成果を伸ばすために意識すべきサイクルの話。(第429回2015年7月11日)

こんにちは、エスノです。

今日は大阪に向かう新幹線の中で、
このメルマガを書いています。

昨日福岡から帰ってきたので、
もういっそ福岡から大阪に行けばよかったのでは?
と、いまさらな悩みが首をもたげていますが、
考えても仕方ないので前向きに生きていきます。

一昨日は福岡でお一人とお会いしたあと、
佐賀に移動してもう一人の方とお会いしました。

いつもは長崎でお会いしているのですが、
最近佐賀に転勤になったので、
博多から一時間くらいの肥前山口
というところまで行ってきた次第です。

その方に、自分のことをぜひメルマガに書いて欲しい
と言われたので、ちょっと書いてみようと思います笑

このKさんが個別コンサルを申し込まれたのは、
昨年の、もう8月も終わろうとする頃でした。

8月の募集はとっくに締め切った後だったのですが、
ぜひと請われては特に断る理由もなく、
まずは3ヶ月ということでお受けしたのが始まりです。

Kさんはコンサル開始時点では完全な初心者で、
何も売ったことがないどころか、
本当に商品をひとつ出品しただけという状況で、
ブランドにもファッションにも
特に詳しいわけではありませんでした。

というわけで本当に0からスタートしたのですが、
まずは低価格のもので少し実績を積みました。

ただ、いかんせん仕事が忙しすぎて、
ほとんど作業をする時間がない状況で、
なかなか思うように成果が上がりません。

どうしたものかと思案する中で、
2ヶ月目が終わろうかというくらいの時期に、
やっぱり半年やりたいとの申し出が。

ということで、途中で半年コースに切り替えて、
翌年の2月末までのお付き合いに。

年末の繁忙期をなんとか乗り切りながら、
冬のセールのタイミングでは、
1件あたり数万円の利益という受注も
何度か生まれていました。

Kさんが特に人より一歩抜きん出ているのは
買い付け先を探す執念です。

ご自身でもしつこい性格だと仰るように、
買い付け先を探すことにとてもこだわっていて
私も見たことがない買い付け先を見つけてきては、
このショップ大丈夫ですかと何度も質問されたものです。

正直そこまで探さなくても…^^;
と思うことも何度もあったのですが、
結果的に今ではKさんの財産になっていますね。

ただ、そんなKさんですが、
やはり仕事が忙しすぎるのは変わらず、
むしろその激しさは時とともに増すばかりでした。

単純に就業時間が長いのはもちろん、
今年に入ってからすでに近距離で3回転勤していて、
もはや勤め先の会社が何を考えているか
まったく分からないレベルです。

そんな状況なので、売れる商品も分かっていて、
その買い付け先も分かっているにもかかわらず、
とにかく出品ができないという悩みは深まるばかり。

そうこうしているうちに半年の終わりが来たのですが、
「まだ独り立ちには不安がある」と、
なんと会社の繁忙期後の4月後半から、
さらに追加で3ヶ月申し込んでくださいました。

正直私自身は「もういいんじゃないか??」
と思ったのですが、熱意に負けてしまい
お受けした次第です^^;

ということで、
改めて出品作業の外注化を前提として、
Kさんの持っている知識と経験を
しっかり利益に変えていくという発想で、
ちょこちょこアドバイスしていきました。

先月ようやく出品を手伝ってくださる
良い方が見つかって、ご自身の知識と経験を
出品という形で表に出すことが
ちゃんとできるようになり、
今月すでに月利10万円を超えています。

もちろん、出品を外注したがゆえの悩みも
新しく出てきてはいますが、
残りの期間でそのあたりをフォローできれば
もっと効率よく大きな成果に繋げられると思います。

Kさんがまず良かった点は、
最初の頃の低価格商品の販売から
ちゃんと抜け出そうとしたことです。

というか、忙しすぎて、
抜け出さないと続けることが出来なかった
というのが正解かもしれません。

以前から何度かお伝えしているように、
低価格商品が売れ“続けて”しまうと、
その沼から抜け出すことがなかなかできなくなります。

もちろん理想的なのはそういうのも売りながら、
一方で高利益の商品も売っていくことです。

両方できるのが一番良いわけです。

しかし多くの方は、販売数が多いがゆえに、
取引終了までにさまざまなコストが掛かりやすい
低価格商品の取引に時間を大量に奪われてしまい、
高利益商品を探すのための時間などを、
ちゃんと確保することが出来ません。

出来たとしても、やはりすぐは成果が出ず、
結局売れやすい(けど手間の掛かる)低価格商品の販売に
ずっと居座り続けてしまうことになります。

繰り返しますが、
低価格商品の販売そのものが
悪いというわけではありません。

ただ、そこに自分のすべてを投入して、
そこから抜け出すための策を講じないのは
明るい未来には繋がらないということです。

まずは自分の時間という資産から、
利益を生み出し、同時に知識と経験という
新しい資産も身に付けていきます。

今度はその利益、知識、経験を利用して、
新しく時間を生み出して、その時間を
新しい利益と知識と経験に繋げていく。

このサイクルが出来上がれば
まず成果が伸びていかないことはありません。

同じところでグルグルしている
という感触がある方は、ぜひ
こういうサイクルを意識してみてください。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから