パーソナルショッパーポストをちょっとだけ見てもらいやすくする方法(第320回2014年12月2日)

こんにちは、エスノです。

今日は長崎からの帰りの飛行機で
このメルマガを書いています笑

さて、昨日のサイバーマンデーセールの
クーポンの効果はいかがでしたか?

私もその恩恵にあずかろうと、
久々にパーソナルショッパー(PS)ポストを
自分の「ファン」宛に配信してみました。

そのときに気付いたことがあるので、
今日はその話です。

改めてそもそもの話なのですが、
PSポストの記事を投稿すると、
「ファン登録」をしてくださっている方に
その記事の内容をメール配信することが出来ます。

そこで、記事を書く参考にしようと、
以前ファン登録しておいた他のPSさんから、
過去に配信されたPSポストを見返してみました。

そのときに今更気が付いたのですが、
PSポストの配信メールのタイトルの先頭に、

「【パーソナルショッパー●●より】」

と入っているんですよね。

※【】のあとは、PSポストのタイトルが入ります。

メールのタイトルって、
そのメールを開封してもらうためにとても重要です。

しかし、そのタイトルの先頭が、
上記のようにこちらで変更不可能かつ、
あまり意味のない文章になっているとなると、
ちょっと工夫しないことには、
お客さんの目には留まりにくいわけです。

特に今回のように、
多くのショッパーさんが配信するタイミングだと、
なにか目を引く要素がなければ埋もれてしまい、
スルーされてしまいがちです。

では、特になにを気にするかというと、

・「PSポストのタイトルの先頭の部分」
・「PSポストの本文の一番最初の部分」

これらの文言です。

お客さんの受信している状況・環境によって、
タイトルが全部見えることもあると思いますが
そうではないケースというのも当然あります。

例えば、yahooメールなんかはそうで、
タイトルが途中で切れてしまっています。

仮に、PSポストのタイトルが

1.

★サイバーマンデー★2万円OFFクーポンあり!

2.

★2万円OFFクーポンあり!★サイバーマンデーセール!

こういう2パターンだったときに、
yahooメールで受信する方はタイトルが切れて

1.

【パーソナルショッパー●●より】★サイバーマンデ…

2.

【パーソナルショッパー●●より】★2万円OFFクーポ…

という見え方になります。

どちらが目に留まりやすいかは、
あえて言うまでもないことだと思います。

また、実際にメールを受け取る方は、
PCではなく携帯・スマホの方もかなり多いでしょう。

そういうことを考えると、
本文の一番最初の部分というのも
とても重要になってくるわけですね。

情報を発信するときに、受け取る相手から
それはどんな見え方をしているのかというのは、
可能な限り意識した方がいいです。

他にも例えば、
注文前に在庫確認をお願いする文章を
商品ページや出品者からのお知らせ
に書いている方は多いと思います。

それも書く場所や書き方・見せ方によって、
お客さんの目に留まるかどうかは
まったく違ってくるわけです。

小さいことですが、工夫するのに
まったく手間がかかることではありませんので、
ぜひいろんな場面で意識してみてください。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

この資料には目を通しておいたほうが良いと思いますよ。(第273回2014年9月14日)

こんにちは、エスノです。

先日、BUYMAを運営している
エニグモの今期第2四半期の決算発表があり
そこで公表された資料には特別目立った数字はない
ということを書きました。

ただ、そのメルマガの記事を書いたあと、
決算発表資料が追加で公表されていました笑

http://www.enigmo.co.jp/wp-content/uploads/2014/09/IR_20140912_4.pdf

上半期の決算発表なのに
なんで出さないのかなと思っていたのですが、
ただ出すのが遅かっただけのようです…。

この中でひとつけっこうインパクトのあるデータが。

それはBUYMAのデバイス別取扱件数というデータで、
要するに、パソコン、スマホ、ガラケーの取引件数の内訳が、
私の記憶している限りでは初めて具体的に公表されました。

これについては、ぜひ上記資料の15ページ目をご覧ください。

ある意味では予想通りなのですが、
実際に目の当たりにすると、
もう時代は自分の実感している以上に
大きく動いているんだなと思いますね。

もちろん、以前取り上げたように、
デバイスごとに売れやすい価格帯やブランドは
かなり違うはずです。

簡単にいえば、パソコンは高いもの、ハイブランド、
モバイルは安いもの、カジュアル、ノンブランド、
そういう傾向があるということは、
それぞれから確認した人気ブランドランキングが
かなり違っていることからも推測できると思います。

ただ、ここまで取引数の絶対値に差があると、
そういうバランスももはやあまり関係ないのでは?
という気もしてきます。

とりあえず、スマホからの受注について
もうちょっと研究していく必要がありそうですね。

なお、他に目立った数値としては、
パーソナルショッパー(PS)ポストのPV数が
今期第1四半期と比較して4倍以上になっている
というデータもありました。

これは、BUYMA側が5月に打ち出した、
「PSの評価欄へのPSポストの関連付け」
という新しい施策の効果も大きいでしょう。

スマホの取引件数が伸び続ける中で、
PSポストの露出強化に見られる、
「パーソナルショッパーのメディア化」
が今後ますます進んでいけば、今までどおりのやり方では
もしかすると伸び悩んでしまうということも
有り得るかもしれません。

ただ、これも以前書いたことなのですが、
そもそもの基本能力として、

「人気商品を安く買い付ける」

というスキルが不足している状態では、
いくらポストを頑張っても、その効果は半減します。

今回のような新しい潮流にも目を向けつつ、
まずはパーソナルショッパーとして、
一番重要な力を伸ばすことに力を注ぐのを忘れないで下さいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

受注したけどセール価格じゃなくなっていた時の話。(第271回2014年9月12日)

こんにちは、エスノです。

先日お伝えした、
googleカスタム検索ですが、
ちょっと本格的に使い始めてみたものの、
まだ精度が微妙な感じがしますね。

商品の情報がかなり詳しく分かっていれば
ちゃんとヒットするのですが、例えば、
「ブランド名+カテゴリ」くらいで検索すると
いまいちな感じがします。

まあ今はかなり精度の高いgoogle画像検索も、
ちょっと前までいまいちだったことを考えれば、
カスタム検索も日進月歩で進化して、
あっという間に使い勝手が良くなる可能性もあるでしょう。

引き続き使いながら様子見ですかね。

今日はBUYMAを運営するエニグモの、
今期第2四半期の決算発表でした。

決算報告などざっと目を通しましたが、
対前年同期比で売上30%超と引き続き順調に成長しつつも、
リピート率や1取引あたりの売上の向上に
まだ目立った成果は出ていない感じでした。

これからの年末商戦に向けて、
上場企業のエニグモとしては、
なにか分かりやすい結果を出したいところでしょうね。

そのための施策のひとつとしては、
パーソナルショッパー(PS)ポストの露出強化
というのが挙げられると思います。

http://buyersinfo.buyma.com/?p=18539

まだ全然稼働していないですが、
これから徐々に露出強化していきながら、
以前から書いているように、
機能的にもいろいろと付加していくはずです。

残念ながら、現時点ではそこまで即効性はないですが、
今のうちに一回くらい記事を投稿しておくと
いざというときに「初めて」という抵抗がなくて
いいかもしれません。

さて、最近立て続けに
複数の方から質問されたことがあります。

出品時はセール価格だったものの、
いざ受注したときにはすでにセールが終わっていて、
そのままの価格では赤字取引になってしまう、
こういうときにどうすればいいか、という話です。

選択肢としては、

・赤字で取引を進める

・取引をキャンセルする

・値上げを提案する

というのがあると思います。

この場合、基本的には
3番目の「値上げを提案する」
というのが普通だと思います。

そのときの方法として、

・すでに確定した取引案件をキャンセルして、
 値上げ後の価格に変更した商品ページから再度決済してもらう

・差額分だけを新しく決済してもらう

というのがあると思いますが、
基本的には後者が望ましいです。

(お客さんに直接自分の銀行口座に振り込んでもらう
というのも考えられますが、規約違反でリスクが高いので、
ここでは触れません。)

なぜ、後者が望ましいかというと、

「キャンセルされた商品は、
人気順で上位に表示されにくくなる」

という法則があるからです。

上位に表示されにくくなるのが、
その商品の人気順が落ちるからなのか、
あるいは、上がりにくくなるからなのかは、
ちゃんと検証できていないのですが、
間違いなくこういう傾向があります。

もしその商品が、もう在庫がまったくなくて
そのあと売る可能性のない商品であれば、
まるっと新しい金額で決済してもらってもいいのですが、
そうでなければ、差額だけ追加で決済してもらって、
既存の商品ページの人気を維持したほうがいいわけです。

差額分の決済方法としては、
単純に差額分の商品ページを新規で作成して、
そのページのURLを案内すればOKです。

例えば追加で2,000円必要であれば、
商品タイトルに「差額決済」などと入力して、
商品金額に2,000円とだけ入力した、
無味乾燥な商品ページを作るということです。

このときブランドを選択してしまうと、
ブランドによっては出品後すぐに審査中になり
お客さんから見れなくなる可能性があります。

ハイブランドの偽物対策だと思うのですが、
そのブランドの商品としてあまりにも安い金額で出品すると、
自動的にそうなってしまうようなので気を付けてください。

なお、今回は値上げをする前提で話しましたが、
お客さんが細かいことを気にする方の場合など、
すぐにキャンセルをした方がいい可能性が高いときもあるので、
そのあたりは取引ごとに判断していく必要がありますね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから