あけおめ税務調査でした。(第480回)

※2016/1/17の記事です。

こんにちは、エスノです。

こんにちは、というか
あけましておめでとうございます!

年始からいろいろ立て込んでしまい
2016年最初のメルマガの配信が
すっかり遅くなってしまいました…。

何に立て込んでたかというと
大きく2つあって、ひとつは、
法人設立に伴うあれこれで、
もうひとつは税務調査の対応でした。

順番から言えば、昨年後半に
税務署から税務調査したいという
連絡が来たのが先ですね。

税務調査というと、
大きな脱税の疑いがある企業とかに
いきなり国税の職員が乗り込んできて、
有無をいわさず事業関係の資料を
洗いざらい持って帰る、みたいな
激しいやつをイメージしがちですが、
そういうのではないです。

それはいわゆる「査察」というやつで、
一般的な税務調査は、国税局ではなく
税務署からちゃんと事前に連絡が来ます。

確定申告をしている方はご存知のように、
税務署に提出する確定申告書には、
売上や経費の「根拠となる書類」は
一切提出する必要がありません。

つまり、極端なことを言えば、
適当な売上と適当な経費を書いて、
それで申告することも可能なわけです。

ただ、それだけでは
デタラメを書く人ばかりになるので、
ランダムで選ばれた事業者を対象に、
申告書の数字をチェックするのが
「税務調査」です。

もちろん、ランダムと言っても
完全に適当に選ばれているわけではなく、
売上が大きかったり、書類におかしい
記載があったり、ツッコミどころがありそうな
事業者がピックアップされているのは間違いありません。

ちなみに、この「税務調査」は、
何年か経営している「法人」であれば
基本的には誰でも経験するものだそうです。

そう、「法人」なら…。

普通、税務調査が個人事業主に
来る確率は1%以下と言われています。

そんな、くじ引きなら大当たりみたいな
引きの強さを今回発揮してしまったのが私です。

まあ要するに、私はちょっと、
売上で目立ってしまったんだと思います。

なにせ従業員一人の個人事業主なのに、
売上は何千万円とかなので、
税務署からすれば「何だこいつは?」
となったんでしょうね…。

また、これが東京の港区とか渋谷区なら
事業者の数も多いので埋もれてしまい、
目立たなかったかもしれませんが、
埼玉県さいたま市となってくると、
たぶんけっこう異色な存在なんだと思います^^;

そういうわけで、独立して以降の
過去4年分の確定申告の内容について、
その数値の根拠を示せと言われて、
クレジットの明細を取り寄せたり、
レシートの束をひっくり返してまとめたり、
いろいろやっていたわけです。

税務調査を終えて思ったのは、
やはり専門的なことは専門家に
任せたほうがいいということですね。

ある程度会計や税務の知識はあるので、
自分で大丈夫と思っていた内容であっても、
やはり素人考えで判断していた部分もあり、
大火傷には至らなかったものの、
突っ込まれてしまったこともありました。

何より過去数年分の支払いについて
改めて振り返って資料をまとめて、
あーだこーだ説明する準備をする作業は、
あまりにも非生産的でもの凄く時間の無駄です。

まあ、税務調査は
もちろん初めてのことだったので、
経験できたこと自体は良かったと思います。

税務調査官が厳しくチェックするところと
そうではないところはどこなのかというのを、
膝を突き合わせて話す中で
把握することが出来たので、
これはこれでひとつの財産ですね。

ただもうしばらくは結構です…。

ということで、自分で作業する限界を感じ、
ちゃんと税理士さんにお願いするついでに、
あわせて法人も作ってしまいました。

ただ法人のほうも、
作ったら作ったで、いろいろ
資料出してくれと税理士に言われるので、
税務調査の対応と時期が重なって、
あわあわしていたという感じです。

そんな感じでようやく落ち着いたかと思いきや、
月曜から(正確には日曜の深夜から)
イタリアに買い付けに行ってきます。

唐突ですが、12月には月利114万円
稼いでしまった元コンサル生青木さんが
「現地買い付けしたい」ということで、
その案内がてらいろいろ買ってこようと思います。

今回は、
派手に寝坊して予定の飛行機に乗れず、
現地での予定が完全に狂ってしまった
昨年9月のときよりは長く滞在できるので、
フィレンツェとミラノを回ってきます。

フィレンツェではPRADAのアウトレット、
ミラノには多くのハイブランドの直営店が
あるので楽しみです。

ちなみに話はちょっと飛びますが、
飛行機に遅れそうな時は、1分でもいいので、
出発時間の前に航空会社に連絡すれば、
「事前連絡」扱いになって、キャンセル料が
大幅に安くなることを、その寝坊事件で知りました。

今回の税務調査もそうですが、
一見トラブルにしか見えないことでも、
見方を変えれば、「希少な経験」とも
言えるわけで、そこから得られることは
必ずあります。

起きてしまったことは仕方ないので、
そのときに湧いてくる「悲しい」とか
「悔しい」とか「辛い」みたいな強い感情は、
とりあえず一旦横に置いておいて、
「今自分にできることは何かな?」と、
冷静に考えられると、いろいろ経験値が上がり、
臨機応変な対応ができるようになっていきますね。

BUYMAでも、商品の配送が遅れたり、
お客さんからクレームが入ったり、
いろいろトラブルが起きたりしますが、
上で書いたようなスタンスで臨むのが大事です。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

自分がどうにか出来ることに注力しましょう。(第454回2015年9月22日)

こんにちは、エスノです。

ちょっとバタバタしているうちに
気付けば前回の配信から、
約一週間が経過しておりました。

シルバーウィーク真っ只中ですが、
いかがお過ごしでしょうか。

というか、いつからシルバーウィーク
という名称って定着したんでしょうか。

と思って調べてみたら、
どうも祝日に関する法改正が反映された
2009年が最初のようです。

さらに言えば、同じような大型連休は
2026年まで発生しないそうです。

私は別に構わないんですが、
普通に会社勤めしている方にとっては
ちょっとした悲報かもしれませんね^^;

さて、そんな大型連休中は、やはり
ネット通販全般の売上は下がり気味になります。

ということでBUYMAもそのテコ入れとして、
23日まで有効のクーポンを発行しています。

そのおかげか、私も先日イタリアで購入した
約14万円のバッグが売れまして、
だいたい3万円くらいの利益が出ました。

これで予定の飛行機に乗れずに発生した
キャンセル料の一部が相殺されたので、
早いところもう一つの商品も売って、
あれはもうなかったことにしたいという思いでいっぱいです。

ちなみにこの商品は、他にも
出品しているライバルがいて、
私のほうが値段は高かったのですが、
それでも私から売れました。

もちろん価格以外で、
選んでもらえる要素はあって、

・「手元に在庫有り」で配送期間が短い。

・価格も高すぎない。(最安値から5%ほど高い)

要するに、「配送期間」で、
ライバルと勝負していた商品だったわけです。

ただ、ここで気を付けたいのは、

いくら「配送期間」で優位性があるからといって、
次にこの商品を購入してくれるお客さんが
果たして「配送期間」を重視する人かどうかは分からない

という至極当たり前のことです。

いわゆるBUYMAあるあるですが、

「自分は価格で安いのに、
少し高いライバルから売れてしまった…。

なんでなんだろう…。」

とか

「やっぱりいくら手元に在庫ありでも、
価格が安い方から売れてしまうから値下げしないと…」

とか、少し想定から外れた結果が出ると、
すぐに行き詰まりを感じたり、短絡的な解決策に
手を出したりしがちな人は多いです。

ただ、価格は“ある程度”安く設定して、
その上で何かしらの選んでもらえる要素が
きちんと盛り込まれているのであれば、
もうその時点で私たちにできることは
なにひとつありません。

あとはもう気にせずに、
どんどん他の商品をリサーチして
出品していくことに時間を使うべきです。

それこそ、人気順は上位で、
価格も安くて、配送期間も短くて、
取引の評価もいいのに、なぜか
ほかのショッパーから売れてしまうことも
現実的には起こり得ます。

ですが、「売れる可能性を高める要素」
をそれ以上盛り込むことが出来ないのであれば、
その結果は甘んじて受け入れるしかありません。

普通に考えれば、
それはただのイレギュラーで、
次に来るお客さんは自分から
買ってくれる可能性が高いわけですから、
そんなことを気にして疲弊していないで、
生産的な出品活動をしたほうがいいわけですね。

常に自分のコントロールできる部分と
そうでない部分を明確に区別して、
前者に注力することを徹底するのが
作業の生産性を高めることにつながります。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

お客さんもVIP扱いされたいわけです。(第439回2015年8月7日)

こんにちは、エスノです。

昨日から、「Buyer’s Drive」の
私の紹介特典企画への参加を
以下より受け付けています。

■「BUYMA PROGRESS STAGE」詳細

http://

※メルマガでのみ募集しました。

こちらは、

・すでに「Buyer’s Drive」会員だけれども、

・私以外の方からの紹介で「Buyer’s Drive」に参加した

という方向けのご案内です。

「Buyer’s Drive」会員ではない方は、
基本的には申し込んでも意味がないので、
ご注意いただければと思います。

こちらの募集期間は9日(日)24時までですので、
ご希望の方はお見逃しなく。

では本題です。

先ほどBUYMAを見たら、今週末まで有効な、
高額商品対象のクーポンが発行されてますね。

よく見かける10万円以上5,000円OFFという
割引クーポンが基本ですが、今回ちょっと違うのは、
「プレミアムメンバーズ」は7,000円引きということです。

「プレミアムメンバーズ」というのは、
過去半年以内に一定以上の購入経験がある
既存ユーザーのことですね。

http://www.buyma.com/contents/premium-members/

私の記憶が確かじゃない可能性もありますが、
おそらくこれは初の試みな気がします。

基本的にポイント還元制度というのは、
還元率をかなり上げても、
そんなに効果がないということが、
ZOZOタウンのスタートトゥディの発表で
言われています。

http://matome.naver.jp/odai/2137359521715343101

※5番目の項参照。

ただ今回のように、会員ランクに合わせた、
ちょっとした「VIP扱い」というのは、
お客さんの優越感を適度に刺激しながら、
限定性を打ち出すことができるので、
個人的には有効だと思います。

とりあえず我々としては、

・「出品者からのお知らせ」で告知する

・「問い合わせ」が来たら一緒にお知らせする

・パーソナルショッパーポストを書く

ということくらいしか出来ないわけですから、
対象商品の出品が多い方は、めんどくさかがらずに
ちゃんとやったほうがいいですね。

特に、「問い合わせ」の返信で、
一緒にお知らせしないのはもったいないので
テンプレを作って確実に伝えていきましょう。

毎回確実にやってる方には
「何を今さら」という話ですが、
そうじゃない方も多いと思うので、
ぜひやってみてくださいね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから