ちょっとしたことが利益につながることもある。(第419回2015年6月9日)

こんにちは、エスノです。

さっきまでガイアの夜明けで
経営危機に陥っているシャープの特集を観ていました。

私が社会人になったほんの7年前、
誰がシャープのこんな苦境を想像したでしょう。

特集の内容自体は
明るい未来をイメージさせるものでしたが
これから3,000名規模のリストラの実施
などを控えており、現時点では、けして
何かが良くなったわけではありません。

友人も何人か勤めているので
ぜひ頑張って欲しいのですが、正直
なかなか厳しい戦いだろうなと思っています。

こういう先行き不透明な時代だからこそ、
収入源は複数持っておくべきだと
改めて思うのでした。

さて、先日のメルマガで紹介した
大阪在住のコンサル生の方から
昨日30万円を超える受注をいただいたと
嬉しい報告が届きました。

しかしながら、直近の急激な円安で
設定していた価格では利益が取れるかどうかギリギリ
という状況になってしまっていたそうです。

そこでショップに、

「円安のせいで値段が上がり過ぎなので、
 キャンセルしようかどうか迷っている」

と伝えたところ、なんと
約6%分の値引きをしてくれたそうです。

今回のケースは、別件で発生した問題で、
注文確定前にショップとやりとりしていたために
上手いタイミングで交渉できたちょっと特殊な例ではあります。

ただ、このように、ちょっとしたことで
お得な待遇を受けられることは意外とあります。

私も先日とあるショップで
確実に売れる人気商品を2つ注文したあと、
そのショップから

「確認したらちょっとした傷があった。

 5%分返金してそのまま送るか、

 あるいはキャンセルにするかどうする?」

という連絡が来ました。

写真も添付されていたのですが、
そんなに気にならない程度の傷だったので、
5%返金してもらうのはもちろんのこと、
その商品を私が注文した後に、
送料無料のキャンペーンを始めていたので、

「5%OFFに加えて送料無料もやってくれたらそのまま買います」

と伝えたところ、それも承諾してもらうことが出来ました。

送料は30ユーロだったので、
それだけで4000円以上利益が増えたわけですから
遠慮せずに伝えてよかったです。

前者のケースも後者のケースも
ショップの「多少利益が減ってもとりあえず売りたい」
というメリットと、こちらの「出来るだけ安く
買い付けたい」というメリットがマッチしたので、
結局どちらにとっても有益な取引になったわけです。

似たような場面に出くわしたら、
ぜひ真似してみてくださいね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから