ぎのつもりで」
と一歩足を踏み入れたのは、
実は底なしの“薄利多売沼”だった
ということはよくあります。

「売れてしまう」がゆえに、
それに伴って急増する諸業務を
捌くだけで精一杯になってしまい、
効率化や方針転換するための時間が確保できず、
ズルズルとそれを続けてしまい、
気付けば迫り来る作業をこなすためだけに
BUYMAをやっているというような悲しい状況は
ちょっとしたボタンの掛け違えや、
最初に選んだ方針のせいで誰にでも起こり得ることです。

もちろん、誰しも一時的には
頑張ってたくさん手を動かす必要はあると思います。

ただそれは必ず、明るい未来に
繋がっているものでなければいけません。

それを常に意識してくださいね。

ちなみに、
実際に“薄利多売沼”から見事脱出したのが
元コンサル生のHさんです。

Hさんは昨年の3月頃から
メルマガを読んでくださっていて
その際に初めていただいたメッセージでは

2013年12月:売り上げ3万、利益1万円
2014年1月:売り上げ50万、利益10万円
2013年2月:売り上げ47万、利益9万円

というような状況でした。

そのとき売っていたのは、
だれでも買い付け可能な、
いわゆる低価格帯の商品ばかりです。

このときからHさんはすでに、

・出品すれば売れるから出品しまくる

・売れるがそれにともなって必要な作業も増える

・出品数が増えるほど価格の管理が行き届かなくなる

・トラブルの数もどんどん増える

という負のスパイラルに
ご自身が足を踏み入れていたことに
ちゃんと気付いていました。

気付いていたのですが、本業がある中で、
それをどうにかするための試行錯誤の時間は
一向に確保できず、そのまま夏頃には
志半ばにして一度BUYMAから離れてしまいます。

しかし、せっかく売れるのに
このままではいけないと、
冬のセールを前に心機一転、
再びBUYMAに取り組み始めました。

もちろん同じ轍を踏むまいと
強く思っていたに違いありません。

ただ、残念ながら、
なかなか同じような環境から抜け出せず…。

そんな中で今年の2月から、
私のコンサルを受講してくださいました。

そして4月が終わった時点での成果が以下です。

洲嵜さん

3月で一気に成果が伸びて、
4月は売上をさらに伸ばしつつ、
販売数が一気に減っていることが
顕著だと思います。

ご存知のようにこの金額は
到着通知ベースでのものですが、
受注ベースでは以下のようになります。

<2月>
・売上:144,700円
・利益:20,830円
・受注件数:16件
・1件あたりの利益:1,302円

<3月>
・売上:1,587,920円
・利益:216,166円
・受注件数:77件
・1件あたりの利益:2,807円

<4月>
・売上:1,667,000円
・利益:250,850円
・受注件数:22件
・1件あたりの利益:11,402円

2月は、ほぼ、以前から出品していた
低価格商品が売れただけという我慢の時期。

2月の終わりから少しずつ
ちゃんとリサーチして出品した商品に
反応が現れ始める。

3月は、まず、低価格帯でも
利益率がよい商品を見つけ
それを在庫を抱えてたくさん販売する。

在庫を抱えてから売っていたので、
トラブルは販売数ほどは多くなく、
途中からライバルの参入で
利益率が落ちてきたところで、
「どこで手を引くか」というのを
明確にイメージしていたことがよかった。

一方で、1取引で利益1万円
というような受注を初めて経験する。

4月は、前月までの
低価格商品からは完全に手を引いて、
高単価、高利益の商品を、
在庫販売も駆使しながらどんどん売る。

1件で2万以上の利益を叩き出すことも
もはや珍しいことではなくなる。

このHさんの例で何が言いたいかというと、
私のコンサルがすごい!ということではなく、
こういう方針で成果を出すことは、
実際に可能なんだということです。

今さらですが、私は別に、
「薄利多売」そのものがダメ
と言っているわけではありません

昨日も書きましたが、
利益も取れますし評価も増えますし、
パーソナルショッパーとして経験も積めますから、
特に始めたばかりの方にとっては、
有効な戦術だと思っています。

ただ、それによって発生する
デメリットやリスクというのを
ちゃんと考えないままやってしまうことは
百害あって一利なしとは言いませんが、
結局、十利くらいはあるけど百害もある
みたいなことになりかねません。

今の努力がどこに繋がっているのか
という展望はぜひ意識してほしいと思います。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから