自分も買い付けできるかどうかを判断する方法(第108回2014年2月6日)

こんにちは、エスノです。

昨日のメルマガで、
「私に特別な買い付け先はない」
とお伝えしたところ、さっそく
こんなメールをいただきました。

===============================================

エスノさま
こんばんは!

(中略)

今日のメルマガも衝撃的でした!

どうしても「BUYMAで稼いでいる人」と言えば
・特別な買い付け先をもっている
・海外に買い付けパートナーがいる
というイメージがあったものですから。「ええ~」というのが正直な感想です。

ただ、今回お話を聞いて改めて思ったのは、
人はなかなか結果が出ない時にその理由を作りたがるものなのかな、ということです。

 「あのバイヤーは特別なショップを知っているに違いない…」
 「あのバイヤーは運よく優秀なパートナーがいるんだろう…」

自分の努力不足を棚に上げて、そう思えば、楽ですからね(^^;

(後略)

===============================================

やはり予想通り、
驚かれた方がいらっしゃいました笑

しかし、このメールの後半は
実に示唆に富んだ内容ですね。

「人はなかなか結果が出ない時にその理由を作りたがるもの」

これは本当にその通りだと思います。

もちろん、他のバイヤーさんの秘訣を考え、
それを「特別なショップを知っているから」であると
「仮説」を立て「検証」していくのであれば
まったく問題ないですし、むしろ成長は加速します。

しかし、残念ながら、多くの場合は、

「あのバイヤーは特別なショップを知っているに違いない…」
「あのバイヤーは運よく優秀なパートナーがいるんだろう…」

だから

「自分じゃ稼ぐことが出来ない…」

という、ただの妬みや僻みで
終わってしまうことが多いのが現実です。

これは何も生み出さない思考の最たるものです。

私の読者さんには、
絶対にこういう思考には
陥っていただきたくありません。

しかし、ただ「そうなるな」と言っても
それが難しいことも理解はしています。

そこで今回は、
他のバイヤーに惑わされずに、
自分が買い付けできるかどうかを見極めるときに
意識すべきことについての話です。

結論から言えば単純で、
買い付け費用の「理論上の最安金額」が
いくらなのかを常に考えることが重要です。

例えば、フランスのブランドで、
フランスでの上代(小売価格)が
1200ユーロのバッグがあったとします。

これを日本に輸入するときに、
最も安くやるならばいくらになるのか。

ここで重要なのは、
その価格での買い付けルートを、
現時点で自分が持っているかどうかではありません。

あくまで理論上、
可能であるはずの数値をまず出しておき、
そこからさらに考えていくわけです。

まず1200ユーロには
約20%の現地消費税が掛かっているので、
日本に直送できるなら商品価格は1000ユーロになります。

(正確には20%ではないですが、
分かりやすくするため簡略化しています。

その1000ユーロに対して、送料が加わり、
為替レートを1ユーロ=約140円として、
関税まで計算していくと、だいたい
16万円はしないくらいに収まるはずです。

その金額を基準としてライバルを眺めたときに、
ある程度ライバルの売値と差があるのであれば、
そのライバルは特殊なことをしているのではなく、
どうにかしてこの計算通りになるルートを見つけている
ということが分かるわけです。

そうなれば、他のバイヤーに出来て
自分に出来ないはずはないという気持ちも
なにも基準がないときよりは強く持ちやすいと思います。

ただ、仮にこのバッグを15万とか、それこそ
11万、12万とかで売っているバイヤーがいれば
ひとまずそこには、戦いを挑まないのが
無難ということになります。

こういうバイヤーは、セールのときに
格安で在庫を手に入れたか、あるいは、
卸契約などの特殊なルートを持っている可能性が高いです。

前者であれば、数に限りがあるので、
とりあえず放っておいてもいいでしょう。

後者のようなパターンであれば、
卸契約をして仕入れている楽天ショップなどから
買い付けている可能性もあります。

楽天ショップからの買い付けは規約違反なので、
基本的に手を出すべきではありません。

とても単純なことではあるのですが、
このように自分で理論上の基準を設けて
それをもとに買い付けルートを考えていくと、
ただの妬みや僻みにならず建設的な思考が可能です。

こういうのは全部「クセ」なので、
はじめは意識してやってみるようにしてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

BUYMAでライバルを寄せ付けず独占販売する思考(【第49回】2013年12月4日)

こんにちは、エスノです。

今主力で販売しているアイテムが、
今日40個目を売り上げました。

この商品はずっと狙いをつけていたアイテムだったのですが、
正直ライバルもとても多いです。

しかし絶対に売れまくることが分かっていたので、
売り始めるときから買い付け先の開拓にこだわり、
人気順でも上位を維持し続けて多くの人の目に留まるよう、
最初のうちは薄利でもたくさん売ったり、
ライバルに勝つためにいろいろな戦術を張り巡らせて来ました。

その結果として、
もはやライバルと呼べるような競合はいなくなり、
今は私だけが独占して販売している状況です。

そんな状況で欲しがる方がたくさんいるので、
ちょっとくらい高い値段に設定していても、
多くのお客さんが僕から買ってくれます。

何が言いたいのかというと、
様々なアイテムをたくさん売る、いわゆる
「ロングテール」的な販売戦略ももちろんありなのですが、
そのなかでどこかこだわりを持って攻めていくと、
また新しく得るものがある、ということです。

今回のケースだと、買い付け先を開拓するに当たって、
新しく良い買い付け先を見つけることが出来ましたし、
ライバルに勝つための方法を考える中で、
新しい戦術を思いついたりしました。

また、こうしておけばもっと良かったな、
ということも分かったので、今後さらに効率よく
バイヤー活動をしていくことが出来ます。

ちょっと抽象的な内容になってしまいますが、
ぜひどこか集中して攻めるポイントを持ってみることを
オススメします。

ではではー。

P.S.
ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

サボってる間も何名かの方がメッセージくださって、
実はとっても喜んでおります(笑)

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

どこが一番安く買い付けられるのか(【第48回】2013年12月3日)

こんにちは、エスノです。

昨日今日と発行されていた、
BUYMAのサイバーマンデークーポン、
かつてないほどのものすごい反響でした。

13万以上の高額商品が対象とは言え、
25,000円OFFはさすがに魅力的だったようです。

おかげで今日は、
買い付けと連絡と発送作業でてんてこ舞いで、
かなり働いた感があります。

クーポン対象商品だけではないですが、
昨日今日で70万近くの売上、利益にして17万くらいです。

今月はどこまで実績を伸ばせるか今から楽しみです^^

さて、昨日もちょっと触れたのですが、
現在アメリカのサンクスギビングデーセールを皮切りに、
世界中のオンラインショップでセールが始まっています。

本当はアメリカの祝日に合わせたアメリカだけのセールのはずが、
なぜか年々、まったく無関係のヨーロッパのショップでも
この時期からセールがスタートしているのですから面白いです。

こうなってくると、同じ商品を、
どこの国なら一番安く買い付けが出来るかが
まったく分からなくなってきます。

基本的に、通常は、
アメリカのブランドはアメリカが、
ヨーロッパのブランドはヨーロッパが
一番安いことがほとんどです。

しかしセールとなってくると、
ショップごとに割引率も全然違うので、
国に関係なく、常にショップ単位で、
どこが一番安いのかをチェックしていく必要があります。

特にありがちな傾向としては、
ヨーロッパブランドのセールがヨーロッパのショップで始まったから、
これはそこが一番安いだろうと思っていたら、
実はアメリカのショップの割引率が大きくて、
アメリカで買うほうが安く買いつけられるというパターンです。

アメリカは消費大国だからなのか、
セールのときの割引率がかなり大きいんですよね。

ライバルバイヤーが妙に安い価格で出品していたら、
こんな感じで買い付け先を探っていくとよいと思います。

ちなみに、これはちょっと骨の折れる作業ですので、
特に売れそうなアイテムや人気のあるアイテムなど、
対象を絞ってチェックしていく必要があります。

出品している商品全部をしらみつぶしにやるのではなく、
効果的なところを狙って攻めていくのが重要ですね。

ではではー。

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

サボってる間も何名かの方がメッセージくださって、
実はとっても喜んでおります(笑)

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから