ライバルのほうが価格が高いのにお客さんを取られました。(第283回2014年10月2日)

こんにちは、エスノです。

明日からフランスに行って来ます。

先日もちょっと書いたのですが、
パリのロンシャン競馬場で行われる、
凱旋門賞というレースを観戦しに行くためです。

今年で3年連続3回目なのですが、
今年こそは日本の馬に世界の厚い壁を
ぶち破っていただきたいところです。

さて、フランスといえば、
やはりブランド品のショッピングも外せません。

去年一昨年はそれほどでもなかったのですが、
今年はいろいろ買い付けようと鼻息が荒くなっています。

ただ、去年感じたのですが、やっぱり人気の商品って、
現地にぽっと行っても在庫が無かったりすることが多いです。

うまいこと在庫あればいいんですが、
こればっかりはタイミングの問題なので、
事前の商品リサーチだけちゃんとやって、
あとは運に任せるしかないですね。

現地滞在中も可能な限り
メルマガとブログは書くつもりなので、
いろいろ報告できたらいいかなと思っています。

ただ今週は、これのために
スカイプコンサルの実施スケジュールを詰めたり、
商品の発送手配なども一気にやったりと、
かなりバタバタしてしまいました…。

それだけなら全然良かったのですが、
こういうときに限ってなぜか月末の一昨日ではなく
月替りの昨日に受注が立て続けに入り、
その慌ただしさを加速してくれています。

昨日だけで3万円くらい利益が出て、
それは大変ありがたいことではあるのですが、
出来ることならもう少しゆったりしたペースで
お願いしたいところです…。

さて本題でございます。

先日、私がすでに何個か売っている人気商品が
他のパーソナルショッパーさんからも売れていました。

ちなみになぜ分かるかというと、
そのブランドの「ブランドページ」の
最近売れたアイテムの欄に登場していたからです。

余談ですが、私は自分の売れ筋とか
力を込めて出品した商品のアクセス数、
ほしいもの登録数、あるいはブランドページや
ライバルの状況は毎日と言っていい頻度で
執念深くチェックしているので、
こういうことも普通に気付くわけです。

話がそれましたが、詳しい状況としては、

・価格では私が最安値で、相手は私より約3%高い

・人気順では私が圧倒的に上位
(カテゴリで絞れば1位、ブランド全体でも1ページ目の上位)

・実績や配送期間はほぼ一緒

という感じです。

当然ですが、私は
自分の商品が最大限売れるように、
上記のような売れやすい状況を作ることに
ものすごく気を遣ってやっています。

というわけで、基本的には
私からどんどん売れていくわけですが、
今回はなぜか自分以外から売れた。

もちろん、
お客さんの中にはきまぐれな方もいるので
たまたま最初に見たのがその他の人の商品で、
他のショッパーさんとは比較せずに決めてしまうなど
イレギュラーなケースはゼロではありません。

ただ、すべてをそれで片付けるのは言語道断です。

「なぜ自分から買ってもらえなかったのか」
というのを考え尽くして初めて、
その結論に落ち着くことが許されます。

今回のケースでは、私と相手との決定的な違いは、
設定している「カテゴリ」にありました。

具体的に言えば、

私は「ハンドバッグ」と設定していて、
相手は「トートバッグ」と設定したいた

というようなことです。

お客さんの商品の探し方はいろいろありますが、
まず「ブランド×カテゴリ」で絞ってから探す
という方はけして少なくはないでしょう。

そのお客さんは、おそらくですが、
「トートバッグ」というカテゴリで絞って検索したため、
「ハンドバッグ」の私の商品を見落としてしまい、
私からは買ってくれなかったのだと思われます。

また実際に確認してみると、
「トートバッグ」カテゴリでは、
その方が一番安いということも分かりました。

これに関しては正直お手上げです。

なぜならBUYMAでは、
基本的に同じ商品を違うカテゴリで出品することは禁止なので、
私は「ハンドバッグ」カテゴリでずっと戦わざるとえないからです。

もちろん、その規約違反のリスクを負って
「トートバッグ」にも同じ商品を出品する
というのは考えられなくはありません。

しかし商品的にはどちらかと言うと
「ハンドバッグ」のほうが適正なカテゴリであること、
また実際にこれまで私から何個か売れていることから、
そのリスクを負うほどのことはないと判断しました。

ただ、ここから少し一般化して考えると、
価格で勝てないライバルがいたとしても、
今回のようにカテゴリを変えて出品することで、
多少高くても買ってもらえる可能性がある
という手法が見えてきます。

一番いいのは、
真っ向勝負で勝てる買い付け先を押さえることですが
こういう変化球もちょっと頭に入れておくといいですね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

大変だけどこれがやっぱり一番大事。(第264回2014年9月2日)

こんにちは、エスノです。

今日も今日とて
スカイプでコンサルしておりました。

その中で改めてひとつ思ったことが。

今日スカイプした方の出品されている商品のひとつが、
残念ながら一枚目の画像の加工に少し失敗していて、
ちょっと見栄えが悪くなってしまっていました。

しかし、その商品は出品から1週間足らずで
アクセスは数百件、ほしいもの登録10件以上、
というかすでに2つ売れているのです。

利益額も良いので、この調子でいけば
なかなかのヒット商品になりそうな感じです。

この結果を見て改めて感じたのは、
「1枚目の画像の見栄え」や「商品のコメントの質」などは
あくまで補助的な要素にすぎないということです。

多少画像の見栄えが悪くても、
商品コメントが淡白なものであっても、
BUYMAにおいては本質的な問題では無いのです。

※他のプラットフォームではこの限りではありません。
例えばヤフオクでは売るものによっては画像はかなり重要です。

結局、BUYMAにおいて最も重要なことは、
人気商品を他のパーソナルショッパーよりも
安く買い付けられるかどうかということ。

この部分を差し置いて、
画像や商品コメントにこだわっても、
その効果は半減どころかほぼゼロです。

ただ、この「最も重要なこと」は、
やってみると分かるのですが、
なかなか手強い相手です。

人気のある商品をスムーズに見つけられない…。

ライバルに価格で勝負できる買い付け先が見つからない…。

人気もそこそこで最安値で出品しているのに、
そのすべてがすぐに売れるわけではない…。

中にはポンポン成果が出る人もいるのですが、
そういう人のほうが少なくて、大体の人は
こういう悩みや苦しみを味わうことになります。

しかし、これは、
長期的に安定して成果を出すためには
絶対に避けては通れない道です。

なかなか上手くいかないと、
画像の加工が足りないんじゃないかとか、
コメントの書き方が悪いんじゃないかとか、
実績が足りないんじゃないかとか、
そういうところに気が向いてしまいがちですが、
改めて強調しておきます。

それは大きな問題ではありません。

人気商品を探して、その買い付け先を探して、
出品したあとも、定期的にアクセス数や
ライバルの状況をなどをチェックして、
その数をたくさんこなしていくのが一番地力が付き、
安定的に効率よく利益をあげられるようになります。

もちろん、画像の加工や商品コメントの工夫を
まったくいけないことだといっているわけではありません。

ライバルが多くて差別化したいときに
多少画像を加工するのはもちろん効果的ですし、
ちょっとニッチなブランドや商品の場合は、
なにかウリになるようなコメント入れたほうがいいのは
あえて言うまでもないことでしょう。

ただ、そればかりに原因を求めてしまい、
「最も重要なこと」を鍛えることを怠るのは
百害あって一利くらいしかありませんという話です。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

1年間在庫になっていた商品がようやく売れました笑 (第262回2014年8月31日)

こんにちは、エスノです。

つい先ほど、約1年もの間、
在庫になっていた財布が売れました笑

ストッククリアランスセールのクーポンを利用して
駆け込みで購入していただいたものと思われます。

普通こんなに長く売れないことはないのですが、
この商品は、売れ筋商品の買い付け時に、
送料を安くすることだけを目的に一緒に購入した、
その売れ筋商品の色違いだったのです。

要するに、BUYMAでの人気をよく確認せず、

「売れ筋の色違いだからそのうち売れるだろう」

という適当な判断で在庫を持ってしまったところ、
今日に至るまでわが家の片隅で
ひっそり過ごすことになってしまったわけです^^;

当たり前ですが、
在庫を持つときは気を付けないといけません…。

ただ、これは「在庫を持つ」ときの話で、
無在庫で出品する場合においては、
もちろんこの限りではありません。

上記の私の話では上手くいきませんでしたが
「人気商品の色違いを出品すること」は、
割と悪くない戦術のひとつです。

人気商品とデザインが同じなら注目もされやすいですし、
買い付け先が同じなら出品の手間もあまり増えません。

そういう観点から考えると、
ひとつ人気商品を見つけたら、
それと買い付け先が同じの色違いを出品するのは、
しない理由がないということになります。

なお、この件に関して、
色違いをまとめて出品すべきかどうか
については以下をご参照くださいませ。

■別々にするか、まとめてするか、それが問題だ。(第125回2014年2月23日)

http://steermylife.com/651.html

さらに、この記事の中で書いた、
別々に出品するときのデメリットは
以下の記事の内容である程度防ぐことが出来ます。

■人気順が上がり手間が減るちょっとした小ワザ。(第175回2014年4月20日)

http://steermylife.com/763.html

この内容を、サイズ違いではなく
色違いで応用してもらえればいいということです。

完全に話が逸れますが、メルマガを書き続けていると、
今回のように、過去の記事では上手く出来なかったことが、
未来の記事の内容でカバーできたりして
なんか感慨深かったりします笑

とりとめない感じの内容になりましたが、
色違いの出品について参考にしてみてください。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから