「これから売れる人気商品」を調べる。(第431回2015年7月23日)

こんにちは、エスノです。

先週1週間高熱で寝込んでいたせいで、
体力が戻りきらず歯痒い日々でございます。

ところで、その話を書いた前回のメルマガで、
もっと成果報告してくれてもいいんですよ!
とお伝えしたところ、元コンサル生から
ちょこちょこ報告をいただきました笑

そちらはそちらで、また折を見て
まとめて報告したいところなのですが、
特にまだパーソナルショッパーとして
活動して日が浅い方が懸念するのが、

「この好調はセールだからなのでは?」

というものです。

特に今のBUYMAはCM効果もあり、
一種のボーナスステージ状態なので、
この特別なセール期が過ぎたときに、
果たして同じように成果を出せるのか?
という不安が頭を過るのは
まあ分からないことではありません。

さて、そのように少し先のことを考えたとき、
パーソナルショッパーなら誰しも思うのが、

「これから売れる商品を先読みできたら」

ということではないでしょうか。

自分だけが先んじて人気商品を出品できれば、
競合が少ない分利幅も大きく確保できますし、
お客さんの購入意欲が落ち付くセール後を戦うために、
有力な戦術となり得そうな気がします。

また、単純に
これから何を出品すべきかというのが、
秋冬モノがまだ売れ始めていない現時点では
分かりづらいので、もし「先読み」ができれば
作業も進めやすくなるでしょう。

ということで今日は、これから売れる商品
について考えてみようという話です。

これから売れる商品にも、
大きく2パターンあって、

・まったくの新作

・各ブランド定番の人気商品及びその派生商品
(カラバリ、ちょっとしたデザイン違いなど)

まあ当たり前ですね。

このうち、前者の「これから売れる商品」
をあらかじめ見極めるのは基本的には不可能です。

これはいわゆる「目利き」と呼ばれる
ちょっとした特殊能力が必要な範疇の話で、
私のようなファッションやトレンドに疎い人間には
おおよそ持ち合わせていない類の能力です。

まったくの新作で売れる商品をいち早く見つけたければ、
BUYMAの最近売れたアイテムや出品数の多いショッパーさんの
出品商品の人気順位の変動などを、日々注意深く観察するのが
一番良い方法だと思います。

あるいは、先シーズンのMOSCHINOみたいに、
多くの雑誌やショップでのプロモーションに
ものすごく力を入れているのがありありと分かる場合は、
それも取っ掛かりにはなるかと思います。

それだけブランドが力を入れて宣伝しているわけですから、
よほどおかしな商品が出て来ない限りは、あるい程度は
売れる可能性が高いわけですね。

どちらかと言えば、後者のほうが、
「これから売れる商品」を把握しやすいと思います。

と言っても、定番商品というのは
だいたい毎シーズン同じものが出るので、
厳密に言うと「これから売れるものを見極めている」
というわけではないかとは思いますが。

こちらも基本的には、
各ブランドの最近売れたアイテムや
いろんなショッパーさんの販売履歴を
よくよく観察してデータを取っていくのが
結局は一番確実で早いです。

このとき重要なのが、
どのくらいの期間でどのくらいの数が売れるか
というのはもちろんそうなのですが、

・売れる価格の範囲はいくらなのか

ということです。

ある商品が、一定期間に何個売れたか
というのは、販売履歴を見れば誰でも分かります。

ただ、「売れたときの価格」というのは、
あとから販売履歴を確認しても確実には分かりません。

例えば、ある商品が1ヶ月に4個売れていて、
じゃあその商品の今の出品価格が15万円だとしても、
最後に売れたときに15万円だったという保証は
どこにもないわけです。

実際に安く買い付けられるショップの在庫がなくなって
再出品のときには値上げするというのはよくあることです。

この「売れる価格」の感覚は、
リアルタイムでBUYMAの中をどれだけ見ているか
ということで培われる能力なので、
ぜひ各ブランドの人気定番アイテムについては
今出品している人たちの価格を
よくよくチェックしてもらいたいところです。

こういうデータが積み重なっていくと、
シーズンが変わるたびに、出品できる

「売れる可能性が極めて高い人気定番アイテム」

の選択肢が増えてきて、どんどん
ライバルを出し抜いて出品できるようになってきます。

もちろん、経験豊かなショッパーは
同じようにシーズンが変わるたびに
定番人気商品を出品してきますが、
その数はさほど多くないことが多く、
必要以上の競争の中に巻き込まれることは
ほぼありません。

結局のところ、「その他大勢」に
先んじて人気商品を出品したければ
日頃からBUYMAの中をよく見ておきましょう
という割と身も蓋もない結論なのですが、
それをする人、できる人が多くないからこそ、
それを続けられる人はどんどん競争力が高まります。

ちょっと気の長い話に聞こえるかもしれませんが、
ぜひ意識してみてくださいね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから