伸び悩んでいるときの2つの打開策(第68回2013年12月24日)

こんにちは、エスノです。

今日はクリスマスイヴですねー。

なんとなく街中が浮かれた雰囲気に見えるのは、
自分自身が浮かれているせいじゃないのかと
毎年思ってしまいます笑

クリスマスが終わると、
今年はどんな一年だったかと
自然と振り返っていたりします。

この時期になるといよいよ今年も終わりだな
という気持ちになりますね。

ということで、
一年で一番売れる12月もそろそろ終わりですが、
売れ行きの調子はどうでしょうか?

私個人はすでに何度か書いているように、
自己最高の売上を記録しています。

その分、発送作業の手間などが増えたので、
来月からはそのへんを効率的に行う仕組みを
整えていこうと考えているところです。

私や、そのほかの多くの
BUYMAバイヤーを見れば分かるように
コツコツと経験を積み上げ地道に活動し続けていれば、
BUYMAは間違いなく安定して利益を出せるビジネスです。

ただ、なかには

「ちゃんとやっているはずなのに、
 なかなか思うように成果が出ない」

というバイヤーさんがいるのも事実です。

今ではこのように偉そうなことを書いている私も、
最初の1ヶ月はそのうちの一人でした。

しかし、経験を積んだ今なら分かるのですが、
このようなバイヤーさんのやっていることは、
やはり「何か」が間違っているのです。

それをなんとかすれば間違いなく売れますし、
何とかしなければ売れるようにはなりません。

当たり前の話ですが、
それは紛れもない事実です。

勘違いしてしまう人も多いのですが、
売れているバイヤーさんは、なにか
裏技的必殺技を使っているわけではありません。

売れる人気商品を見つける目に優れ、
買い付け先に精通し、ライバルに勝つための
戦略をしっかり立てられ、そして、
そういった一連の流れを効率的に行える。

そういうことができるだけです。

結局、

「本当にちゃんとできるようになる」

これしかないのです。

ただ、実はちゃんと出来ていないことが
自分では分からない、それが問題です。

それを突破するには、2つ。

ひとつは、
自分でなんとか問題点を見つけ、
それを突破する方法。

このためには、以前書いたような
「仮説」→「検証」を繰り返していくのが
一番の近道です。

もうひとつは、
自分よりBUYMAに詳しい人に、
直接チェックしてもらい、
アドバイスをもらう方法です。

やはり人の知恵を借りるというのは、
どんなジャンルにおいても
とても有効で重要な方法です。

もし現在伸び悩んでいるのであれば、
ぜひこのいずれかの打開策を試してみてください。

もちろん、私に相談していただくのは
いつでもウェルカムですよ^^

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

モンクレールの上場に寄せて(第63回2013年12月19日)

こんにちは、エスノです。

たぶん多くの読者さんは、
BUYMAですぐ利益に直結するような情報が
一番欲しいと思っていると思います。

例えば、●●という商品が売れ筋です!とか、
▲▲というショップはレアなアイテムが買い付けできます!
というようなやつです。

ですが、発信する側とすると、
それが読者さんにとっては
最も価値がないと考えています。

もちろん、その瞬間は、
こういった情報を使えばいくらか稼げますが、
はっきり言えばいくらか稼げる「だけ」です。

もうちょっと言えば、
それによって前向きな気持ちになれたりして、
なにかしらの「きっかけ」にはなるでしょう。

ですが、やはりそれだけです。

そういう刹那的な利益はすごく魅力的ですが、
こればかり追っていると本質が鍛えられないので、
いつまでもそういう情報を追いかけ続けるだけになります。

それでいいという考えもあると思いますが、
出来ることなら私の読者さんには、
いろいろな情報に触れて、それを多様な見方をすることで、
日々常に進化して欲しいと思っています。

それが、最終的には利益を伸ばす、
最も効果的な方法だと思っています。

というわけで、長い前置きでしたが(笑)、
今日はこんな話です。

先日、博多からの帰りの飛行機の中で、
久々に日経新聞を読んでいたのですが、
16日にモンクレールがイタリアの株式市場に、
新規上場するという記事が載っていました。

BUYMAで人気上位のブランドは、
実はほとんどがヴィトンを代表するLVMHと、
グッチ、サンローランなどを抱えるケリングの
いずれかのグループに属しています。

有名どころで単独でやっていけているのは、
実はシャネルとプラダくらいのものなのですが、
モンクレールも、単独で好調な数少ない企業のうちの一つです。

この日経の記事は、モンクレールの
日本における売上が好調なため、
新規公開株の取引を一部日本でも行う、
というものでした。

あれだけBUYMAでモンクレールが売れていても、
普通に定価で買う人がまだまだたくさんいる
ということを示しているわけです。

つまりこれは、定価以下で販売しているBUYMAで
お客さんになってくれる可能性のある人が、
まだまだたくさんいるということを意味しているわけです。

四半期決算の資料を見るたびに、
「こんな好調がいつまで続くのか…」
と思ってしまうほど絶好調なBUYMAですが、
まだしばらくの間はこのまま伸び続けそうです。

もちろん、お客さんが増え続けているからと言って、
闇雲に出品するだけで勝負にならないのは、
以前からお話している通りです。

先日お話した「仮説」「検証」を通して、
どんどん経験値を積んでいけると、
このマーケット全体の成長というのは
とてつもなく強力な味方になってくれます。

ちなみに、モンクレール自体は、
あいにく偽物が数多く存在するブランドのため、
現在は一部のバイヤーを除いて取り扱えなくなっています。

また取り扱いができたとしても、
お客さんからの正規品の証明を要請されることなど、
何かしらひと手間掛かることも多く、
ちょっと面倒なブランドのひとつです。

先日書いた、私がアカウント停止になりかけたときも
実はモンクレールのダウンが原因でした^^;

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

なぜBUYMAで上手くいかないか(【第55回】2013年12月12日)

こんにちは、エスノです。

メルマガは昨日も今日も書いてますが、
こちらは昨日更新し忘れました…。

なんかちょっとバタバタすると、
やること忘れてしまってダメですね。

さて、今日もブログの方は閑話休題的な感じです。

ご存知のように、BUYMAは
とてもリスクが小さいです。

なぜなら、

・注文後に買い付けるので在庫を持つ必要がない。
・買い付けはクレジットカードでできるので初期費用も要らない
・集客にお金をかける必要もない

こういった特徴があるからです。

ですが、これだけリスクがないBUYMAでも、
上手くいく人となかなか思うような成果が出ない人がいます。

もちろん、ビジネスの構造ややるべきことが複雑すぎて、
なかなか手を出すことが出来ないのならば頷けるのですが、
その点においてもBUYMAというのは、

・買い付けはパソコンでできる。
・英語などに堪能である必要もない。
・ブランドやファッションに詳しい必要もない。

という状況なので、けして難しいジャンルのビジネスではありません。

一見、これだけメリットしかないように見えるBUYMAで、
なぜ上手くいかない人が出てきてしまうのか。

これまでそれなりの数のBUYMA実践者とお会いしてきた結果、
メリットだらけのBUYMA“だからこそ”のデメリットがあると
私は考えるようになりました。

具体的には、以下のようなことが原因ではないかと思っています。

それは、

・身近にバイヤーをやっている人がおらず相談ができない

・リスクがなさすぎて、本気を出せない

この2つが大きな原因だと考えています。

「身近にバイヤーをやっている人がおらず相談ができない」は
もうそのままです。

やはり、バイヤーをやっていると、
初めてのこと、分からないことなど
たくさん出てきます。

これが勉強であればクラスメイトや先生に、
仕事であれば同僚や先輩に、家事や育児であれば、
ママ友達や両親に相談もできますが、
バイヤーのやり方はなかなか身近に相談できる人がいません。

そのため、ちょっとしたことで躓いて、
そのまま辞めてしまう人が出てきてしまうわけです。

もうひとつの「リスクがなさすぎて、本気を出せない」
は、BUYMAだからこそのデメリットですね。

しつこいようですが、BUYMAは在庫も抱える必要がなく、
お客さんを集めるのにお金をかける必要もありません。

もちろん、初期投資として、
どこかからお金を借りたりする必要もないわけです。

そのため、いつでも誰でも始められるのですが、
逆に、「いつ止めても」痛くもかゆくもありません。

そのせいで、“なんとなく”始めて、
“なんとなく”取り組んで、結果として
なにも結果が出ない、というケースがよくあります。

普通にお店を始めようとすれば、
どうしたって初期投資が必要になりますし、
自分の生活費も稼がなくてはいけないので、
それこそ人生を懸けて必死に取り組みます。

しかし、BUYMAではそういった「覚悟」を持つことが、
その優秀すぎる仕組みのために難しいのです。

これが「リスクがなさすぎて、本気を出せない」の真意です。

もちろん、BUYMAにおいては
「人生を懸けるほどの覚悟」なんて重たいものは
まったく必要はありません。

ですが、お客さんにモノを買ってもらう、
というビジネスをする以上は、
自分なりに頭を使って試行錯誤をすることが
必要不可欠だと私は思います。

金銭的にリスクがないからと言って、
何も考えないで成果が出せるほど、
さすがに甘くはありません。

もし相談できる人が身近にいなくて困っている
ということがあれば、ぜひメッセージなりコメントなりで
私に相談して欲しいと思います。

私もブログをやっている以上、
見てくださる方にとって有益な情報を出したい
と常に思っていますので、
そういう生の悩みの声は実は大歓迎です。

けっこう遠慮して躊躇する方も多いのですが、
そんな遠慮は無用ですので、よかったらどうぞ!

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから