関税の支払い方法に関するちょっとしたこと。(第427回2015年7月4日)

こんにちは、エスノです。

またしてもずいぶん久々になってしまいました…。

先月末からいろいろ細々した用事が
立て続けに入ってしまいまして、
元々スケジューリングの苦手な人間としては
あっという間に生活リズムが崩壊してしまった次第です^^;

メルマガもちょうど一週間ぶりという体たらくです…。

ただこの間ももちろん個別コンサルは
ずっと実施していました。

ボーナス後、CM後、初の月末ということで、
一味違う受注が生まれた方も何人かいましたね。

中でも印象的だったのは、1商品で
約4万の利益となったMさんの受注でしょうか。

在庫確認の問い合わせが来たけど、
返信しても注文が来ないということで、
同じ商品を扱う他の出品者をチェックすると、
同じお客さんがいろんな方に問い合わせしているのが発覚。

しかも、一番古い人だと
1ヶ月以上前に問い合わせしています。

要するにこのお客さんはこの商品がほしいものの、
ものすごく長い期間悩みに悩んでいたというわけです。

現在の状況を確認すると、
Mさんの価格は出品者の中から3番目に安く、
やろうと思えば2番目の方よりは安く出せるものの、
一番安い方にはちょっと太刀打ち出来ない状況でした。

ただ改めて確認してみると、
そもそも予定していた買い付け先からは
すでに在庫が売り切れてしまっていて、
もはや万事休す。

ただ、その一番安かった出品者の
商品画像からGoogle画像検索をしたところ、
なんと新しくセールになっているショップを発見。

元々予定していたショップも
かなり大きな割引率だったのですが、
新しく発見したショップはさらに大きい割引で、
結果的には最安値にしても余裕で利益が取れる
ということが分かりました。

あとは、迷っているお客さんの
決断を促すだけです。

そこで、ちょうど先月末は28日までの
期間限定クーポンが発行されていたので、
出品価格を少し値下げして、さらに、
そのクーポンも案内して、28日までなら、
かなりお得ですよ!という連絡を入れました。

やはり最後まで迷っていたものの、
最終的にはこのコンボが上手く効いたようで、
無事受注につながり、大きな利益が生まれました。

実践している方には当たり前すぎて
特に強調すべきことでもないのですが、

・お問い合わせが来たときに、
 ライバルにも連絡していないか確認する

・その際他のライバルの状況をチェックして、
 自分以外から買う理由をなくす

というようなことは結構重要です。

問い合わせが来たけどなかなか売れないという方は、
こういう環境とライバルのチェックを
ぜひやってみてくださいね。

待ってるだけじゃもったいないです。

自分にできることがまだあるならば、
それはやり尽くしてから注文を待ちましょう。

さて前フリのほうが長くなりましたが、
本題は関税の支払い方法についてです。

関税の支払い方法には大きく2つあります。

1.注文時にショップにまとめて支払う

2.注文後に自分で支払う

1のパターンの代表例は、
farfetchとかmatchesとかmytheresaですね。

(他にもたくさんありますけど。)

で、2のパターンなんですが、
これも大きく分けて

A.商品受け取り時に配送員に支払う

B.受取り前にクレジットカード(あるいは銀行振込)で支払う

というのがあります。

Aはいまさら説明するまでもないので
今回は割愛しますね。

Bは現時点ではDHL、FedExでのみ
利用できる支払い方法です。

商品到着前にカスタマーセンターに連絡すれば
関税もクレジットカードで支払うことが可能です。

ただ、たまに

C.商品受け取り後に請求書が届いて支払う

というパターンをこれまでに何度か経験したことがあって、
これはなんなんだろうと思っていました。

これの正体がようやくわかったのですが、
これは

・「配送会社がFedEx」で

・「関税・消費税の合計額が1万円以下」

の場合に起こる現象だということです。

FedExは基本的に商品受取り時に
玄関先で支払うという方法が存在せず、

・関税消費税が1万円以上なら事前払い(カード・銀行振込)

・関税消費税が1万円以上なら追って請求書払い

という支払い方法になるということでした。

ちなみに後者の場合でも、
請求書が届いてから連絡すれば
クレジットカードで支払うことが可能です。

ちょっとした豆知識程度の話ですが、
覚えておいていただけるといいかと思います。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

だいたいのことは「やったほうがいい」けど(第417回2015年5月29日)

こんにちは、エスノです。

水曜から本日まで、
コンサルで九州に行っておりました。

水曜日は博多でAさんと、昨日は、
佐賀県は武雄市図書館というところで、
Kさんとお会いしてきました。

けっこうバタバタしたスケジュールだったので、
久々に疲れております…。

武雄市図書館についてご存じない方は、
ぜひちょっと調べてみてください。

こんな前衛的な公共施設もあるもんです。

■武雄市図書館

https://www.epochal.city.takeo.lg.jp/winj/opac/top.do

それでは本題です。

昨日ようやく今夏のTVCM放送について、
BUYMAから少し情報が解禁されましたね。

■【重要】TVCMによる大規模プロモーション決定!キャンペーン詳細と注意事項

http://buyersinfo.buyma.com/?p=25499

梨花さんが出演すること、
放映開始日は6月16日(火)であること、
WEB広告の出稿も強化することが
今回はっきりした主な情報です。

出演されるタレントさんは他にもいて、
全部で5パターンをBUYMAのセール期間中流すそうですから
これまでに経験したことがないくらいの
大きな効果が見込めそうだという事務局の見解にも
素直に頷きたくなってしまいます。

さて、上記のページで
事務局からもアナウンスされていますが、
当然今回のキャンペーンでは新規のお客さんが
大挙して押し寄せることが予想されます。

その際に、在庫管理をコマメにして
受注後のキャンセルを減らしたり、
お問い合わせに迅速に対応したり、
あるいは、BUYMAのシステムについて
分かりやすい案内をしてあげたり、
そういうのが重要になってくるのは間違いないです。

あるいは、商品コメントを丁寧に書いたり、
サイズ表記を細かく書いたりするのも、
お客さんから良い印象を持ってもらうために
効果のある施策だと言えます。

また、6月16日までに出来るだけ多く出品したり、
あるいはこの機会に在庫販売を強化するために、
人気商品のリサーチや買い付け先の開拓を、
これまで以上に頑張ろうとする方もいるでしょう。

こういうのはすべて

「やったほうがいいこと」

であるのは間違いありません。

間違いないのですが、
現実的に考えて、それをすべて期限までに
パーフェクトに仕上げるのは難しいわけです。

これは今回のような特殊な状況に限らず、
実はどんなときにでも言えることです。

私は「商品コメントは簡単でいい」
ということをこれまで何度か書いてきました。

これは別に

「商品コメントをないがしろにしていい」

という意味ではなく、

「商品コメントに割くべき時間と手間を、
 他の部分に当てたほうが利益を出す上で効果的だ」

と言っているだけです。

商品コメントを(本人が)上手(だと思えるよう)に
書こうとすると1時間掛かってしまうのならば、
コメントは簡単に5分程度で書いてしまって、
残った時間を他の商品のリサーチと出品に当てたほうが
間違いなく効率よく成果が出せると言っているわけです。

「商品コメント」だけではなく、
すべてのケースについてこのように考えないと、
自分の費やした時間と手間が、結局成果には
結びつかなかったりすることはけっこう多いので
ぜひ気を付けてほしいと思います。

じゃあ具体的にはどうすればいいか
というと、この優先順位の付け方は、
人それぞれの環境によって異なってくるので
一概には伝えられません。

考える入り口としては、
今回の環境の変化から起こり得る状況を想定して、
やったほうがいいことをとりあえず全部書き出してみる。

その上で、時間と手間と費用に対して、
期待できる効果を“評価”していきます。

(Buyer’s Gate参加者の方は、
 先日のセミナーの良いケーススタディですね。)

この過程を経て、自分が今すべきことリスト
を作り上げてみてくださいね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

初心者向きのブランド・カテゴリとその注意点。(第348回2015年1月14日)

こんにちは、エスノです。

今日は朝からスカイプで1件、
昼過ぎから上野で対面コンサルが1件ありました。

スカイプした長崎の方は、
私も知らないようなさまざまな買い付け先を見つけ出し、
それらを精査して作り出したショップリストを持っているのですが、
それを上手く活用できずにちょっともどかしい感じです。

とりあえず出品していかないといけないので、
まずはそこをもっと強く意識していただきたいと
最近は繰り返しお伝えしています。

上野でお会いした方は2ヶ月目ですが、
今月はこれまでより利幅の大きいものが売れていて、
すでに月利で10万円を超えています。

在庫を持った商品がちゃんと売れて、
それで利益も3万円以上出たりしているので、
今月の残りの期間も楽しみです。

全然関係ないのですが、
その上野駅で偶然高校の同級生と遭遇して、
コンサル後に2時間くらいお茶をしました。

彼はつい最近、一部上場の某ネット証券から、
外資系保険会社の営業マンに転職したのですが、
前職ではなぜか経理をやらされていたので、
性格的に向いている営業に転身できて楽しそうでした。

私の加入している保険のことや、
業界の裏話的なことも聞けて面白かったです。

ところで、昨日のメルマガで東大を連呼しましたが、
別に「そこを目指すべき」という話ではなく、
あくまで受験勉強における分かりやすい成果例として
名前を出しただけです。

実際に東大に進学した友人が何十名といる中で、
高校卒業から12年経ち、社会的に大成功
と言える位置にいる人と、そうでない人とに
当然分かれてきています。

なぜそういう風に分岐していくのかを
考えるためのサンプルが身近に豊富なのは
なかなか面白いですね。

それぞれに共通する傾向は、
けっこうはっきり分かります。

さて、BUYMAを始めてまず考えることは

「とりあえず実績作りをしよう」

ということだと思います。

確かにパーソナルショッパーを「信用」してもらうために、
「販売実績」があるというのは重要な要素のひとつです。

実際は、販売実績が0でも20万円以上の高額商品が売れた
という事例は枚挙に暇がないわけですが、
やはり少ないよりは多いほうが、特に0よりは、
いくつかあったほうが見栄えはいいわけです。

また他にも、「実際に売れるんだ」という実感を得ることと、
「売れた後の商品の手配」を経験するという意味でも、
まずは利益をそこまで求めずに、販売実績を積むことは
重要な意味があるでしょう。

このときにオススメなのが、
ASOSなどの低価格帯のファッションブランド、
あるいはスマホケースなどのモバイルアクセサリーです。

いずれも価格帯が安いため販売数が多いのが特徴で、
人気商品を狙って出せば割と簡単に受注することが出来ます。

実際に今月から個別コンサルを始めた方は、
出品の翌日には初受注をしてしまいました。

しかしながら、これらには売れやすい一方で
いくつかのデメリットもあります。

まずASOS系のブランドは、
買い付けできるショップが非常に限られています。

要するに、せっかく受注してもASOSで完売だと、
もう基本的にはキャンセルするしか選択肢がありません。

(たまに在庫は復活しますので、少し待ったほうがいいですが。)

一方でスマホケースは、
あちこちで買い付けができることが多いので、
想定していたショップで完売していても、
他で見つけて買い付けることが出来る可能性があります。

しかし、こちらはスマホケースのくせに
送料が高いことが多く、下手をすると、
本体価格より送料が高いなんてことになりかねません。

ショップの送料無料期間などに上手く買えればいいですが、
そうでなければ、ある程度はまとめて購入して送料を抑えて
在庫を持ちながら売ったほうがいいことも多いです。

逆にASOS系のブランドは、
送料が掛からないケースが多いので、
その点は気軽に1点ずつ購入できます。

また、そもそもですが、あまりの売れやすさに
こういう商品ばかり販売していると、
いわゆる薄利多売状態になってしまいます。

薄利多売の恐ろしいところは、
取引件数の増加にともない、
作業量が指数関数的に増加してしまうことです。

要するに、取引件数が10件のときと20件のときでは、
それを処理するために掛かる時間や手間は
ただ2倍になるだけではすまないということです。

取引ごとに手配の進捗はバラバラなので
いちいち確認する必要がありますし、
また件数が増えればトラブルの発生数も増えて、
どんどん時間がなくなっていきます。

結果、利幅の大きい商品を探すための時間を
確保することが難しくなり、そのループから
抜け出すことが難しくなるというわけです。

これの恐ろしいところは、
一回ハマると抜け出せなくなってしまうところなので、
以前も書いたことがあるのですが、どこかで思い切って、
意識的に薄利多売とは決別するのが大事です。

(もしくは、利益が出せるならば、人を雇って
代わりに作業してもらうという選択肢もありますが。)

どんなものにもメリット・デメリットがあるので、
常にそれを意識しながら、最良だと思われる選択を
し続けていく必要がありますね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから