メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

バイヤーを始めた頃の失敗談(【第19回】2013年6月23日)

こんばんは、もはやおはようございます。
エスノです。

二日連続でカラスの声が聞こえる中、
この記事を書いております。

さて、今日は僕がバイヤーを始めた頃にした、
失敗の話です。

細かいミスというのはいっぱいあるのですが、
なんだかんだ、最大の失敗は、

「何をいくらで出品するべきかをまったく考えず、ひたすら数だけ出したこと」

だと思います。

僕が初めに出品したブランドは
Tory Burchというアメリカのブランドでした。

ブランドランキングではそこそこ上位にランクインする、
バッグとかがメインのブランドです。

これを、何も考えずに、バッグと財布で
とりあえず50個くらい出品したわけです。

幸いパソコン作業は早いほうなので、
出品自体はたぶん2、3日も掛からずできたと思うのですが、
そのあと待てど暮らせど、問い合わせの1件も来やしませんでした。

その後、しばらくは同じような方向性で出品し続けるも、
まったく音沙汰なし。

これまでこのブログで触れてきた内容は、
一切考慮せずやっていたわけですから、
まあ当たり前と言えば当たり前ですね^^;

人気があるかどうかも分からないアイテムを、
「ブランドは人気がある」という理由だけで選び、
なおかつ他のバイヤーがいくらで出品しているかも、
まったく考えていなかったのですから、
お客さんの目に留まるわけもないのです。

価格については、他を見ていなかったというよりは、
見たけども他のバイヤーさんがあまりにも安く出品できていて、
その安さの理由が当時の自分にはまったく分からず、
とりあえず価格で勝てないことは気にしないことにした、
というのが正しいですw

「価格以外のところで勝負すれば売れる!」
なんて思い上がっていたんだと思うのですが、
それこそファッションにもトレンドにも詳しくないバイヤー初心者が
価格以外に価値を提供できる部分なんてほぼないので、
まあ売れないのが自然の摂理というものですよね。

100個近く出品してもなにも起きなかったあたりで
さすがにそのやり方には疑問を感じて、いろんなことを試行錯誤した結果、
shopstyleを見つけたり、タレントさんの愛用品を出品したりする方法に気付いたりして、
そこからは比較的上手く実績を伸ばせました。
(プロフィールに昔の実績が載ってるのでご参考まで。)

今では、ノウハウを教えた人の中には
7出品目で売れましたという報告をしてくれる人もいます。

あの頃に比べると、上手く出来るようになったなあと
我ながら感心しますねw

以前も書いたような気がしますが、
BUYMAは利益モデルが実にシンプルで、
やることもまったく難しくはないですが、
だからと言って「何も考えずに」できるほど、
甘いものではありません。

そのことを当時の僕は誰よりも分かってなかったんでしょうね。

同じように考えてしまう人もいると思うので、
そうじゃないよということを少しでも多くの人に
伝えられればいいですね。

ではではー。

エスノ

■メルマガの登録はこちらから!

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

コメントを残す