「これは同じ商品なのか?」と迷ったら。(第392回2015年4月15日)

こんにちは、エスノです。

今週から、新たに個別コンサルを
受講してくださっている方との
スカイプなどが始まっております。

その際に出てきた質問のひとつに

「複数のオンラインショップで見つけた商品が
 それぞれ同じ商品なのか分からない」

というものがありました。

例えば、ある商品を探していて、
おそらくその目的の品と思わしき商品を、
いくつかのショップで見つけることがあると思います。

しかし、当然写真などがそれぞれ違うため、
本当に全て全く同じ商品なのか?というのが
なかなか分かりづらいというわけです。

けっこうこれで悩んでいる方も多いので、
今回はこれの見極め方をお伝えします。

結論から言えば、チェックすべきは
以下の5つの項目です。

・見た目のデザイン

・同じ通貨圏での現地価格

・サイズ

・素材

・品番

・カラー

まず当たり前ですが「見た目のデザイン」です。

ただ、これもじっくり見るだけではなく、
ブランドやカテゴリによって、どこを
特に注意してみるべきかという傾向があります。

例えば財布の場合、外見は一緒でも
中身のカードスロットの配置などが
まったく違ったりすることもありますので
そこは財布カテゴリでは特に意識すべきポイントですね。

また、同じ通貨圏、つまり米国内、
あるいはユーロ圏内のヨーロッパ諸国内では
だいたい現地定価は同じくらいに設定されるので、
それもひとつ判断する材料になり得ます。

あとは、サイズと素材も、
特に気をつけて確認すべきところです。

ただサイズに関しては、
ショップによって多少の誤差が出てきますので、
●cmなどの採寸サイズで確認するのも大事ですが、
他にもブランドの公式ショップで、
そもそもの「サイズ展開」を確認しておいて、
それと照合する方がより分かりやすいことも多いと思います。

サイズ展開というのは、
「mini」「small」「large」みたいなやつですね。

ただこの表記の仕方も、
販売しているショップによって違ったりするので、
この場合なら「3種類の大きさがある」ということを元に
判断するのがいいということです。

一番分かりやすいのが「品番」です。

これは常に確認できるわけではないですが、
もし記載があるのなら問答無用で判断できるので
まず品番が書かれていないか確認するのは重要です。

最後に、最も厄介なのが「カラー」です。

判断を迷っているものがブラックなら分かりやすいですが、
例えば青系やピンク系のカラーなどは
ブランドによっては微妙に色合いの違う
カラーバリエーションを複数展開していることもあるので
より注意が必要です。

これは写真だけでは判断できず、
最終的には、品番に含まれる
「カラー番号」を確認しないと
本当に同じ商品か判断できないことも
ままあります。

そういう場合は、
ショップにカラー番号を確認してしまうのが
結局一番確実で早かったりしますね。

同じ商品なのかという判断に迷ったら
これらの項目から総合的に考えてみてください。

ではではー。

ブログの3回目で書いた本質的な話(第391回2015年4月12日)

こんにちは、エスノです。

すっかりメルマガをサボってしまいました。

先週始めくらいに、プロステ通信と
BUYMAの予備校を受講してくださっている方限定で
個別コンサルの募集を行ったあたりから
すっかり生活のリズムが狂ってしまい、
なんと5日間もサボってしまった次第です。

たまにイレギュラーな動きをすると
こんな感じでどこかにしわ寄せが来ますね…。

今週から新しい方のコンサルが始まり、
また今週末には九州にも行くので、
そのときにまたいろいろ乱れそうな気がします^^;

さて、最近改めてよく思うのが、
「基本的なこと」が一番大事だなあということです。

ここで言う基本的なことというのは

・見かけ倒しではなく「売れる可能生の高い」人気商品の見極め方

・そういう人気商品を効率よく探していく方法

・ライバルがひた隠しにしているような優良な買い付け先の探し方

ということでは「ありません」。

いや、もちろんこういうのも大事です。

大事なのですが、そもそもこれらの方法を使って

「どういう状況を作り出せば効率よく成果が上がるのか」

という、より本質的な部分が、やっぱり一番大事だなあ
と改めて思っているということです。

それはだいぶ昔に書いたことなのですが、
凄くシンプルなことで、要するに、

・人気のある商品を、

・信用のあるバイヤーが、

・お得な価格で、

・そのバイヤーしか出品していない

というような状況をいかに作り出せるか
ということです。

もちろん、当時も書いたことですが、
これらをすべて整えられるかどうかというと
それはなかなか難しいことが多いでしょう。

ですが、出来るだけこの状況に近づけることが
安定して利益を出し続けていく可能生を高める
唯一の方法です。

例えば、BUYMAにおいては
人気商品を自分しか出品できない
という状況にはなかなかなりません。

ですが、在庫販売に代表されるような、
いくつかのちょっとした小ワザを使うことで、
擬似的に独占販売ができることはあるわけです。

(できないケースももちろんありますが。)

他にも、ほどほどの人気の商品であっても、
競合が少なく自分の価格がお得であれば、
思わぬ大物を釣り上げることも出来たりします。

最近コンサル生からは、
これ該当する事例の報告をよくいただきますね。

何十万円とするような高額商品は、
なんとなく敬遠されて競合が少ない傾向にありますが、
それが人気ブランドだと一定数のお客さんは常にいるため、
たまに売れて一発で大きな利益が生まれたりするわけです。

先ほど挙げたような4つの視点を軸として、
そこに自分は近づけられているのか
ということを常に意識して、あとはそのために
創意工夫し、試行錯誤し続けていけば、
ちゃんと成果は出せるようになります。

新しくコンサルを受けてくださる方もいるので
このタイミングで原点に立ち返っていただければ
きっとまた得るものもあると思います。

もうすぐ夏のセールも間近ですから、
改めて本質的なところから外れないように
引き続き頑張っていきましょう。

ではではー。