メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

人気順が上がり手間が減るちょっとした小ワザ。(第175回2014年4月20日)

こんにちは、エスノです。

昨日はコンサル受講生と、
私の地元で直接お会いして、いろいろ話してきました。

この方はすでにバイヤー歴も長く、
売上もそれなりには出ているのですが、
あとひと押し突き抜けられないということで、
コンサルを希望されました。

そういうわけでこの方には
かなり上級者向けの話をずっとしているのですが、
2週間くらい経過して、これまでとは全く違う視点が
かなり身に付いてきているのを感じます。

元々基本的なことは全く問題ないので、
効率よく大きな利益を出すために必要なことを、
ものすごく具体的に解説していっています。

それこそ、出品した商品、リサーチした商品ごとに、
なぜそれを選んだのかということを確認し、
それに対して全部フィードバックをしている状態です。

実績が目に見えて変わってくるのは、
来月くらいからだと思いますが、夏のセールのときには
間違いなく、ひとつ大きな壁を超えられるでしょう。

その話の中で、
他のバイヤーさんをチェックしていて、
ひとつ真似してもいいなと思ったことがあったので、
今日はそれをご紹介したいと思います。

それは、商品ページの「販売価格/配送方法」を
出品するときに、あらかじめ2つ入力しておく
という方法です。

ご存知のように、出品時に入力する項目に
「販売価格/配送方法」というものがありますが、
これはAとBの2種類入力することが可能です。

海外のバイヤーさんが日本に送るとき、
「普通便」と「速達便」の価格がかなり違うため、
それに対応するために設置されている項目です。

アメリカのUSPSで考えれば、
同じ重さでも、first class mailという
追跡なしの普通郵便のような配送プランと、
EMS、PMIのような追跡有りの配送プラントとでは、
数十ドルの差があるので、バイヤーとしては
2つを分けて設定しておきたいということですね。

例えば、Aのほうに、
追跡なしの安い配送プランの金額を入力し、
Bのほうに追跡ありの高い配送プランを入力することで、
お客さんは、1つ商品のページで、
自分の好きな配送プランを選ぶことができます。

さらに、この入力方法には、
「商品の人気順を上げる」という点についても、
大きなメリットがあります。

商品一覧で表示される価格は、
Aプランで入力した価格のため、
一見他のバイヤーに比べてかなり安く見えるのです

追跡ありを希望しているお客さんでも、
一覧で見たときに他より表示価格が安いので、
とりあえずクリックはされて、その結果、
アクセス数がどんどん増えていくわけです。

この仕組みを上手く利用している
日本在住のバイヤーさんがいました。

商品によっては、サイズによって、
買い付け先が異なってきたりして、
販売価格が違ってくるということがよくあります。

特に、サイズの大きいものは、
売れ残ってセールになったために安いが、
ニーズの多いサイズはセールにならずちょっと高いまま、
という商品は、これからのセールの時期に向けて、
どんどん出てくるでしょう。

こうなったときに、普通に出品していると、
価格の高いサイズと安いサイズとで、
出品ページを分ける必要があります。

その結果、大きいサイズ用の安い商品ページで、
「小さいサイズは在庫ないですか?」と質問され、
小さいサイズ用の価格の高い商品ページのURLを
毎回案内するというようなことをしなければなりません。

しかし、この配送プランA、Bという仕組みを
このサイズ違いを出品する際に利用すると、
いろいろメリットがあります。

まず、先ほどのような案内の手間が省けます。

そして、一覧での表示価格は、
サイズの大きい商品の安い価格になるため、
お客さんの目にも留めてもらいやすく、
結果、人気順も上がりやすくなるでしょう。

お客さんには、商品ページに、

サイズ36~38は配送プランA、
サイズ39~41は配送プランBを選択して、
ご注文してくださいませ。

という感じで目立つように書いておけばいいわけです。

問題は、お客さんが商品ページをよく読まず、
間違って注文してしまうことですが、
それはあとから訂正して注文し直してもらえばOKです。

あとは、現時点では、
こういう方法で出品することは、
BUYMAでは禁止されているわけではなさそうですが、
それはどこかのタイミングで注意されるかもしれませんので、
その点には十分注意しておく必要があります。

なお、商品ページの編集で、
あとから配送プランBを入力することは出来ません。

そのため、出品時点では、
サイズごとに価格の差がないことが多いと思いますが、
最初に登録するときに、AとBの両方に入力しておくのを
忘れないようにしましょう。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

■メルマガの登録はこちらから!

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

コメントを残す