ちょっと捻った買い付け先の探し方。(第551回)

※2017/1/14の記事です。

こんにちは、エスノです。

今日は、ちょっと捻った発想で、
買い付け先を見つけたという話です。

先日コンサル生Mさんから
「受注したけど在庫切れでした!」
というメッセージをいただいたので、
早速探してみたのですが、残念ながら
shopstyleやlyst、polyvoreを使っても、
さらに品番やキーワードでGoogle検索しても、
見つかりません。

しかも厄介なことに、同じ商品を
出品しているライバルもほぼいません。

そこまでメジャーなブランドではなかったので
ライバルの数は元々多くはないのですが、
それでも数名しかおらず、しかも、
彼らの画像を使ってGoogle画像検索をしても、
すでに見つけていたショップしか出てきません。

これはちょっと無理かなと思ったのですが、
ひとりだけ、画像検索しても、
どこの画像を使っているか分からないショッパーさんがいました。

価格的にもそこそこ安かったので、
なんとかその人の画像を利用しているショップを
見つけようとちょっとだけ頭を捻って、
次のように検索してみたところ、
最後の1点が、なんと大幅な割引になっている
ショップを見つけることが出来て、結果的に
想定以上の利益を取ることが出来ました。

どんな方法だったか知りたい方は
以下のURLをクリック!

なんて面倒くさいことはせずに普通に書きます。

その方の商品ページの買い付け地が
仮に「フランス」だったとしましょう。

普通は「買い付け地」はそこまで気にしないのですが、
今回に限っては他のショッパーと違う国になっていたことと
単純に見つけられなかったのが悔しかったので、
ちょっとその点に注目してみたわけです。

そこで私はFarfetchの以下のページで、
フランスのセレクトショップを表示させました。

https://www.farfetch.com/jp/boutiques-all.aspx?ffref=ftr

ここにはFarfetchに出品している、
世界中のセレクトショップの名前と、
そのショップのちょっとした紹介文と、
扱っているブランド名が書かれています。

このページでフランスのショップのみを表示して、
あとは「Ctrl+F」を使って、その探していた商品の
ブランドの名前をページ内でキーワード検索しました。

そうしたところ、フランスのセレクトショップで、
そのブランドを扱っているショップは
(Farfetchで確認できるのは)2件だけだと
分かりました。

あとはそのショップのウェブサイトを、
Google検索で探して、直接行ってみたら、
たまたま50%OFFのセールをやっていた
というわけです。

ちなみに、Farfetchに出品しているショップは
そのすべての商品をFarfetchには掲載していません。

今回の商品も、そのショップは
Farfecthには出ていませんでした。

(確か完売になっていました)

けっこう偶然が重なって得られた成果
であることは間違いないですが、
ちょっといつもと違った角度から考えてみると、
思わぬところに辿り着けたりするよという話でした。

もちろん買い付け先を探すたびに
毎回こんな捻りを見せていると
時間がいくらあっても足りません。

手間を掛けるべきかどうかというのを
ちゃんと見極めて実践してみてください。

ちなみに、ライバルの「買い付け地」は
正しく設定されていないことも多いです。

「買い付け地」はあとから変更できないので、
予定していたショップから別のショップに
買い付け先が変わることが日常茶飯事の
BUYMAにおいては、仕方なく、実際とは違う
「買い付け地」が設定されていることも普通です。

その点も注意してくださいね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

作業効率大幅アップな画像加工の話(第534回)

※2016/10/27の記事です。

こんにちは、エスノです。

またまた久々になってしまいました。

そうこうしているうちに10月も、
もう終わりかけでございます。

すでにあちこちのショップで
「MID SEASON SALE」という名の
謎の短期セールが始まってますが、
これからハロウィン、ブラックフライデー、
サイバーマンデー、クリスマスと
一年で一番物が売れる季節に突入します。

世界中のショップが、上記イベントに
かこつけたセールを開催しまくるので、
この波に乗り遅れないようにしたいですね。

今から準備すればまだまだ間に合います。

さて、今日はちょっとした、
作業の時間短縮に貢献する話です。

BUYMAでは、掲載する画像を
基本的には「正方形」に加工することを
推奨しているのはご存知だと思います。

しかし、実際のところ、すべての画像を
「正方形」に整える必要はありません。

たとえばこの商品画像のように、
正方形ではない画像であっても、
端が切れることなくちゃんと閲覧できます。

これは商品ページに限らず、
商品一覧で確認しても同じです。

つまり、もともと長方形の画像を
わざわざ手間を掛けて正方形に直す必要は
基本的にはないということです。

ちなみに、実は、
トップにくる1枚目の画像だけは、
ちゃんと正方形に直さないといけない理由が、
“つい最近まで”ありました。

それは、「スマホからの閲覧」の場合、
長方形の画像だと端が切れてしまっていた
ということです。

ところが、先週木曜日に
私がBUYMA事務局に「改善して欲しい」
と伝えたところ、今週火曜の時点で
もうすでに直っていました。

なんで木曜日だったかというと、
その日はBUYMAアカデミアのワークショップの日で、
実はスマホからの閲覧の話は、その場で
コンサル生の青木さんに教えてもらったのです笑

教えてもらってすぐ、BUYMA事務局に
改善の要請をしたところ、当日中には
「検討する」という返信が来て、
1週間も経たない内に改善されましたから、
なかなか迅速な対応です。

(パソコンではすでに出来ていることなので、
スマホでも同じようにするのは、そんなに
無茶な要求じゃないだろう、とは考えていましたが。)

ということで、基本的には、
画像を正方形に直す必要は
一切なくなったということです。

ただ、
「最近チェックしたアイテム」とかのサムネイルは、
長方形の画像だと端が切れてしまうので、
そこが気になるという方は、1枚目だけは、
正方形に加工したほうがいいかもしれませんね。

それにしても、
ちゃんとスマホからの閲覧についても
カバーしているところはさすが青木さんです。

小さいことですが、こういうことの積み重ねが、
彼の月利平均100万円オーバーという
傑出した実績を支えるひとつの要因ですね。

※編注:その後、閲覧するデバイスによって、
ちょこちょこ端が切れたり切れなかったりしています…。

なので、1枚目に関してだけは、
正方形にちゃんと加工したほうが無難のようです。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

ハイブランドが売れない理由はそれじゃない。(第532回)

※2016/10/2の記事です。

こんにちは、エスノです。

ようやくパリに着きました。

長距離のフライトでは、
初めてビジネスクラスを使ったんですが、
やっぱり快適ですね。

(編注:2013年に台湾行ったときにもビジネスでした。以下機内食の写真)

割と飛行機は得意(?)なので、
台湾に行ったときの短いフライトでの印象から、
わざわざビジネスにすることもないと思っていたんですが、
実際に長いフライトで乗ると、やはり快適さが全然違います。

道中の様子はtwitterでアップしているので、
ぜひご覧くださいませ。

https://twitter.com/esno_biz

ANAだとパリまでの直行便の往復で
9万マイルですから、マイル交換率のいい
クレジットカードを利用すれば900万円の
仕入れをすれば行くことが出来ます。

900万というと凄そうですが、
1ヶ月75万円の仕入れを1年間と考えれば、
そこまでハードルは高くありません。

エコノミーなら5万マイルなので、
1ヶ月40万円ちょっとでOKです。

ヨーロッパでそれくらいですから、
アジア圏なら当然もっと少ないです。

実際に具体的に考えてみると、
想像するよりは身近なものだった
というのはよくあることですが、
これもそのひとつですね。

昨日のメルマガでも書きましたが、
気軽に旅行に行きたいと思っている方は、
ちょっと参考にしてみてください。

さて、10月になったので、コンサル生から
9月の成果報告をいくつかいただいています。

昨日のメルマガで、farfetchの
最近の仕様変更について書いたところ、
元コンサル生のSさんからも、それに関する、
ちょっとした情報提供とともに、6月以降の
成果報告をいただきました。

これまでは5月の月利30万円が
自己最高だったのですが、
6月に初めて月利40万円を超えて、
8月にも再び40万円を超えたそうです。

9月は少し落ちてしまったようですが、
これからセールの時期に突入すれば、
昨年のコンサル期間中、1件数万円の利益で
何件も販売した経験が再び生きてくると思います。

Sさんとのコンサルで思い出すのが、
ご自身のアカウントの名前について
少し悩んでいたことです。

要するに、自分のアカウント名は、
ハイブランドを販売するには相応しくないのでは?

ハイブランドを販売して成果を出すなら、
いっそそれまで獲得した取引実績、評価を捨て、
アカウント名を変える必要があるのでは?

そんな話を聞いたので、いやいや待ってください、
こういうもっと変な名前のアカウントでも、
ちゃんとハイブランドを販売していますよ
とお伝えしたのがこちらの方々(↓)です。

http://www.buyma.com/buyer/1415371.html

http://www.buyma.com/buyer/1371475.html

あれから1年経っていますが、こんな名前でも
いまだにハイブランドをちゃんと売っていますね^^;

(評価もいいです。)

Sさんのアカウント名は、確かにそんなに
センスフルでオシャレな名前ではないですが、
けしておかしいわけではありませんでした。

しかし、自分の進む道に迷うと、
得てしてこういう細かい部分が気になり、
果ては「そのせいだ」くらいに思い込んで、
もっと重要なところに目を向けられなくなりがちです。

他にも、「商品コメントが良くない」とか
「商品の画像加工がいまいち」とか、そういう

「“主観”で良し悪しが判断される要素」

に、自分が上手く行かない原因を
求めたりすることは往々にしてあることです。

そういうときは、“反例”を見つけて、
「そうではない」と証明する必要があります。

実際、BUYMAを見ていると、
商品のコメントや画像が素晴らしくて、
よく売れている人も確かに存在します。

ただ、コメントや画像が、
「え?」と思うほど簡素でも
ちゃんと売れているという人も
同時に見つけられるでしょう。

さらに言えば、こういう
「売れている人」のことはよく目につくので、
私たちも意識するのですが、逆に、
「売れていない人」については目にしないので、
あまり意識しなかったりします。

実際に意識的に探してみると、
商品コメントや画像はしっかりしているのに、
大して売れていない人というのは山ほど出てきます。

こういう作業を踏むことで、
自分の道のりを正しい方向に
修正することが出来るわけです。

大事なのは、自分で

「アカウント名がよくない」
「商品のコメントや画像がイケてない」

という「仮説」を立てたならば、
それに対する「検証」をきちんとすることですね。

「検証」なんて慣れないことはしないほうが、
新しい手間もかかりませんし、
何より現実から目を背けられるので
実は精神的には「ラク」だったりします。

そして多くの人はそうしてしまうので、
間違った思い込みに踊らされて、
結局成果に繋がりません。

そして、また新しい「主観による思い込み」
に踊らされるという残念なループに突入します。

上手くいく人のほとんどは、
現実から目を背けずに検証作業を行って、
すぐには上手くいかなくても、一歩ずつ
着実に前進していきます。

この過程は慣れていないと結構しんどいのですが、
上手くいきだすと、むしろそういう風にしか
できなくなりますので、今その過程にいて、
苦しいと感じる方はご安心ください。

これはBUYMAに限った話ではなく、
「誤った判断」をしたくないのであれば、
様々な場面で常に意識すべきことですね。

ちょっと長くなったので他の方の報告は、
また明日以降に回したいと思います。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから